« February 2018 | Main | April 2018 »

March 26, 2018

映画2本の内容を忘れないための、速記メモ。

▼事情があって、いろいろやることが多い。さらに夕方には「新宿に来ているが、どこにいるか?」というショートメールが飛び込んで来た。行きたいのは山々だが、こちらは高齢者で、週に3日以上の行動には残念ながら付いていけない。午後から「東劇」にいくため東銀座に出た。この映画館に来るのは去年「築地ワンダーランド」を見てからだら、1年ぶりになる。腹ごしらえは歌舞伎座の右隣にある。カレー専門店「H」に入った。いざ食べようとすると、食べた食事をツイッターなどSNSに投稿した写真を店員さんに見せれば、名物のコロッケの引換券と交換してくれるという、さっそく挑戦したが、店を出るときに画像の大きさのせいか、ツイッターに表示されなかった。映画わ終わってから領収書と画像を見せに行って引換券をゲットした。しかし良く考えて見ると、コロッケを食べるためにはもう一度その店に行かねばならない。写真は事前・事後である。おいしさを強調するために後者は卵を割った。上は割る前、下は割った後。
Img_1301
Img_1302
◇「しあわせの絵の具」カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生である。リウマチで身体に障害を持った主人公の女性モード(サリー・ホーキン)。彼女はカナダ東部のちいさな町外れで叔母と二人で暮らしている。叔母とはソリが合わず家を出ようとしている。そんなある日兄がやってきて、家を売り払ってという。衝撃を受けたモードは叔母の家を出る決意をする。しかし行く宛てはない。買い物の途中に見かけた「家政婦募集」のチラシを貼り出したエベレットに興味を抱く。彼が暮らす町外れの小屋に不自由な足を引きずって何キロも歩いて一軒家にたどり着く。そこにはぶっきらぼうで偏窟な男がエベレットが一人いただけだ。それでも翌日には叔母と決別して、一軒家に押しかける。
▼電気も水も来ていない野原の一軒家で、家の掃除と料理を作るように命じられる。食事は庭で採卵のため飼っていた鳥を絞める場面はオットトとという感じで迫力がある。寝る場所は二階のベッドにその男と一緒に寝るしかない。夫は仕事一筋で愛想もなくぶっきらぼうだ。子どもの頃から重度のリウマチを患って身体は不自由なモード一方孤児院育ちで学もないエベレット。そんな2人の意思疎通が困難で同居生活はトラブルの連続だった。
▼しかしはみ出し者の2人は絵を描くこと、書くスペースの確保など互いを認め合う。そしてついに結婚する。そしてある時、木こりや魚の行商を営むエベレットの顧客であるサンドラが「頼んだ魚が届かない」と2人の家を訪れる.サンドラはモードが部屋の壁に描いたニワトリの絵を見て、モードの絵の才能を見抜く。そしてサンドラは、「葉書の大きさの絵を描いて欲しい」絵の制作を依頼する。5セントのモードの掻いた絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領から依頼が来るまでになる。そして映画ニュースや雑誌で紹介されると家の前に人びとは押しかける。
▼雪が積もった冬の風景や暖房のない家で生きて行くのは如何に困難であるか?ある日モードは倒れて、夫は病院に彼女を担ぎ込むのだが…。エベレットを演じたイーサン・フォークを最初に見たのは「二人のディスタンス」だった。彼はユマ・サーマンの最初の夫でもあるが、どちらかというと、今までチャライ役が多かった。こんな演技が出来るとは見直した。
Img_1263
◇「馬を放つ」「あの娘と自転車に乗って」「明りを灯す人」などで国際的に高く評価されるキルギスの名匠アクタン・アリム・クバト監督がメガホンをとって自ら主演を務めた映画である。中央アジアに位置する山々や草原の美しい国キルギス。村人たちから「ケンタウロス」と呼ばれる寡黙な男は、喋ることができない妻と、言葉を発生することが出来ない息子と3人で慎ましい生活を送っている。騎馬遊牧民を先祖に持つキルギスには古くから伝わる伝説を信じる彼は、人々を結びつけてきた信仰が薄れつつあることを感じている。ケンタロウスは夜な夜な牧場にいる馬を盗んでは野に解き放っていた。ある日、馬を盗まれたボスが、犯人を捕まえるべく罠を仕掛ける。「俺が50万ユーロも払って買った競走馬を盗むとは怪しからん」と怒っている。ケンタロウスは妻とのコミュニケーションを通じて何とか息子が喋ることができるようにしたいと考えていた。男は寡黙だが、他人とのコミニケーションを取るのは得意である。
▼彼、ケンタロウスは競走馬と食用にされてしまう違いがどうしてなのか納得いかない。罠にはまってケンタロウスh逮捕され、村の長老たちの手によって裁判にかけられる。一方競走馬を盗まれた馬主は、ケンタロウスに寛大な処置をと訴える。長老たちはその訴えに納得するが村民たちはそれに納得せず、村を出て行くことになる。村を出ていた妻と子どもは、判決に従って村を一時期出ていたが、橋をわたって帰ってくる。息子は馬を見た途端、思いがけずも「ウマ」と声を出すではないか。
▼男は馬は平等であるはずだから、柵のなかから出してやらなければならない、という熱い信念を秘めて、再び夜陰に紛れて馬を柵から解き放つ。純粋な男の気持ちと姿を通し、生けるものの生命は平等であるという、文化的アイデンティティーが失われつつある現代社会に静かな問いを投げかける。岩波ホールで公開2日目に見た。
▼夕べは定例の「校正」もあった。トップ記事は猫の写真家津乗健太さんを取材して1面トップに掲載させてもらった。事前に原稿をお見せしたが直しは殆どなくて安心した。さらにシネマの2本。新聞記事をご覧になりたいという、奇特なご希望者の方には通常のPCメールのアドレスを教えていただければ、来週前半にはお送りできる。

