« 藤沢周平が好きだった曲 | Main | 築地を守りたければ、地元で魚を食べることが小売りを守る。 »

November 12, 2017

土日は行事てんこ盛りで身体一つでは足りそうにない。

▼土日は参加しなければならない行事が3つか4つ重なってしまう。だが身体は一つ、分身の術が使えないわたしは厳選して参加スル行事を選択する。どうしても行きたい合同。良い内容なのでもって多くの人に知ってもらいたい内容にする。さらに余裕を持って映画を見ておかないと後で締め切り間際になって苦しい思いをする。昨日の場合、昼に有楽町ヒューマントラストで「人生はシネマティック」を見た。毎週土曜日午後はNHKBSで「刑事フォイル」の再放送を録画して見ている。フォイルの車の女性運転手サムは前回は来年ののクリスマスは蝋燭に灯りをつけることが出来るか?と不安顔である。そして昨日のラストで、「スターリングラードの他の都市を占領されそうで、ソ連はナチスに負けそうらしい」と悲観的である。
▼映画は当時のイギリスで、国民の戦意高揚の映画を作ろうとする人たちの苦労を描いてる。テーマはダンケルクからの撤退だが、あちこちから圧力が掛かってストーリーは次々変更させられる。後は後日ご紹介する。
▼この数日沖縄ではOさんという活動家が逮捕され、釈放までがご苦労の連続だったらしい。友人のツイキャスから次々と速報が入って来る。応援している方々の事は書くまい。沖縄からのメッセージは、本土から毎日200人来て暮れれば、辺野古や高江の工事を止められると言っている。ネットで応援することも必要かも知れないが、権力の前に立って通せんぼうそなければ、その役割を果たしたことにはなるまい。
▼また様々な集会では来年2月の名護市長選挙で稲嶺さんを勝利させることだと言っている。その時ネットの応援がどのように役立つか?カヌーを贈るとか。沖縄の座り込みに行く人にカンパをした方が、遙かにお役に立つのではと思えてならない。わたし?体力は多少残ってはいるが、とても沖縄まで行く資金は調達できない。それで可能な限り関連の行事にでかけ、ツイキャス中継するのが当面出来ることだ。でも1日に3行事はかなりきつい。
▼昨日の東京都庁前抗議は午後3時からはじまった。ライトは持参しなかったが、午後4時半を過ぎたら真っ暗になってしまい慌てた。今後は夕方の行事にライトは必携だな。何もしなくない。誰ががやってくれると思っている人たちは耳を塞いで家に籠もっているんだろうな?辺見庸さんは11月9日のブログで
「笠原十九司さんは「安倍政権は、確実に、日中戦争に至った
かつての道を再び歩んでいると思います」と断言する(「世界」12月号)。
安倍ー歴史修正主義ー憲法破壊ー戦争・・・の、ことばのならびは、もう倦怠
をさそうほどに、見なれ聞きなれてはいる。だが、わたしは戦慄すべきだ。」と書いている。
これでもあなたは「ネットで応援」と「「座視」で終わりですか?

|

« 藤沢周平が好きだった曲 | Main | 築地を守りたければ、地元で魚を食べることが小売りを守る。 »