« 歌謡曲は意識下に渦巻くルサンチマンなのか? | Main | 「紅白」の採点から民主主義を考える。 »

December 29, 2016

追及の矛先にぶる「そもそも総研」。

▼きょうからブログはお休みするつもりだった。午後4時にアクセス数をチェックすると、45人もの方がご覧になって下さっていた。昨晩は自分で1年間撮りためた写真で毎年作成しているカレンダーがようやく完成した。12月1日に発注して、クリスマスが終わってから届いたのでは、気が抜けたサイダーかビールみたいだが、必要な方々には元旦には届く様におおくりした。印刷コストが安ければメルマガ読者全員にお送りできるのだが、1組数千円もかかるので、そんな事をしたらわたしが破産してしまう。
▼スマホ難民のことだ。ある地方県議会の議員だった人物は3年ほど前にスマホを買ったが、使いこなせないとすぐ手放した。某紙某編集者はXモバイルという安い機種を半年前に購入した。しかしこちらが、一生懸命に電話を掛けても10回に1度くらいしか繋がらなかった.挙げ句の果ては、スマホが名簿の一番にある人に勝手に電話をかけるので、一位にあった人から苦情が来たので、ついにその契約を止めたと、言っていた。ケース3は「簡単スマホ」を買ったがメールの送受信ができなくなり、今は電話機能しか使っていない。解約したくても2年縛りだから解約できないという。だったらガラケーで良かったのに、と思う。2年契約にすると通常月額7千円のところを5千5百円にしてもらったというが、どうみても騙されたとしか思えない。
▼わたしより5歳くらい年上の友人は先日「ゆく先は短いから、スマホでも買って楽しもうかと思っている」と言っていたがこれも止めた方が良い。
▼今朝モーニングバードの「そもそも総研」を見ていたら、「TPP予算だけ先に執行されているようだが、用途がおかしいというテーマ」だった。タマちゃんはどうも消費税やTPPになると矛先が鈍る。親会社の朝日新聞がいずれも賛成しているから、仕方ないのかも知れない。先にガット・ウルグアイラウンドの時も、同じような問題が起こり、道の駅の整備やら農村の真ん中に農業用滑走路が造られたりしたが、何も役に立っていないケースが多い。
▼それが今回のTPP予算の使い道でも千葉栄町の地域興しのゆるキャラやら甲賀忍者のアトラクションやら、本来と農業振興とか、関税の差額の補助金に使うなどは一切なかった。官僚も二人登場させたが、玉川氏が直接聞く訳ではなく、彼らの言い分だけを発言させるだけで終わってしまった。日替わりで登場するコメンテーターも、はっきり言って青木理氏しか、まともな人はいなくなってしまった。この番組は司会者の所属する芸能プロダクションが、番組編成にも大きな力を持っていると言われている。一種の芸能ショーと見ていれば腹も立たないかも知れない。

|

« 歌謡曲は意識下に渦巻くルサンチマンなのか? | Main | 「紅白」の採点から民主主義を考える。 »