« ◇「チャイナタウン」をNHKBSで見る。 | Main | ミサイルでJアラートを奮発して鳴らせた国の狙い。 »

August 28, 2017

もう一つの「虐殺事件」

Img_0401
Img_0408
(亀戸事件の追悼碑「浄心寺)と亀戸警察の場所を示す香取神社境内の碑)いずれも8月28日撮影。
▼関東大震災直後、民心が動揺した時を狙い様々なデマが軍部や警察などから意識的に流される。山本権兵衛内閣は翌3日、東京府と神奈川県に戒厳令をしき、軍隊を動員した。それらは当時の警視総監だった、正力松太郎の手記などを読むと多少は分かる。当局は「震災ヲ利用シ、朝鮮人ハ各地ニ放火シ、不逞ノ目的ヲ遂行セントシ…」(内務省警保局長から各地方長官あての電報)として一部の人々のてによって井戸に毒が投げ込まれた、暴動が扇動されている等である。要するに政府の無能さを隠蔽するために、国民の怒りをそらすためのデマである。筆者が住んでいる近くの墨田区横網町公園の一角にある震災記念堂の敷地の中にも、朝鮮人犠牲者を悼む記念碑が建てられている。またもう一つは亀戸事件の事だ。これは震災直後、亀戸警察によって社会主義者の川合義虎、平沢計七らの社会主義者や労働組合活動家が拘束されていた。今亀戸警察の記念碑は、香取神社境内に移築されている。しかし昔の地図と当てはめて見ると、旧いなきや(現在リニュアール工事中)の当たりに警察はあった。
▼その人たちは震災から2日後の1923年9月3日習志野騎兵第13連隊の兵士によって刺殺され、死体はばらばらにされた。その写真はネットを検索すると出てくる。虐殺中は音が漏れないように、ワザと訓練を装って空砲が発射されていた。これは226事件の容疑者の処刑と同じ手法である。
▼この付近では木根川橋や四ツ木橋でも、多くの人が殺害されている。木根川橋のたもとにある「ほうせんかの家」では殺害された、韓国・朝鮮人犠牲者の追悼式が9月2日午後1時から記念式典が開かれる。ライブもあるので参加費2000円、撮影は一切禁止。

|

« ◇「チャイナタウン」をNHKBSで見る。 | Main | ミサイルでJアラートを奮発して鳴らせた国の狙い。 »