« AH64Dヘリの墜落事故を推測する。 | Main | 震えるような寒さの中、関電と東電抗議に行く。 »

February 07, 2018

続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(5)

▼2週間ほど前に取材した歴史史跡を四苦八苦して原稿に書き上げた。どうも自分の専門外なので、気にいった内容にはならなかった。いつまでも引きずっていては次の仕事にならないので、3度チェックして送信した。昨晩NHKテレビを見ていると、何か不思議なニュース速報が流れた。家族に「これ何?」と聴くと「知らないの?新聞の週刊誌の見出しにでているよ」と言われる。新聞本文は読んでいるが、この広告には気が付かなかった。さっそく契約しているdマガジンをiPhoneでチェックする。なるほど、なるほどさもありなん、と言う話だった。我が家ではあの男性を「チャラ男」と呼んでいる。彼には責任はないが、可哀想に…。
◇「続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(5)悪というモノをもう一度考えてみる必要がある。ドイツのフリードリック・シェリングという哲学者がいてたくさん研究した。今のところ彼が、悪についてベストな発表をしている。(1775~1854)この本の中で彼は人間の心の中だけでなく、実在するポジティブなフォースだと主張している。どんな組織でもどんなシステムでも時間を経て自身を維持するためには、他のシステムを排除しなければならない。外部のシステムは内部に「異質なもの」を作り出さなければならない。これが悪のlダイナミクスだ。
▼外側がないと、悪が生まれる。(by シェリング)システムが大きくなりすぎたら…たとえローマ帝国だ。スターウオーズも「帝国」だったねローマ帝国は外部にあるという感覚を失った瞬間に崩壊を始めた。確かにグローバリゼーションは、新たな悪を生み出したのかも知れないね。資本主義国家というよりも経済的な帝国だが、帝国は内部から悪を作り出すのだ。これが「ナショナリズム」などが復活している背景なのだろう。確かに悪に似た姿をしている。
▼ただ一つの星(地球に)に住む、わたしたち。悪は個人に生まれるのか?。悪は社会にうまれるのか。第5章イノベーションの呪縛。
チェコの掲載学者、セドラチェクは言う。資本主義にはゾンビに例えるころもできる。ゾンビが醜いからではなく、非常に効率的だからだ。フロイトによれば人間の抱える問題は「増えること」と「食べる事」にk行き着く。心理学では有名な説だね。でもゾンビはその上をいく。人を「食べる」と同時に「増える」からね。でも私たちはこんな効率化を望まない。ゾンビは愛する者の魂を奪い動物以下になってしまう。資本主義の問題点は道徳規範を失い動物以下になってしまう。資本主義は道徳規範を失い、中心が空洞化していることだと考えていた。哲学者ラカンの読み過ぎかな…しかし空洞だと思っていたのは、私の間違いだった。実際は中心には強力で、支配的な観念が存在しているようだ。
▼原則は「役に立つことだけをしろ」「自分を愛してくれる者を愛し、自分の事を嫌う者を嫌え」「よくしてくれる者にはよくjし、意地悪をして来る者にはやり返せ」だ。

|

« AH64Dヘリの墜落事故を推測する。 | Main | 震えるような寒さの中、関電と東電抗議に行く。 »