« 点滴で猫ちゃんの本格介護が始まる。 | Main | 刻んだキャベツか?カットキャベツか »

November 04, 2017

11月3日安倍改憲NO国会包囲大集会で感じたこと。

▼昨日は暖かくして出かけたが、午後から気温が急に上がった。わたしは今週映画を2本見て書かねば鳴らんあいので、とりあえず岩波ホールに「はじまりの街」を見に行く。バスと地下鉄を乗り継ぐと雨の日も傘がいらない。ただし昨日は休日ダイアであるのをすっかり失念しており、映画館に着席できたのは上映開始2分前だった。映画の感想は後日ご紹介する。結論から言えば1500円出しても決してソンはしない。映画が終わってホールのトイレの出口で自分と同じくらいの年齢の方とお話しする。「言い映画でしたね。これから国会に行くんですよ」というと、その方も「わたしもkぉれかれ行きます」と返して下さった。地下鉄半蔵門線で2駅で永田町に着く。地下鉄をでるだけで一苦労。国会図書館前で中継しようと思ったが、何のステージもなく、地方から上京した方の集合場所だというので、再び逆行して議員会館から首相官邸前に向かう。そして茱萸坂に行くが、正門前は動きが取れないので、途中で買ったミックスサンドと牛乳を飲む。
▼これは結果論だが、中央舞台で話す連中は格好だけつけるから、いずれもホンネを聞く事ができない。枝野に歓声は上がったが田中龍作氏のブログを見れば分かるが地方議会では自公と一緒になって共産党議員の発言封じをしているのが立憲見首党の姿である。さらにう現職議員の不祥事が次々出てくる。自己を確立していないと組織に飲み込まれるだけである。国民のみなさんは枝野に過大な空想を抱いているだけだ。もう一人C委員長はいつも同じ話で私が聞いている限り拍手も極めて少なかったように思う。それは話に盛り上がりがない。いつも紋切り型で「みなさん○○ではないでしょうか?」と語りかけるだけ。最後に「安倍政権に改憲を絶対発議させない」と大見得を切って見せる。しかし共謀罪法の時は牛歩戦術すら採らず淡々と審議に応じていた。これ以上何を期待できるのだろう?子細なことになるがその某政党の末端に一組織で、木曜夜の会議で「明日は国会包囲があるが行くべきでは?}と発言した人物が指導部から「行く必要なし」と一蹴されたという。呆れて空いた口がふさがらない。
▼昨日の様子を田中龍作さんが御自身のブログに書いていらした。曰く「国会議事堂に向けて1万人を超す人々(主催者発表=4万人)が足を運んだ。これは確かな事実だ。だがいくら人を集めたところで、護憲勢力は国会では少数派だ。 「秘密保護法(2013年)」「安保法制(2015年)」「共謀罪(2016年)」と次々と採決されてきた。安倍首相は憲法改悪を政治日程に乗せた。もう後がない。民主主義は崖っぷちまで追い詰められている。
▼中央舞台にいただけでは、こういう話を聞くとが出来まい。わたしが自分の昨日の集会の事をYouTubeに載せてコメントで「もう全野党共闘の中継はしない」と書いたのは、ツイキャスを見てYouTubeを見て満足してしまっている人が余りに多いからだ。昨日の大集会も自称4万人発表も田中さんは実質参加者は1万人と踏んでいる。参加者は集会をするたびに漸増ではなく減るばかりである。田中さんの取材でも「また戦前の状態に戻るとは夢にも思わなかった」という声が紹介されている。参加しなくても何とかなるとお思いの方はそのままネットで楽しく遊んでいて下さい。わたしが昨日も一つ驚いたのは「トランプ来日反対」というプラカードを1本も見なかったことだ。それどころか朝のTVはイバンカのファッションとか、懐石料理を投稿したインスタグラムの食事風景を紹介している。おーーい、日本のマスメディアはバ○を先導しているよ。それを批判しないで見ている日本人もどうかしている。トランプ父娘は日米地位協定の上に安愚楽をかいた巨悪の根源だよ。それが分からない、日本人は狂っているとしか思えない。トランプは横田空港に来るがおそらく、この場合パスポート無しだ。これもおかしいと思わないか?その逆は絶対ありえないのだ。
▼明日午後5時から新宿柏木公園で「トランプ来日反対デモ」を中継する予定です。ただし警官隊に公園接近を阻止された場合は中継はできません。

|

« 点滴で猫ちゃんの本格介護が始まる。 | Main | 刻んだキャベツか?カットキャベツか »