« 岩波ホールで◇「花咲くころ」を初日初回に見る。 | Main | 続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(5) »

February 06, 2018

AH64Dヘリの墜落事故を推測する。

▼きょうは本当の誕生日である。カリフォルニアに住んでいる、ガンマンのイチロー・ナガタ氏と一日違いである。週末は3連休になる、人も多いだろう。わたしの場合は原稿の締め切りが繰り上がる。仕事以外でも昨日は3000字くらい書いた。さらに仕事がある。昨日は防衛省に辺野古新基地建設反対で申し入れ行動があった。しかし仕事のメドが立たないのに、インフルエンザで寝込んではまずいので、中継には行かなかった。昨日のブログで書いたように、知人があっという間に死んでしまった。気分が乗らないとき、体調が優れない時は外出はとりやめるのが、一番であろう。
▼仕事をメールで送信してから、歯科医に出かけた。わたしのスケジュールはPCに入っていて、そのデータはiPhoneに連動している。2週間前の予約は診察が終わる瞬間に気が付いた。混んでいたので2週間繰り延べとなった。わたしの場合はかみ合わせが悪いので、その調整をしている。それが終わったら左上あごの犬歯の一つ奥の歯をブリッジの入れ歯にする。7月31日から通い初めて早半年、中々大変なのである。
▼帰宅して暫くすると陸上自衛隊AH1Dヘリの墜落事故が飛び込んで来た。民放では墜落現場で黒煙が上がっているのに。「予防的に着陸」というがこれは、AH64D対戦車ヘリのアパッチだ。どうして記者は自分の目で確認しないで、防衛省発表をそのまま口移しにいうのだろう?今朝になっても、運輸省事故調査委員会が現地に駆けつけたという報道はない。おそらくこれは管轄が違うのだろう。
▼夕方のニュースから夜の報道ステーションを見ると、記者がしたり顔で出て来て、もっともらしい事を言う。対戦車ヘリで装甲が厚いんですよ。下から撃っても弾を跳ね返す。もう戦車戦の時代ではなくなった。etc,etc知らない人が聴いたら本気にするぜ。今朝のTVを見ている限り上空500mくらいから真っ逆さまに落ちている。しかもローターは回っていない。操縦ミスではなく、これはエンジントラブルで失速した。アメリカではAH64Dもう、最新鋭機ではなくなっている。わたしが常にチェックしているディスカバリーチャンネルの「フィーチャー・ウェポン」ではAH64はオーバーホールで中の数千本の配線を全部取り替えている。中の通信系の機能を早めるために光学系のハードを取り替えようとしたが、返って重くなってしまうのでケーブルを光系のものに取り替えていた。
▼翻って日本のそれは富士重工で組み立てたまま使っている。アメリカでさえ、部品を交換して使っているのに、日本は新しくAHX系の対戦車攻撃ヘリを新しく作ろうとしている。つまり企業に天下りした将校たちの、給料と退職金を稼ぐための軍需産業化している。情けない話ではある。
▼もう一つ情けない話。沖縄の名護市長選挙は残念なことに現職の稲嶺氏が4000票の差で敗れた。稲嶺氏は基地反対の立場から交付金の受け取りを拒否してきた。ところが政府は昨夜、基地交付金を復活させると言い出した。何と品位に欠ける話ではないだろうか?江戸時代にお大尽が遊郭に通って、太夫が自分の言う事を聴かなかったら、小判をちらつかせるのと変わらない。日本の政治レベルはそんなモノである。

|

« 岩波ホールで◇「花咲くころ」を初日初回に見る。 | Main | 続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(5) »