« 日本に銃器が氾濫していないのは、秀吉の刀狩りが成果? | Main | ◇「ネルーダ大いなる愛の逃亡者」を見る。 »

November 17, 2017

70代で7千万円のサギにあった男性。

▼今朝のNHKラジオを聴いていたら、どこかの70代の男性が「奥さんが名義貸しをして株を買っているのは違法で犯罪になる」と言う電話が掛かってきた。それに騙されて、2回に渡って7千万円をとられたという。我が家にはそんな大金もないから取られる心配はない。その70代の男性は自分のアタマで考えられないのか?それとも近くに相談する相手がいないのだろうか?わたしの友人にも何度も騙された人がいる。いずれも自分一人の判断で、相手に同情してしまうケースが多いようだ。
▼昨日猫を連れて2週間ぶりに動物病院に行く。じん臓と甲状腺の数値は、薬を飲むとどうしても反比例する。今度は3週間自宅で点滴をする。しかも200CC。昨日の朝も150CCを点滴するのをかなり嫌がった。150CCの点滴で約15分かかる。今度は200CCなので20分。骨の折れる猫介護が続く。
▼今朝の新聞折り込みの地域新聞に「卵巣ガン末期」の女性の話がでていた。ガンセンターから紹介された50代の女性のガンは骨のいたるところに転移していた。さらに心臓の内包にも広がっている。痛み止めで麻薬の飲み薬MSコンチンを1日3回飲んでいる。夫は日中仕事で昼間は女性が独居状態で療養している。最近では「一人で死ぬのは嫌だ」と言っているらしい。夜中に「胸を痛がっている」と訪問診療をしている医師に夫から電話があった。その時点では医師も対応できないので、救急車でガンセンターに行くように指示したという。いずれにしても腹部エコーをして腹部に異常があったら早期発見を行うしかないという。卵巣ガンの発病は40代から増加をはじめ、50歳代から60歳前半でピークを迎えるという。読者の皆さまも何か身体に異常を感じたら、ちゃんと検査の出来る信頼できる病院で検査をしてもらう事をお勧めする。

|

« 日本に銃器が氾濫していないのは、秀吉の刀狩りが成果? | Main | ◇「ネルーダ大いなる愛の逃亡者」を見る。 »