|

March 24, 2018

「0322民衆の歌、大合唱」の中継をする。

323gasshou
(合唱する皆さん、黄色のジュゴン帽子はあすなろちゃん)
▼昨晩も国会前に出かけた。てつさんの国会再承認/関連10法案“一括審議”絶対反対!行動に合わせて永田町から行った。新聞では書かれてrいないことが多い。1)日の丸を持った人達が大勢いて、公務員は工作員、特殊電波ですでに70万人殺されたという集会を、総掛かりの隣りでやっていた。その間には機動隊が入ってサンドイッチ状態になっていた。ようやく官邸前に到着すると反原連の抗議がはじまる直前だった。撮影席は黒と黄の棒で仕切られていた。「入りたいな」と思って逡巡していると、若い警察官が「入りますか?」と言って記者の柵の中に入れてくれた。そこにはKさんRさんが既にカメラの準備をしていた。わたしの目的はあくまでも依頼を受けていた午後8時からの「0322民衆の歌、大合唱」の中継である。混雑してくると官邸前から出られなくなる恐れがある。Kさんの忠告に従って滞在10分で脱出して国会正門前に到着する。
▼そこでも反原連の集会をしていたが、寂しい人数だった。30分余撮影を続けていたら、スタッフが近寄って来て「何か喋って欲しい」と頼まれる。3月7日の第70回原子力規制委員会の感想を3分くらいした。これはYouTubeでご覧になれる。反原連が終わってからが大変だった。主催責任者である相手の電話番号しか知らない。10分ほどやりとりしてようやくドッキングに成功した。本当はYouTubeキャスをたのまれた。家で設定をして試した時は成功したが、ここでは動かない。急遽いつものツイキャスに切り替え告知した。雨が強くなって来たが練習の甲斐があって終盤は盛り上がった。おしどりマコ、ケンご夫妻も見えて一般参加者に混じってアコーデオンを弾き、唄って下さった。これらは東京新聞1面には写真入りで紹介されているが、他は無視。どうかしているよ。ツイキャスは延べ200人余の方がご覧になって下さった。動画はこちらです。1時間の集会が終わっても、余韻に酔いしれて参加者は歌い続けた。目の前を通り過ぎる大勢の友人・知人たちと握手した。終わってからH氏が背中の方に某参議員議員(某政党副委員長)が一緒に唄っていらしたと教えて下さった。彼女は中学と高校の後輩でもあるのだが、気が付かず挨拶もできなかった。
▼H氏は「いつも一緒にいる機会が少ないから」とずっと一緒にいて下さった。3時間もトイレを我慢したのでかなり苦しい。外務省前から霞ヶ関駅構内のトイレに入った。そこから出るとkenさん、Cobさんたちが5人で警察庁前「東京都迷惑条例に反対、辺野古の埋め建て反対、座り込み弾圧止めろでゲリラ抗議行動をしていたので合流して撮影させて貰って来た。この頃は大雨になっていた。本来ならば有楽町まで歩くのだが、地下鉄丸の内線で東京駅経由で帰宅した。今朝ゲリラ抗議の動画を見た方が、参加者のインタビューをして欲しいというコメントがあった。一度現場に来て頂きたい。私は三脚から撮影機材の20kgの重量を背負って、ずぶ濡れで歩いているのです。とてもそんな余裕はありません。テレビの旅番組、町歩き、散歩の場合、俳優は一人でも近くで「じゅん散歩」のロケにあったら、スタッフは20人いました。撮影交渉、通行人や店の人の了解を得る人、それを書き留める人など多数。それに照明、マイク、交通整理などです。BS141月曜23時の「バカリズム」街の一発撮りで30分の番組だがリハーサルを6回、7回やって町の人に何を喋るか念をおしてやっている。それに日本の全てのバラエティ番組(含むクイズ)は作家が書いた台本でやっているのです。ご興味がおありでしたら一度いらしてお手伝いお願いします。今朝は医者に行かねばならない程全身に痛みが走っています。新聞を見ると反原連ばかり取り上げ、合唱はあれだけ盛り上がったのに、なぜ一行も取り上げないのかと、思う。自分の読んでいる一紙だけが正しいと、思っていると、とんでもない事になる。
▼帰宅してまず機材の乾燥をしてYouTubeのアップロードをする。完了したのは11時半頃だった。みんな白河夜船かな?現実を知らなければ、恐怖もない。お幸せに。

|

March 23, 2018

東京都迷惑条例、委員会で強行採決に反対して抗議行動

322testu
(都議会前で、力一杯のコールするかむろてつさん)
▼月末でやるべき事が多く、昨日はチェックリストを作って行動した。マンションのゴミ集積室にいくと段ボールがもの凄い量がうずたかく積まれている。捨ててあるモノをみたら、ビデオテープ、カセット、DVDなどがあった。タイトルを見ると2ヶ月ほど前になくなった(通知はないので想像)方の遺品と思われた。演歌は竜鉄也、北島三郎がお好きだったようだ。旅行はご家族の東北旅行から、息子さんの成人式まであった。ご主人死亡してしまうと、コレクションもゴミでしかない。この方はとても穏やかで趣味は手づくりの紙と木工の飛行機を都バスのがご趣味で、幾つかの選手権にも出たと仰っていた。合掌。
▼小走りに走り回って仕事をこなして、夕方5時半には東京都迷惑条例に反対都議会前抗議行動に出かけた。数分前から始まった様子で、てつさんの右脇に中継カメラを設置した。ツイキャスのアクセスを増やすには実況中継中であることをツイッターでアピールしなければならない。わたしの場合、デジカメなどいろいろ試したが、Wifiを使ってカメラに画像を転送する時間がもったいないので、静止画像撮影はiPhoneに絞っている。ただし撮影する枚数は1アクションで50枚くらいになる。それを暗闇のなかで、最も迫力ある1枚を選択する。
▼先週の都庁前は寒風吹きすさんでいたが、昨晩は雨にも降られず、助かった。行動は2時間で終わる。3月22日夜、東京都迷惑条例に反対都議会前抗議行動(1) https://youtu.be/lY5fYdKPY5k (2)Rr7https://youtu.be/lY5fYdKPY5k

