« 「紅白」の採点から民主主義を考える。 | Main | オバマの折り鶴は誰が折ったのだろう? »

January 05, 2017

隠蔽体質に「すべて廃棄」体質で日本は回る?

▼今朝の東京新聞に20日から始まる通常国会で「共謀罪」上程されると報道している。ツイキャス中継があまりなかった年末年始、愛好家のみなさん(ツイキャス応援団)はどのような日常を過ごしていらっしゃったのだろうか?今回の共謀罪の名称は「組織犯罪処罰法改正案」という,名称になっている。「盗聴法」は年末にその範囲が拡げられている。この共謀罪もつまるところ「ナチスの手口」でを実行しつつあるという事だ。
▼安保法制にも刑訴法改正にもTPP&FTA反対、原発再稼働でも机の前から一歩も動かなかったみなさん、ツケが回って来た。ツイッターで言えば「リツイート」.「いいね」ボタンを押してもすべて「共謀罪」で引っかけられる。ツイキャスみて「いいぞ」、「そうだそうだ」とコメントしても同様だ。政府もバ○ではないので、昨年の悪法を出しても国民がどれだけ動くかチェックしていた.年末に読んだ「これが新時代の情報戦だ!」で著者の小口日出彦氏は民主党政権から自民党に政権を奪還するとき自民党に呼ばれる。そしてすべての地上波のテレビ番組を文字起こしする。ドラマならシチュエーション、小道具の配置までデータ化する。ネットの情報はツイッターから2chまで流れてくる言葉を分量で数値化する。詳細は省く画像なら露出が多いほど有利。言葉なら発した量に比例して影響力があるという結論を出す。
▼机の前に座っていた皆さん。今年はご自身が動かないと大変なことになります。あなたに出来る事は何か考えて行動しましょう。
▼昨日の東京新聞ではもんじゅを廃炉にする経過の文書が廃棄されていたと報じています。昨年末は南スーダンで半年くらい前に起きた事件の経緯を記した文書が3ヶ月前に廃棄されていました。特定秘密法があって、次々露呈される「廃棄」事件。南スーダンの自衛隊員は全員ヘルメットに個人装備として民生品の小型カメラを取り付けて、「戦闘行為の適法性」をチェックすると言っていました。しかし未だにカメラは取り付けらていません。さらに日本には「軍法」がないので「発砲して殺害事件」が起きてもそれを処罰する事すら出来ません。これが官僚らがやっている現実です。
▼昨日は午前中の得意先挨拶だけで一万歩。午後から原稿を2本書き上げ、それ以外の行動に参加する時間はありませんでした。どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

|

« 「紅白」の採点から民主主義を考える。 | Main | オバマの折り鶴は誰が折ったのだろう? »