« 木曜夜は半蔵門のMXTVの抗議に行く。 | Main | この5日間の出来事。 »

July 19, 2017

東京に雹が降った日。

Hyoyu718
(18日、我が家のベランダに降って来た雹)
▼昨日早朝ブログを30行くらい書いた。しかし操作ミスで全部消えてしまった。その後、早出だったので書き直す気力もなく、そのままになってしまった。世の中色々な事が起きている。昨日だけでも1)六カ所村の予算が7000億円にも増加したが、都議選後になって発表された。2)稲田防衛相が「日報はない」と幹部の指示で嘘の国会答弁をしていた件。大体南スーダンに自衛隊が派遣する時、「発砲が起きた時、それが正当かどうか、民生の小型カメラを自衛隊員のヘルメットの装着して分析する」と言っていたが、これもやらなかった。先週からディスカバリーチャンネルで、アフガンに派遣された米兵のヘルメットカメラの動画を使って、ドキュメンタリーが公開されているが、戦場の厳しさが手に取るように分かる。最初から自衛隊はカメラなど装着する予定はなく、口から出任せを言っていたのだ。NHKの南スーダンに派遣された自衛隊たちからの聞き取りドキュメンタリーは、とても優れた作品だった。近くで戦闘が起きたとき、隊員たちは遺書を書いていたのだ。
▼休みの日は脳みそを絞るアウトプット(執筆)はしたくない。かなり疲れるので、インプット(読書・映画、録画したビデオ鑑賞等)だけにしている。日曜日は有楽町のスバル座でイタリア映画「甘き人生」を見る。紹介記事はいずれ書く。今年後半期のトップ作品だと言って間違いない。その後地下鉄で押上経由で図書館に向かう。地下鉄を降りたら30分ほど歩く。体調を管理するには、わたしの場合、1日1万歩歩くのが一番良い。図書館では先々週の勉強会で話題になった本を引き取るためだ。「赤松小三郎ともう一つの明治維新/テロに葬られた立憲主義の夢」関良基著だ。発行後1年にして3版まで印刷しているが、入手困難という噂の本である。赤松も著者の関氏もほぼ同郷なので興味深く読んだ。
▼連休中に読んだ新聞にさいたま市にお住まいの75歳の女性が小林多喜二の「東倶知安行」が好きで新幹線と電車を乗り継いで小樽まで行って来た」という投書記事を読んだ。連休中のAXNミステリー(560ch)という番組がケーブルテレビで「日本の未解決事件」という特集があった。初日の1本が松本清張原作による「帝銀事件」だった。わたしはこの事件は容疑者が銀行職員に毒物を飲ませる場面しか知らない。ドラマは中谷昇演じる平沢が小樽の実家に両親の介護で戻っており、警視庁の刑事(田中邦衛)が再三平沢の足取りを追って小樽に行く場面が出てくる。そのセリフに「東京まで15時間か」というセリフがある。昭和22年頃の東京→小樽の所用時間はネットによると、青函連絡船も含めて20時間とある。今の人は新幹線を使っても電車で小樽までは5時間くらいだろうか?当時は、今の外国旅行をするくらいの時間がかかったのだ、ということが分かった。刑事も体力勝負であった。
▼昨日は早出で千葉県東部まで取材だった。バスと電車を乗り継いで、目的地まで1時間。周囲の人にお聞きしても場所が特定できない。2時間半で2万歩、歩き回った。水は大量に持参したが、それも1時間で空っぽになった。帰宅途中で雨が降り出し。しばらくすると雹が降って来た。ツイッターに写真をアップしたら20人余がリツイートして下さった。

|

« 木曜夜は半蔵門のMXTVの抗議に行く。 | Main | この5日間の出来事。 »