|

March 22, 2018

みぞれ降る中、「憲法寄席」の中継で本郷3丁目に行く。

▼昨日は代々木公園で原発なくそう大集会があった。行こうとは思っていた。しかしみぞれだったので、行くのはとりやめた。みぞれの中、傘に三脚など20kg近い撮影機材を持って歩けない。しかもどろんこだ。家から一歩も出ないでテレビでも見ながら、コタツにあたっていた方が遥かに楽だ。しかしそれで世の中が変わるか?絶対変わりはしない。20日は九電前と東電前で原発再稼働に反対する抗議があったので、中継に出かけた。最初、有楽町駅前は3人でスタートした。19日も小雨の東京都庁前で「迷惑防止条例に反対する集会の中継をしていた。この日は100人近く集まったので疲労感は少なかった。参加者が少なくても、言うべき事は言わなければならない。
▼きょう昼頃「可決」されるであろう、東京都迷惑条例の抗議フォーマットとツイートしたら、現在1000名を超える方々が見て下さった。(インプレッション)果たしてどのくらの方が実際各政党や議員に文書を送って下さるか?おそらく10分の1程度だろう。もしこのブログを見ている方で、勇気があったら、下記まで午前中、いますぐ送って頂きたい。自由法曹団東京支部の東京都迷惑防止条例に対する意見書提出フォームを活用して下さい。
▼それで昨日は重い機材を担いで、本郷3丁目の「憲法寄席会場」に向かった。雨に原発反対集会があったためか、俳優さんとシンガー、それに撮影中継者2名だった。動画は以下でご覧いただきたい。ミニコンサートとトークは約2時間。終わってもまだみぞれだった。わたしはプリンターを買って帰らないと、発送するラベルも印刷できない。請求書も印刷と発送できない。通常下車駅一つ手前の駅にある家電量販店に立ち寄る。表示が液晶になったものが1万円少々した。液晶は必要ない。わたしが使っている旧型プリンターはその半額で(2年前に買った時と同じ値段)在庫があるというので、それにした。結束機で三ヶ所縛って、プラスチックの持ち手をつけてくれた。ところが駅の改札口を入った途端、それが全部ばらけてしまった。改札を入ってからは、売り場に戻れない。仕方なくそのまま抱きかかえるようにして帰宅した。今朝はクレームをつけなければならん。
▼今日は昼頃東京都議会で迷惑防止条例が委員会可決されるらしい。本当はそれに合わせて抗議の様子を中継したい。様々な状況でそれが出来ないので、午後5時半から都議会前で中継する予定である。みなさんくれぐれ抗議のメール送って下さいね。世の中変えるつもりで生きているんでしょう?

|

March 20, 2018

都庁前の東京都迷惑条例に反対する集会に行って来て。

Dypwvxau8aax1e4_002
(都庁前で右オレンジのライトが筆者のツイキャスカメラの位置。画像をクリックすると大きくなります。)
▼昨日は一番頭の痛かった原稿を書き上げて編集長に送った。何でも被対象者が『原稿を事前に見せてくれ」と言っているらしい。事前に見せればこちらの責任は軽くなる。2年半使ったプリンターが壊れてしまったようだ。先週黒インクが擦れるので、ネットで詰め替えを買った交換したがまったく効き目がない。校正はプリントアウトして行うので、とても具合が悪い.プリンターを買いに行く時間も惜しかったので、ディスプレイの目視で行った。もう一人いつも、家庭内チェックで校正をしてくれる人からは苦情が出た。このところ何かと出費が多い。3年前も修理に持ち込もうとしたら「2週間はかかる」と言われた。そんなに休んだら仕事にならないので、泣く泣くとなりの駅ビルの中にある家電量販店に行って買って来たが、1万円以下である。プリンター屋はインクで儲けているのだ。純正インクを使わないと、早く故障するとも言われた。しかしカラーインクを使うのは年賀状以外ない。相変わらずサードパーティの詰め替えインクを使い続けた。その罰が当たったのかな?
Dypgar9u0aal2xq
(宇都宮健児さんも激励に駆けつけて下さった)
▼夕方から天気が崩れると予報されていたが、ツイキャス中継のため、新宿都庁舎前に出かける.地下鉄のホームで勇ましいいつもの格好をしたてつさんにお会いする。抗議の模様はYouTubeでご覧いただきたい。某政党新聞の女性記者も取材に来ていて、朝刊によれば「SNSで呼び掛け60人が集まった」と書いてあった。政党新聞も一行も書いてくれないからこちらは仕方なくjSNSで拡散したのだ。票に直接結びつかない事にはあまり関心がないようだ。見ていたら記者はその場でPCを開き地面の上で記事を書いて送っていた。こういうスタイルでは含蓄のある記事は書けないだろうな。
Dyprn0uvwaa7ilv
(コールするかむろてつさん)
▼先週土曜日ある集まりがあった。行事が終わったあと銀座の喫茶店に入って会話した。ある男性の顔色が悪く痩せているのが気になった。するとひと月前に大病をしたのだという。お腹が痛いので近所の医者に行ったら、「何も異常ない」と言われた。翌日胸に耐えられない痛みが走ったので、救急車を呼んだ。ちなみに彼は奥様に先立たれレ独身生活を謳歌していた。大きな病院にいったら、「心筋梗塞で即手術」だった。3時間ほどの緊急手術が終わり、翌日手術の模様をディスプレイで見させられた。バイパスを空けると、一瞬で詰まっていた血が全身に広がって行くのが見えたという。その方は自転車に乗るのがお好きだった。同じ場所にいた元看護師さんは「自転車は負荷がかからないから、歩かないとダメ」というご意見だった。今朝のNHKラジオ「健康ライフ」でも歩いてふくらはぎを太くすることが心肺を強くすることに繋がる、と言っていたが、まさにその通りである。車は地獄への近道だ。

|

March 19, 2018

東京都迷惑防止条例に反対する行動に参加しましょう。

▼今週に映画を2本見ておかねばならないので、岩波ホールに行く。しかしMXTVの「ニュース女子の偏向報道」の定例抗議が終わったと思ったら、首相の文書改竄に抗議する行動が連日行われている。14日一度だけ行って中継したら、一度首相官邸前に張り付くと出ることも入ることも出来なくなる。14日は5時間立ちっぱなしだった。トイレにも行けない、水も飲めないと言う過酷な状況に陥ってしまった。
▼ところが首相夫妻と財務省による「文書改竄」が盛り上がっている最中、もう一つ重要な問題が発生した。「東京都迷惑防止条例」案がこの数日中に東京都の警察・消防委員会で可決され、29日の本会議最終日に決議されようとしている。この数日の政党新聞にも東京新聞など一般新聞に一行も報道されないのは何故か?わたしの推測では「当面の票」にならないことはやらないからだ。しかし法案の中身を見ると、「共謀罪」の東京都版とも言えるもので、殆どの抗議活動が取締の対象になってしまう。詳しくはリンクをご覧いただきたい。https://pbs.twimg.com/media/DYbA2i6V4AEGhaC.jpg:large
▼簡単に言えば1)みだりにうろつくこと。2)電子メール(含むSNS)を送信すること。3)監視していると告げること。4)名誉を害することを告げること。5)性的羞恥心を害する事を告げること。分かり易く言えば、例えば国会や。首相官邸前で安倍首相や昭恵夫人を名指しで「ウソをつくな」と叫んだだけで逮捕されてしまう。わたしなど週に一回はNHKのご意見拝聴係りに「きちんと取材して正しい報道をせよ」とメールを送っているが、これも繰り返した場合犯罪と認定されてしまう。要請、署名集めなど請願の権利は憲法で保障されている。
▼この法安が通ると、すべての抗議活動ができなくなります。さらに東京都だけの問題ではなく、同様の法律は全国に普及します。今日から東京都庁前で緊急行動があります。ぜひ参加して「憲法に保障された権利」を侵害する法律を作らないよう行動しましょう。警察・消防委員会審議予定日!~抗議行動&デモ封じ?!“東京都迷惑防止条例改悪案”絶対反対!都議会前アクション①』3月19日(月)17時半~都議会前(地下鉄都庁前駅A2口至近)
自由法曹団東京支部の声明。そしてきょうは大正14年治安維持法が出来た日でもあります。あの惨禍を繰り返さないためにも…。

