« とんかつ博士の話。 | Main | 歌謡曲は意識下に渦巻くルサンチマンなのか? »

December 27, 2016

倒産した近くの中型スーパー。

▼家の近くにあった中型スーパーが倒産した。時々店の前を通るのだが、店が閉まっているので、暮れが近いのによく休んでいられるな、と思っていた。昨日もドアが閉まっていたので、帰宅してネットで調べると「11月13日に倒産した」と出ていた。この店は賞味期限の過ぎた商品で健康に異常を起こさないものを売っていたので、それが「エコ」として有名になりマスメディアが頻繁に取材に来ていた。
▼2年ほど前に一度、テレビ朝日モーニングバードのスタッフに「TPPで安いブロッコリーが手に入れば良いので」と聞かれて「農薬漬けのブロッコリーなど買ってはいけない」と30分ほど訴え続けたので、TV画面に出ることはなかった。この店の商品、とくに生鮮野菜は質が悪かった。3ヶ月ほど前に親しい店員さんが「パンを大量に仕入れて残ってしまいそうだ」というので、つきあいで買ったことがある。バイヤーでもないレジ係りの一店員さんに仕入れを任せること自体に疑問を感じたのはその時だった。さらに1年ほど前に店を改装したが、返って買い物がしにくい店になってしまった。要するに雑多な菓子類は多かったが、必要なものがどこにあるのか分からない店になった。改装で二階まで行くエレベーターは出来たが、利用者の要求には応えていなかった。
▼日曜日のニュースを見ていたらダライラマが来日して、コンビニに入る場面が写された。ラマ師が選んだのは小型のペットボトルに入ったミルクティーだった。記者が「like it?」と聞くとラマ師は微笑んで「excellent」と答えていた。消費者の要求に合わない物をいくら揃えて、客はこない。

|

« とんかつ博士の話。 | Main | 歌謡曲は意識下に渦巻くルサンチマンなのか? »