« トランプに対抗するKTT運動とは? | Main | 第61回原子力規制委員会を傍聴する。 »

February 14, 2017

NHK世論調査では「共謀罪」支持が過半数。

▼月曜日の通院で包帯は取れた。というか金曜日に、「2日間病院は休みだから」と包帯でぐるぐる巻きにされたが、土曜日に歩いていたら外れてしまい、その後はバンドエイドにしていた。風呂に入るときがまた大変で、スパーで貰った袋で包んでガムテープで留めていた。院長は「傷口はふさがったので、以後通院の必要はない」。との事だった。歩くと多少は痛むが、日常生活に不自由はない。
▼某日某駅ビル内にある、家電量販店に出かけた。わたしはLANコネクターを探していた。家族は一瞬わたしの姿を見失ってうろうろしていたら、店員さんが「何かお探しですか?」と近寄って来た。「主人を捜している」と言ったら、「それはお手伝いできそうない」と答えたという。中々ユーモアのある店員さんだった。
▼トランプと会談が始まってからNHKの報道スタンスはますますおかしくなってきた。1)北ミサイルの発射。日米会談に合わせて発射、という。いつもこのタイミングだ。安倍は北にコネクションをもっており、わざわざ頼んで発射してもらったとしか思えない。しかも地図を見ると、NHKは「日本海」というが、どうみても北の領海だ。さらに「中国んにも働きかけて、国連常任理事国で制裁決議を出して貰う」とも。おいおい、普段中国を敵視していて、相手が言う事聴くはずないじゃないか?こういうのを、手前勝手なご都合主義という。
▼今朝のNHK「共謀罪が今国会で通過させたい」という自民党の意向に、世論調査が発表された。賛成が多く、反対が圧倒的に少ない。ネットを見て、リツイートだけして動かない結果がこれだ。もしも共謀罪が通ったら「貴方現場で動く人。わたし在宅ネットで安全地帯」はもはや通用しなくなる。捕まりたくなかったら、いますぐインターネットを切断して、メールも携帯も閲覧も止めるしかない。そして信頼できる仲間2人としか飲まない、相づちなど決して同意したふりをしない。頷いたり目配せも「同意した」と認定されるからサングラスをかける。
▼日曜日夜NHKの子どもの貧困問題をご覧になっただろうか?先に書いたように土曜日の学習界も子どもの貧困が絡んでいた。さらに友人が木曜日に下さった本も「貧困の中の子ども/希望って何ですか」(下野新聞社)だった。簡単に言えば親の貧困は社会の仕組みの中で出てくる。とくにシングルマザーとか両親の片方が病気で働けなかっした場合は深刻だ。片親で10万円以下の収入の場合、子どもに小遣いを与えるどころか。食事も満足jに食べさせられなくなる。衣服もお下がりのお下がり。子どもの進学もままならない。
▼結果として子どもも中学など小さくても働かざるを得なくなる。学費を稼ぐどころか、稼いだ分を家系に繰り入れることになる。バイトで疲れて宿題どころではなくなる、と言う悪循環である。今晩深夜にNHK1chでは再放送されるので、見ていない方はぜひご覧いただきたい。

|

« トランプに対抗するKTT運動とは? | Main | 第61回原子力規制委員会を傍聴する。 »