« 「団結まつり」の開催日を勘違いした土曜日 | Main | 本日は横浜球場で日本シリーズ第三戦。 »

October 30, 2017

台風接近のなかで団結まつりは終わる

Danketu
(台風大接近の中、傘を2本立ててツイキャスするの図)
▼昨日は「団結まつり」(旧国労団結まつり)の本番だった。元々日曜日が本番だったが、わたしが勘違いしてしまった。でもツイキャスの予告とブログの日時は間違っていなかったので、頭を下げる手数は多少省けた。雨は台風接近で強くなる一方だが、ひるんではいられない。雨避けに、例のヤクルト応援傘を2本用意した。というのは大きい傘だと煽られてかなり重い三脚が倒れてしまう可能性が高いからだ。
▼現場には重い三脚を担いで徒歩15分で到着する。昨日は更地だったが、ブルーシートを使った雨避けのテントがあちこちに立てられていた。司会は元亀のよい「あすなろちゃん」自己紹介で本名だと仰っていた。ずぶ濡れを覚悟していったが、最初の沖縄の踊りが終わるとテントに入っても良いと言われた。動画をご覧になれば分かるように、テントの外は滝のような雨がしたたり落ちてくる。ツイキャスの視聴者は延べ約200人くらいだった。わたしが「雨でも日和見を起こさずに来ている」と書いたが自宅に行こうかどうか迷っていた方が来て下さって、「LEONさん?」とわざわざ声を掛けて下さった。このリアルタイムのコンタクトが、ツイキャスをやっていて良かったと感じる瞬間である。アクセス数だけが問題ではない。
▼わたしは今までツイキャスで声をかけ、ご自宅から応援して下さった方々が、なせ声を出さなくなってしまったか密かに調べている。免罪符でも買うかのように、一日の何かの行動にリツイートを一回だけして終わり、後はお仲間と結構楽しく声を掛け合って、午後10時頃には寝てしまう。わざわざ街頭行動に行こうとしても面倒くさいだけなのだ。
▼ジョニー・Hさんとも、浦邊力さんとも久しぶりにお会いした。社民党の福島瑞穂さんもいらしたので、握手をさせていただいた。ひと月前に反原連の国会前集会の時は、福島さんに続いて、私は二番目の登壇だったので握手を求められた。昨日は「あらっー」と仰っていた。しかし3時間雨の中で立ちっぱなしというのは疲れる。身体の芯まで冷えて、風邪を引いてしまったかと思った。
2017年10月29日「亀戸団結まつり」 (3-1)3-2): (3-3)
▼昨日、日曜日のサンデーモーニングで元さきがけの田中秀征が立憲民主党の評価とこれからを次のように言っていた。枝野代表が目指しているのは「宏池会のような保守の連合である。だから左派リベラルが寄って来られても困る、というのがホンネである」。実は木曜日首相官邸前の抗議が終わった時も立憲民主党の評価を巡る論議が出た。とくに枝野に関してだ。わたしは彼が民主党政権下で官房長官をしていたとき「ただちに影響はない」と言いながら家族をシンガポールに逃がしていたのを知っている。仙石は関電や電力総連との関係は強かった。経産省の原発稼働ゼロにさせないという意向を受け、仙石は枝野に圧力を掛け大飯原発のスイッチを入れさせた。
▼雑談の中で比較的リベラルと思われる集団の中でも、「いま枝野の足を引っ張ってはならない」、という論議があるようだ。さらに一部政党機関紙でも「立憲民主党」の議席が増えたことを喜ばしいと言う認識が見られるのは驚くべき現象である、とわたしは思う。

|

« 「団結まつり」の開催日を勘違いした土曜日 | Main | 本日は横浜球場で日本シリーズ第三戦。 »