|

March 16, 2018

◇「ウィスキーと二人の花嫁」を見る。

▼14日の首相官邸前の抗議の撮影は、その前の関電前から延べ5時間やっていたので、かなり疲れてしまった。集中したくても、集中出来ず終始睡魔に襲われた。きょうは最後までいないで早めに引き上げよう。官邸前のツイキャスの視聴率は良かったが、YouTubeはパッとしない。関電前では1時間半も抗議したのに、殆どアクセスがない。「原発再稼働ラッシュ」が続いているのに、誰も危機感を持たないのだろうか?YouTubeの身方も分からないのだろうか、と不安になってくる。
▼実はどういう場面が関心を呼ぶのか考えている。スピーチはまず関心を保たない。自分のアタマで考えるのが面倒なのではないかと思う。先日も動物病院で待機していると、待合室のテレビを見ている人を観察していた。それによれば、解説ではなく、動きがはっきりしている画像にしか興味を示していない。だからテレビ番組の「衝撃映像」なるものだけがもてはやされるのだろう。だから官邸前で言えば、黄色い声で若い女性がコールしている場面だけが視聴率は上がる。
▼民主主義とは家のテレビを寝転がって見て、愚痴をいうのではなく、現場に出てくる事なのだが…。ご自分が絶対の安全地帯にいて、画面を見るだけで満足してしまうようだ。韓国で大統領の不正をただす、100万人規模のデモが大違いで「他人まかせ」だ。昨日は都内某所でMXTV抗議の終了にあたっての内部だけの会議もあった。しかし、体調が優れず、有名芸能人のように転倒して大けがをしてはまずいので、DMの欠席届をだして失礼してしまった。
◇「ウィスキーと二人の花嫁」第2次世界大戦中ナチスによるロンドン空爆や、Uボートによる経済封鎖が激しさを増す第二次世界大戦中、スコットランドのエリスケイ島沖で大量のウイスキーを積んだ貨物船、SSポリティシャン号が座礁した。ちいさな島の住民が密かに船倉を調べると大量のウイスキー積まれている事がわかる。スコットランドの人びとは老いも若きもウィスキーが大好きである。
▼心から愛する地元住民やそれぞれ結婚を控えた姉妹とその父親が繰り広げる騒動を描いた作品である。イギリスはドイツに経済封鎖を受けており、戦況悪化のあおりを受けて贅沢品であるウイスキーの配給が止められた。スコットランドのトディー島の住民たちは、ウィスキーが飲めないので、すっかり無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフの長女ペギーと次女カトリーナはそれぞれ恋人との結婚を望んでいた。しかし、周囲の人びとからはウイスキーなしの結婚式はあり得ないと反対されてしまう。そんな中、輸出用に5万ケースものウイスキーを積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁する事件が発生する。人びとはこれを神様からの贈り物だと考えた島民たちは、禁制品のウイスキーを「救出」するべく立ち上がる。
▼作戦とは船まで夜陰に紛れてボートで近づく。そして全員で手渡しでボートに積み替える。スコットランド本島から取り調べ官の軍人もやってくるが、虚々実々の駆け引きで島民たちはアナログの手旗信号を駆使して軍人たちの機動作戦の裏をかく。そして貨物船はタッチの差で沈没し、島民達は娘達の結婚式で晴れてウィスキーで乾杯することになる。

|

March 15, 2018

314安倍NO官邸前集会に行って来た。

314kantei
(3月14日首相官邸前、安倍NO行動の様子)
▼昨晩は午後5時半の内幸町の関電東京支社前で、「大飯原発再稼働抗議」から始まった。ここは1時間半の抗議で茱萸坂を登って首相官邸前向かった。ここでは沖縄地裁の翁長知事の「埋め建て命令無効」の申し立てに対して、国も命令通りに「許可」の判断が出された。これが終わったのは午後7時半頃だったと思う。わたしは腕章にものを言わせ、先に乗り込んでいた友人に三脚を託して、記者コーナーに入ることが出来た。これが運命の分かれ目になった。イヤ危ない話ではなく、途中離脱が出来なくなってしまった。しかもビデオのバッテリーは省エネモードにしても3時間くらいしかもたない。だから「安倍NO」の撮影は電源が切れて時点で、その前のデータもすべて失ってしまった。
▼警察からは道路にはみ出ていた足を引っ込めて歩道に上がるよう強制された。動画をご覧になれば分かるが、主体になっているんは反原連のみなさんである。いまや反原発の集客力は弱く、「半減連」ではないかという噂もあるくらいだ。今や、運動の出発点になった大飯原発が再稼働されても緊急集会一つも開く力はない。動画をご覧にはあの、Y二郎氏もスピーチで出てくる。そもそも安保法制の時彼の提唱した「大道団結」路線が、抵抗勢力の力を結果的に分断してしまった。コールもSEALDsの時のそれとまったく変わっていない。展望と組織論を保たずに人だけ集めて煽っても先は見えている。もう一人の学者の時代錯誤のスピーチをしている。「ドイツから装甲列車でロシアに帰国させられたレーニンのような気分になった」と言っているが多分に時代錯誤の感がある。こんなの呼んでどんな意味があるんだろう。マトモなのは唯一佐高信さんだけだった。きがついたら、午後10時になっていた。家族も会社の仕事帰りに立ち寄ろうとしたが、地下鉄国会議事堂で降りたが、官邸下に下ろされ、警察の規制が厳しくうごけなかったので、泣く泣く帰宅したという。わたしは疲れ切ったので、いつものルートを使った最終バスに乗って帰宅した。
▼みなさん、まだ家に籠もっていますか?
3月14日大飯原発再稼働に反対する関電東京支社前抗議行動、
3月14日官邸前、沖縄での不当判決、差別に抗議する集会:
3月14日官邸前 https://youtu.be/uPOp_ikXZR0

