« 続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(2) | Main | 続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(4) »

February 02, 2018

続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(3)

▼雪が降ると外は寒い。陽の当たらない道路では1週間前の雪が固くなっているので、滑らないように気を付けないと大けがをする。きょうは金曜日なので国会周辺に行こうと思っていたら、まず反原連が朝一番のツイートで「中止」と告知していた。希望のエリアは分からないが、もう時間的に無理だ。日曜日から水、木と予定はぎっしり詰まっている。
▼わたしは寒い真冬でも寝る時は毛布を一枚かけるだけ。もう習慣になっているので、何ともない。しかし故郷の冬は寒かった。暖房はコタツしかなかった。寝る時はコタツを真ん中に足を向けて蒲団を敷いた。足だけは温かいが、一晩そんな事をしていると明け方には必ず喉が痛くなってこまった。学校に行くときは防寒頭巾被って登校するのだが、吐く息でほっぺたが、しもやけになってしまった。
◇昨日のチェコの学者はマルクスの理論はチェコで実践されたが大失敗だったという。人びとが願った平等な社会は築かれなかった。ロシア革命からおよそ70年。社会主義の壮大な実験は終わった。つかの間の夢だったのか?早すぎた実験だったのか?ボン大学にいるチェコ経済学者のトマス・セドラチェックは「真面目な人がクレイジーになると、ただのクレイジーよりも厄介だと続ける。対談相手のドイツの哲学者マルクス・ガブリエルは資本主義を定義するならば、「商品生産に伴う活動全体になるだろう」という。そして今日の資本主義の世界はいわば商品の生産そのもの」になった。
▼そもそも生産するとは何か?語源は「前に(pro)を持って来る(duce)だ。つまり商品の生産とは、いわば見せるための「ショウ」なのだ。「フェイスブック」のいいね!や.この会話も商品の生産だ。その意味では、カメラやディレクターや…。私たちの今の気持ちもそこに含まれる。今では資本主義は全てがショウ化している経済システムだ。偶然かも知れないが、ドナルド・トランプは資本主義の顔のようだ。彼はテレビショウを作っている。資本主義は代替え案のないショウだ。トランプの戦略従来の戦略とは全くことなる。重要なのは鉄鋼会社を守ることでもなく、ショウを売ることだ。今のアメリカの政権が富を生み出す方法はまさしくショウ形式によるものだ。ファ行くニュースyのようなにせ物が溢れている理由の一つは、大量生産がなされている状況において、おそらくにせ物が理想的な商品だからだ。ベストな商品は安く作れて浮ついたものなのだ。(ここまでで4章まで終わりました。ご希望があればつづけます。テレビを文章化するのは、手間がかかります。反応がなければこれで終わりです。

|

« 続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(2) | Main | 続「欲望の資本主義2018、闇の力が目覚める時~」(4) »