« ◇「甘き人生」を見る。 | Main | 防衛省と元大臣の「記録がない」という嘘の根拠。 »

July 28, 2017

安彦良和の「原点」を読む。

▼会議や取材などがあって、いろいろ多忙なんである。昨晩は1月から欠かさず参加し、YouTubeでアップしてきたMXTVの抗議があった。休む分けにはいない会議があったので、事情をお話しして欠席した。念のためビデオカメラだけは持参したが、やはり終わる時間にしか到着できないので、参加は止めた。会議にでたら明日の取材を頼まれたアジアで先の戦争で海に沈んだままになっている飛行機や軍艦を撮影している人だ。午後から行けば、夕方の安倍退陣を求める国会前の集会には間に合うだろう。昨日あった人に「随分陽に焼けている」と言われた。先週土曜日はかなり焼けた。日曜日は池袋の立教大学に行くつもり。これもMXつながりである。
▼最近ある編集者のブログを読んだ。毎日50位は読んでいる。その編集者は中国の出版社から、御社のマルクス主義に関する本を飜訳出版したい」という申し入れがあったので、見本を一冊送った。しかしいつまでたっても「届かない」と言う。聞くと「よくある話だ」という。中国の編集者は「相手の担当者が言うには、マルクスに関係する本だから当局が警戒して、没収されたかもしれない」という。それを国内の新聞社の幹部に話したら、「「中国共産党が一番警戒しているのはプロレタリア革命が起きることかもしれない」と大笑いになったという。昨日の新聞にも「スパイ容疑で逮捕された日本人」の話が出ていたが、ほんとはスパイ問題ではなく、こんな事が原因だったかも知れないと思った。
▼この間幾つかの本を読んだ。一つは小林多喜二の「東倶知安行」。よく読むと倶知安は昨年9月に、泊原発の抗議に行った時、2日目に泊まった場所だ。今でも小樽から列車で2時間半。小説は大雪のなか道に迷いながら4里の道を馬橇で行く話だ。詳細はメルマガでご紹介する。短編だが伏せ字もあって凄い。
▼もう一つは安彦良和の「原点」である。図書館に頼んで2ヶ月くらいで来た。わたしの前に借りた人は貸し出し期間の2週間を大幅にオーバーしてひと月も借りていた。図書館にクレームをつけようとしたら先日届いた。わたしは5時間くらいで読み終えた。安彦氏はガンダムの原作者だ。唯物論やマルクス主義だけが絶対正しいと思っている人は読んだ方が良い。道はまっっすぐじゃないんだよ。

|

« ◇「甘き人生」を見る。 | Main | 防衛省と元大臣の「記録がない」という嘘の根拠。 »