|

March 14, 2018

13日昼、議員会館前「安倍糾弾抗議に行って来た。

▼昨日は時間をやりくりして、昼の衆院第二議員会館前の抗議と取材に行った。出発前に撮影道具のチェックリストで確認したが、肝心のL型クランプを忘れてしまった。ビデオカメラは手持ちにするのは辛いので、三脚にはビデオカメラを載せて、ツイキャスカメラは手持ちにした。一昨日の晩、首相官邸前でツイキャス中継をしている友人の配信を見ていると、延べ800人、リアルタイムで200人近い方が見ていた。彼等は何を期待して見ているのだろう。まさか「値のメーデー」の再来を期待しているのではないだろう。しかしわたし自身が中継していても、警察がでてくると妙に興奮する人が出てくる事も事実である。「何か」を期待している。「もっと警官の顔を写せ」とか勝手な事をいう。
▼2年くらい前に当時の民進党本部で抗議をしていたとき、主催者のてつさんは警察官に民進党本部に近寄るなと妨害された。警察官とのせめぎ合いというか、おしくら饅頭の状態になった。ツイキャスを見ている人は「てつさん危ない」と叫ぶだけで助けに来るわけでもない。自分は常に安全地帯にいるのだ。それで政治が変われば簡単だ。だがあくまでも自分は安全地帯、寒くないところ、暑くないところで「観戦」しているだけ。一昨日のツイキャスを見ていて何も変わっていないと感じた。ご自宅の玄関に「安倍はやめろ」のシールを貼る。バッグに貼る。きょうから車のドアに貼る。一歩踏み出しませんか?昨日昼の抗議は主催者発表で1000人だという。わたしが見たところ500人位だった。
▼夜、「世界のこんな所に日本人」が終わってNHK教育TVにした。すると「人生デザインU-29」という番組をやっていた。大阪市に住む女性が自宅で、男性のための女性メイクを仕事としてやっていた。最初にやってきた男性には「黒木メイサ風が良いですか?それとも有村架純(かすみ)風がいいですか?と聞き、彼は有村風を選んだ。要するに困っている人の願望を叶えてあげたいという事で自分で勉強を始めたという。2時間ほどで眉もまつげも見上げも全部女性風に変えてしまう腕はたいしたものだと思った。「客は多様」だが心に秘めた願望をとげ、写真を一枚撮影して帰って行く。費用は3万円だが試して見る価値はありそうだ。
▼黒木メイサはテレビドラマ「新参者」でその演技を見たが、この頃は本当に美しかった。今ではBSTBSで週に一回再放送しているので、楽しみに見ている。もちろんネットでもみることは出来る。一回一回脚本が練ってあって、覆わずほろりとする場面が入っている。
▼女装といえばかつて「亀戸エリザベス」が有名だった。ここは女装クラブのようになっており、預けてある女装ファッションをして会話を楽しんでかえって行くところだったという。
▼きょうは大飯原発が再稼働される。福井現地での抗議のため参加者を募集していた。バスで13日に主発して15日朝帰京する。費用もかかるし、体力的にきついので見送った。

|

March 13, 2018

これでも、家に閉じこもっていますか?

▼みなさんテレビのニュースを見ているときではありません。今朝の某朝刊の1面トップの写真で、白いトラメガを持っている人物はTさんと仰るロッカーです。彼は地道に安倍私邸周辺でのスタンディングを、一人でもずっと続けて来た方です。「どうせ世の中変わりゃしない」と思っている方がいらしたら、もう自民党か公明党に宗旨替えをした方がいいです。わたしとてあと10年くらいの寿命です。ブログ読者のみなさんも、大同小異のはず。政府与党に安倍では選挙に勝てない、と思わせる必要があります。安倍がここで頓挫すれば、年末の国会での改憲発議もできなくなります。さらに国会では予算審議を控えており、彼等も必死です。昨晩も友人が国会の現場にいってツイキャス中継をしていました。最初の方は機動隊もこれほど人が集まるとは思っていなかったのでしょう。多少オタオタしていましたが、後半立ち直りました。目の前を参議院議員会館に向かう吉良さんが通り、後ろでは福島瑞穂さんのスピーチが聞こえていました。国会前に来れなければ、ご自宅近くの駅前で「安倍は止めろ」とプラカードを持って一人で立ちましょう。できなければ自家用車にステッカーを貼りましょう。
◇「あなたの旅立ち、綴ります」老婦人ハリエット・ローラーは世代を超えて育む友情を描いたビジネスで成功し、何不自由ない生活を送ってきた。は、80代になってようやく孤独と死への不安を抱くようになる。そして、自身の訃報記事を生前に用意しておこうと考える。地元の若い新聞記者アン・シャーマンに死亡記事の執筆を依頼する。人びとに愛され、尊敬される人物になるようするにはどうしたら良いか?他人のために喜ばれる事をするべきではないかと考える。新聞社に勤務して「死亡欄」の記事をいやいや く若い女性記者。あるとき編集長からくせ者の老婦人ハリエットに引き合わされる。気分はのらないが編集長は、「むかし経営難で苦しんでいたとき、助けてもらったので、話を聞いてくれ」と頼まれる。老婦人は「あなたの死亡記事を読んだから自分の記事も書いて見せて」と頼まれる。リストを元に友人を一人ひとり当たっていく。しかし、わがままで自己中心的なハリエットを良く言う人は誰一人いなかった。
▼出来上がった記事は理想とはほど遠い内容だった。それに気を悪くしたハリエットは「最高の訃報記事」ができるように自分を変えることを決意する。ある場所で黒人の少年と仲良しになったハリエットは3人で旅を続けるなかで、「思いやり」という言葉の中身が、お金や良い服を着て立派な家に住むことではないことが分かって来る。

