« ◇「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」を見る。 | Main | 7日映画「黒い雨」を見る。 »

August 08, 2017

歯の治療で莫大な金額を提示された人。

▼日曜日夕方見知らぬ番号から携帯に着信があった。すぐ応答するも切れてしまったのでコールバックする。話していくと10年ほど前にPCの不調で何度かお伺いした方からだった。「メールが受信出来なくなってしまった」とおっしゃる。前と同じ症状である。サーバーの管理者の問題である。PC修理店に持ち込んで、フォーマットしても直らないでしょう。とお答えして電話は終わる。月曜日朝イチでまた電話がある。もうフリーメールにした方が良いです、とお話しして水曜日訪問することにした。
▼夕方歯科医で、抜糸をする。「よく傷がふさがっている」として作業は10分足らずで終わった。わたしが歯医者に行かなくなったのは小学校低学年のとき、親知らずが痛んでいると、祖父が隣り村の自傷「歯医者」に連れて行ってくれた。麻酔もせずいきなりクギ抜きで歯を抜かれた、痛いのなんのって…。それから歯医者を信用できなくなった。そのことを今の歯科医に話すと「それは酷い、まるで拷問ですね」と言う。そう、まるで映画「マラソンマン」の世界である。歯科技工士さんが歯石の除去を30分くらい丁寧にやってくれた。最後にメディカル用のデンタルフロス大小を下さった。いよいよ来週からブリッジなどをする。
▼外に出ると携帯に着歴がいくつかあった。そのうち一本が友人からだった。歯科医の状況話すと、自分も前歯を入れ歯にすることになったという。白い歯だと全部で60万円だという。私の家族は治療に300万円掛かると言われて医者を替えた。お金はないから金でも銀でも良いと答えたという。わたしはその方が不動産を持っているのを知っているので、「財産処分して白にしたら」というと、処分はできない。もう獅子舞のようで人前には出ることができないという。わたしは最初に歯科医に行った時「治療は保険適用範囲でお願いします」と言ってある。入れ歯にしても奥歯だから、金銀にしたところで外からは一切見えない。
▼小野寺防衛相は4日、北朝鮮を念頭に「自衛隊の『敵基地攻撃能力』保有を検討」と発言した。これは技術上まったく出来ない話をぶち上げているに過ぎない。米軍の偵察衛星は一日に1分しか北上空を通過しない。いま米軍が保有する画像偵察衛星は5基、レーダー偵察衛星(夜間用)2基だけだ。日本のそれは合計2+2基.日米合計11基だから1日合計で約10分しか偵察できない。
▼自民党の安全保障調査会は早期警戒衛星を保有する事を求めている。しかしこの衛星は赤道上空3万6000キロを周回し地球の自転と速度は同じになるので「静止衛星」と呼ばれる。だが3万5千キロは偵察衛星の約100倍だから、弾道ミサイルの100倍になるので、弾道ミサイルなど見えない。かろうじて発射の際にでる赤外線だけは関知できるかも知れない。今のところ北ミサイルの緯度、経度を常にリアルタイムで確実に把握できる手段は何もない。(静止衛星の実効性については田岡俊次氏の論文による)

|

« ◇「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」を見る。 | Main | 7日映画「黒い雨」を見る。 »