|

March 12, 2018

NHKは311事故の真相を隠蔽して追悼番組にする

1636876_o
▼昨日は新橋の東電本社前と、小川町の日本原電前で原発再稼働に反対する集会があったので参加する。しかし今朝の各紙には一行も掲載されていない。党利党略なのだろう。東電前でわたしのカメラの位置はこの1年間変わっていない。都合の良いときだけマスメディアは来る。わたしの隣りには大きなカメラと三脚を抱えた4人くらいのNHKのクルーが来ていた。東電への毎月の申し入れの時もそちらには行かず、別の取材をしていた。ジョニーHさんが東電を批判するプロテスタント替え歌を歌った時もカメラを向けようとしない。
▼疲れ切って帰宅して夜7時のNHKニュースを見ていて分かった。政府主導の追悼とお涙頂戴の特集だった。東電の責任追及は一切なかった。別の局でフクイチ事故原因を明らかにしようとしている、国会事故調の当時の責任者を出していたが、これは筋が通っている。昨年も東電前で中継をしていて、作家の落合恵子さんが登場したとき、ある視聴者が「レモンちゃん頑張って下さい。応援しています」と呟いた人は今年はでて来なかった。忘れてしまったのか?諦めてしまったのだろうか?この1年間でツイキャスを見る人は、かなり代わってかつ少なくなってしまった。それは築地問題も同様でごく少数の人たちが、スタンディングをしているだけ。
▼何が起きているか、知ろうとしない。見ようとしない。行動にはまったく参加しない。茨城の老朽東海第二が事故を起こしたら、首都圏に人間は住めなくなる。抗議に参加するか?参加しない人は関西方面の友人に頼んで、いざという逃げ先を準備しておいた方がいい。知人に地球の北米方面に逃げて定住している人がいる。しかしその町にある原発はかなりオンボロである。要するに人間は5m以内の今年か考えて行動しない動物である。わたしが口を酸っぱくして言っても、高レベルの汚染地域に住んで「死んでいる人はいない」と平気な人もいる。さらに放射能測定器を買った方が良いと言っても「高くて買えない」と言う。放射能に色がついていれば大騒ぎになるに違いない。
▼かつてNHKで6時50分頃首都圏から関東の放射線の数値を毎夕発表していた。今はなぜ放送しないか、考えたこことはあるだろうか?これから解体工事が始まるともっと放射線物質は飛ぶ。そういう事を隠しているだけだ。「週刊金曜日」最新号で「福島で胃がんが多発している」という特集がされている。貴方も買ってちゃんと読んだ方がいいぞ。無知であることと、危険が隣り合わせだということをちゃんと読んだ知った方が良い。NHKやマスメディアに、いや一紙を購読して自慢している人には何を言ってもダメだろう。複数の病気を抱えて…中々治らない。いやこれ以上言うまい。本人の問題だから。

|

March 11, 2018

311から7周年のきょう。何をしていますか?

▼やるべきことが山積しており、チェックリストを作って消してゆく。今朝は請求書2通発送とメールの連絡2件。一番頭が痛いのは、シネマの原稿を抱えていることだ。後4本かかねばならないが、時間をやりくりして見たのは1本。最悪の場合は晋作ビデオにしようと思っている。そんな事もあって、タイトルは「シネマ&テレビウォッチ」と逃げてある。昨日はシネスイッチで「あなたの旅立ち、綴ります」を見た。来週は主宰するシネマ鑑賞会があるので、昨晩中に提案すべき映画を6本をメール送信を終えた。面白い映画は渋谷が一番多い。次に新宿。だが忙しくて日比谷と銀座に集中して足を運ぶことが多い。シネスイッチなら自宅玄関からから40分で到着する。岩波ホールなら30分。さらにその翌週は難しい本の読書会。わたしの頭では到底理解できないような難解な本を与えられている。
▼その前に2週間前に行った都立病院の学習会はビデオは「保留」になっている。すでに存続を巡って東京都はパブコメを募集している。発言者(講師)が、「自分の発言を編集して欲しい」と言っているらしい。わたしは取材するのが精一杯で編集などする時間は一切ない。「データを渡すから、そちらで編集して下さい」と言ってデータを郵送する。このデータを取り出してDVDを焼くのに半日もかかってしまった。
▼きょうは311から7周年なので、これから東電本社と原電抗議の撮影に出かける。
複数の友人は辺野古の基地建設反対の座り込みに出かけた。別の友人は日帰りで選挙の応援に行っていた。他人の苦しみを自分の苦しみと考えられるかどうか?わたしは基地負担を沖縄に押しつけるのではなく、本土も応分の負担をすべきだと考える。それをしないで「観光」だけに通うのはどうか?

|

March 09, 2018

のりこえネット記者会見と◇「ハッピーエンド」を見る。

Img_3879
(3月8日午後「のりこえネット」の記者会見、中央が代表の辛淑玉さん)
▼下のシネマの原稿は、本稿の下書きとして昨日朝書いたものだ。本稿は下書きを極限の400字まで縮める。そうして第三者が読んでも分かるかどうか、検討して編集長に送信する。今回の2本は難解だからOKが出るかどうか?昨日はまずのりこえネットの記者会見があった。午後4時半に衆院第二議員会館だった。5日前に取材許可申請メールをのりこえネットに送った。すると「過去にネトウヨが勝手に記者会見に入って動画撮影をして、他に勝手に利用した。それを避けるために社名入りの腕章などを着用してほしい」という連絡が来た。いまある腕章に文字を入れ替えて使うか考えた。しかしわたしは文字が下手だし、まして切り抜き文字など出来ない。思い切って旧知の某社に連絡を入れ、ラインで下書きから校正までやりとりをした。8日午後に使うので間に合わせて欲しいと頼んだ。すると水曜日午前中に着き、どうやら間に合った。
▼この業界で、わたしは本名を使っていない。腕章も組織の代表と思われても困る。所属をあきらかにしただけだ。会見場で事務局長のk氏に名刺を渡して挨拶すると「あなたでしかた?」と言われる。会見は1時間20分に及んだ。YouTubeに屋内の良い画像が乗っているので、是非ご覧いただきたい。代表の辛淑玉さんの苦悩が分かる。ネットの中傷を彼女は「散弾銃と同じ傷を与える」と言っていた。会見が終わってMXTVまでは地下鉄で一駅だが、乗り換えのため、永田町の駅構内は2駅くらい歩かなければならない。半蔵門駅を出て小走りにMXに向かう。既に抗議ははじまっており、10分ほど遅れた。辛淑玉さんはこちらにも駆けつけて下さった。「抗議活動の中継を見て励まされた」というので、もしかしたら、私の中継やYouTubeをご覧下さったのかも知れない。その一言に大いに励まされた。眼は横殴り、機材も人間も濡れる。人間は防水の雨具を着れば良い。しかし機材はカメラが2台あるで、未だに決定打はない。放送局を見ているとカメラ全体を覆っている。しかし中継カメラと照明もあるので、中々思い通りにはならない。集会終了後N氏から打ち上げに誘われたが、疲れていたのでそのまま辞去する。3月8日のりこえネット記者会見: 、
◇「ハッピーエンド」英仏海峡に面したフランス北部の港町カレー。そこに住むブルジョワ家族の暮らしぶりたテーマである。85歳という高齢の父に代わって家業を継ぐやり手の娘のアンヌ。気が弱く仕事のできないアンヌの息子と、家業を継がずに医者になった弟トマと二度目の妻。そこに、トマが前妻ともうけた13歳の少女エヴを引き取ることになり、ロラン家に身を寄せることになる。
 映画はおもに思春期のエヴの視点、つまり彼女の持っているiPhoneの画面の画面を媒介に語られる。朝の洗顔、洗面、歯磨きからトイレまで几帳面に時系列で画面に写る。そして若い弟トマと新しい愛人とのチャット風景が慌ただしく、息をするヒマもなくもの凄い勢いで打ち込まれる。 
 映画の核となるのが、現代のSNS社会におけるディスコミニュニケーションだ。人間は誰もが表と裏の顔を持ち、何らかの秘密を抱えている。電子文字による通信だけで、そこに本当の対話による理解は存在しない。別荘や豪華な家に住む富裕な彼らは変わりゆく社会や人の痛みに無関心だ。彼らが雇う移民たちの問題には眼を向けようとしない。もうすぐ誕生日を迎える年輪を積んだ祖父だけは、孤独でお互いの意思疎通のできない歪んだ孫娘の心情を鋭く見抜いている。だがそろそろ人生に幕を引きたいと思っている。床屋に通うのも車いすで不自由だ。行き付けの床屋の主人に、「拳銃と弾は手に入らないか」と相談して驚かれ、断られる。
 彼が父親と理解しあえない孫娘に手を差し伸べることは、彼女たちの助けにはならないと一歩引いている。裕福な人たちはすべからくエゴイストで、感情を欠いているように見える。だが程度の差はあれ自分たちまた、彼等とそれほど遠い存在ではないと思う。
 祖父の誕生パーティも後半にさしかかったとき、祖父は孫娘に「海に連れて行ってくれ」と所望する。
 ハネケはどこまでも観客にさまざまな問いを突きつけて来る。一見それは尊大で不快な印象を与えるかもしれないが、決して高みからの「お前たちはどうなのだ」という上から目線の視点ではない。その対象には作り手である彼自身も含まれているだろう。

|

March 08, 2018

◇「ナチュラルウーマン」を見る。

 熟年のサラリーマンオルランドは仕事を終え、マッサージルームで全身マッサージを受け、リフレッシュして町に出る。そして家に着くと、愛人マリーナと熱い抱擁を繰り返してベランダに出る。サンチアゴのめくるめくような夜の闇が迫る。ウェイトレスをしながらナイトクラブのシンガーとして歌うトランスジェンダーのマリーナは、20歳も年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。しかし、オランドは自身の誕生日の夜、ワインで乾杯をしようとした瞬間、自宅のベッドで意識が薄れる。さらにふらつき階段から下の階に落ちてしまう。事件発生だ。マリーナは救急車を呼びオルランドを病院に飛び込む。後は病院任せになるが、その後のオルランドの容態は分からず、やがて医師から死亡が伝えられる。
 元妻へも元夫の死亡の連絡はいく。しかしその後マリーナはオルランドの死に目にも会えず、葬式の列席も許されない。そうしているうちに敏腕女性刑事がやってきて、事情聴取が始まる。女性刑事はマリーナを頭から疑っている。そして自分は大学で犯罪学の修士の資格も持っているから、疑わしい点はすべて明らかにする、と頭から疑がってかかる。
 もし二人が言い争ったなら身体に傷があるはずだ、と裸になって病院の検査による全身の撮影が始まる。重要な部分で医師は刑事に席を外すように促すが、女性刑事は頑として聞き入れない。
 マリーナはその後、教会の前で追い返され告別式にも出させてもらえない。さらに元妻と長男は二人で住んでいたアパートは、荷物はそのままにして、すぐ空けて出て行けと迫る。
 マリーナは、オルランドの元妻や息子が、なぜ自分に対して冷たく当たるのかがわかっている。彼らにとってマリーナは唯一オルランドの心の中に入り込む事ができる存在だったからだ。そんな恐怖であって、家族は告別式にも近づけさせない。偏見を持つ元妻とその家族らも自分のしている事が悪いことだと感じている。
 後半マリーナが傘をさして、強い風に立ち向かって歩くシーンがある。最後にマリーナは火葬場に駆けつけこっそりとオルランドと別れを告げる。マリーナの尊厳の高さと粘り強さ、反逆性がこのシーンに凝縮されているように感じる。映画の中で「君が何者かわからない」とマリーナに問いかけるシーンがある。それはでは貴方は自分のことがわかっているんですか?、と逆の問いかけになっている。銀座シネスイッチにて。

|

March 07, 2018

6日夜、NHKの収束作業員さんの話。

▼昨晩9時のNHK「ニュース9」ご覧になりましたか?原発の収束作業員の被爆問題をとりあげていました。凍土壁も汚染水タンクも作業するには人力でしかできず、廃炉なんて実際何百年かかるかわからない。その作業はすべて誰かが被爆しないとできません。NHKではデータが正確に把握されていなかった問題を取り上げていました。デブリのありかを調査するロボットも作るのは大手電機メーカーの研究員が研究室のなかで作って、実際それを現場で動かすのは作業員さんです。この人達の事を忘れていませんか?彼等は東電によれば1日2万円支払われている事になっていますが、実際はピンハネが6次とか8次まであって、作業員さんが手にするのは6000円とか言われています。東電は自分の所では2万円払っているのだから、その先の事は責任がないとしています。これで良いのでしょうか?
▼日本の海水産、農水産物は世界の多くの国では輸入禁止になっています。国は福島沖の海水産物は日本の安全基準がックリアしたから、大丈夫になったと収穫を「許可」していますが、放射能は何年たったら安全か、みなさんご存じでしょう?わたしに時々「どこの魚なら安全か?」と聞く人がいますが、そんな魚はありません。生協の魚なら大丈夫か?とか.生協で仕切られた海も生け簀もありません。グリーンピースなどが実際に店で買った魚を調査したデータを発表していますから、心配な方はそれをご自分でチェックして下さい。私たちは多くの作業員さんたちの犠牲のうえにたって、かろうじて生活している事を忘れないで下さい。世界の多くの国は日本の農水産物を輸入禁止にしています。それを日本政府は台湾・韓国に対して岳「WTOに訴える」と息巻いているのは滑稽でしかありません.実際自国で検査した結果に基づいて「輸入禁止」にしている方が正常なのです。今度の日曜日は311です。東電に対して何か行動していただきましたか?
▼今週のNHKラジオ「健康ライフ」では新しい人と会話をする努力をしている人は惚けない。また色々な団体の役員を引き受けた人の方が惚けないという研究結果を発表しています。相手を説得して人間関係の調整を積極的にする事が必要だとしています。何時も同じ人としか話していないあなたは大丈夫?今晩は原子力規制委員会の夜の特別会の傍聴に行ってきます。重い機材を担いでいってツイキャス中継をしても見る人が少ないので、対費用効果を考えYouTubeのみになります。YouTubeもご覧にならない、ましてツイキャスを見ない.眼と耳を覆っていれもフクイチの放射能は今も降り注いでいます。

|

March 06, 2018

感動した2つのテレビドキュメンタリー。

▼メルマガを送信して遠方にお住まいの方から一通だけ感想のメールをいただいた。最終日はかなりエネルギーを集中しなければならない。毎回これでは次号は無理だろうと考えて送信を終える。編集後記で書いたように行事つまりわたしの場合は、毎週3日から4日はデモなどの行動に参加・取材している。「あいつは好きで行っている」という人もいることは承知している。わたしも夜は出歩かずに家でヨコになっていた方が身体にも楽だ。しかし一部の新聞では国会周辺やその他の抗議行動に沢山人が集まっているかのような写真が掲載されている。しかしこれらは写真の撮る角度をごまかしたウソである。実際は大勢は集まっていない。黙っていたら安倍晋三の言いなりの国になってしまう。「改憲案は絶対発議させない」と言葉だけは威勢が良い。しかしこの数年阻止できた悪法は一つもない。「共謀罪法安」だって牛歩戦術で抵抗するかと思えば、さっさと一票投じてすまし顔だ。これが大人の政党の素顔なのか?
▼この土日感動したドキュメンタリーが2本あった。一つは金曜日夜のNHKドキュメント72だ。今回は浅草のバッティングセンターの話だ。中ほどで小学生がそこで指導者から捕球(キャッチャー)の練習をしていた。練習を終わって防具を取り外すと、可愛い女子小学生の顔になったので驚いた。彼女は将来「どうしても女子プロ野球選手になりたい」、と言い出した。父親は野球にはまったく興味はなかったが数册の本を読んで捕手の基本を学び、娘さんの夢を果たすべく厳しい指導をこのバッティングセンターで週に数回行っている。そして訓練が終わると近所の甘味屋さんに立ち寄るのが楽しみにしているという。可愛い娘の夢を実現させるために、父親が必死に娘を指導している姿にうたれた。
▼もう一つは日曜深夜の「NNNドキュメンタリー『夫の心が女になった〜夫婦ってなんだろう〜』だ。北九州市に住む宮崎京子さんは結婚31年目にして夫の猛志さんから、ある日突然「自分の中には女性の部分がある」と言いだし化粧から着る物まで女性と同じにしてしまう。妻はその申し出にかなり迷う。二人はクリスチャンだったため、冷静に考える余裕だけはあった。夫はミュージシャンとしてあちらこちらに行って演奏などをしていた。しかし女性になりたいという気持ちは捨てがたく、ある日カミングアウトする。化粧から次第にスカート、ハイヒール姿になって変身していく。幸い擁護施設の責任者が理解ある人で、彼が施設の慰問として歌を唄ってくれるよう依頼する。それが喜ばれ、彼も次第に自信をつけていく。そしてLGBT(トランスジェンダー)がテーマで高校からも講演に来て欲しいという要望も出始める。猛志さんは自らを“ローズ”と名乗り、あちこちで歌を唄い、女性として認めてほしい」と化粧をし、ミニスカートにハイヒール姿で日常生活を送る。妻はとまどいながらもそれを認め静に生活を送る。再放送は11日日曜日昼間です。
▼なぜここまで延々と書いたか?それは日曜日に見た「ナチュラルウーマン」の前振りだからだ。明日の本編を待て。

|

March 05, 2018

わたしの友人は、あなたの友人ではない。

▼課題が多くてブログを書く時間が取れない。書いてもメインの部分で意見がくれば良いが、枝葉の部分でコメントが、来たりするとガッカリする。土曜日は隣りの会社で住民サービス向けにクラシックのコンサートが開かれた。それにあたり、担当者からわたしに人数の集約をして欲しいというメールと電話で連絡があった。直接お会いしてポスターをいただき、マンションの掲示板にA4のポスターを貼ったがまったく申し込みがなかった。しかたなく一週間後、個別訪問をした不在のお宅もあるし、顔見知りでない人もいるが半数くらいは回ってどうやら5人くらいになった。それからさらに1週間後マンションの定期総会があったので訴え、10人余になった。前夜のキャンセルも1人あったが、どうやら格好は付いた。昨日出かける前に2Fに住むお年寄りから玄関の所であったが随分感謝された。その方はかつて、隣り駅チカのクラシック演奏ホールの会員になっていた。しかし腰が痛くて永いあいだは座っていられないという。ところが徒歩3分で本格的なコンサートはとても楽で楽しめたと仰っていた。ことごと左様に、人集めはメール1本や、ツイッターやリツイートで呼び掛けても絶対集まらない。まさに個別撃破の総当たり作戦でいくしなかん。
▼同じ時間わたしは、井筒さんの講演会のツイキャス中継をしていたので、呼び掛けはしたがコンサートには参加できなかった。その一週間前にも勉強会の会場の旧友?らしき人が声を掛けて下さった。一週間前の都立病院の存続問題学習会は10数年ぶりにあった人物である。過去の経緯から、彼はあまり信用できる人物ではない。こちらが何をしているか探りを入れてきたので、適当に答えたおいた。その1週間後も10年ぶりにあった人物である。過去にわたしが開いていた勉強会等はどうなっているか?、という。「人が集まらないから止めた」と答える。さらに貴方に年賀状を送っても返信もないから、今年から止めたとも伝えた。すると自分は、近年年賀状はおくらない事にした、という。それならはっきり言えよ。50歳過ぎてから新しい友達は作れない。それまでに作る努力をしろ、とわたしは言い続けて来た。わたしの友達は貴方の友達ではない。信頼関係というのは、例えば5年前国会周辺の原発反対行動に参加したとき、回りは知らない人ばかりで心細かった。それでも毎週夜遅くまで行動を共にして顔見知りができる。その後も場所を変え、雨の日も極寒の日も夜遅くまで行動を共にして信頼される。自分の都合だけのこのこ出て来て、友人面をするな!以上2名とは今後も会う事はないだろう。
▼2週間前都立病院の存続問題学習会があり録画してアップも済んで公開直前状態になっている。しかし主催者から10日過ぎてもOKの連絡がない。もう一週間前からパブコメ募集も始まっているのに、もったいない事ではある。
▼昨日は毎月一度首相官邸前で開かれる、愛国者の街宣のツイキャス中継に参加させていただいた。参加者が少なそうだったので、事前にスピーチさせて欲しいとお願いする。目の前にいる若い警察官は話を聞いている。遠くにいる年配の警察官がもしわたしの事を知っていれば「あいつ、いつから右になったのだ」と思ったに違いない。スピーチが終わって日比谷野音をかすめる。ここでは全労連系の反原発集会が開かれているようだが、隙間から覗くとあまり集まっているようには見えない。わたしには別の用事がある。今週木曜日までに映画を2本見なければならん。ガード下でブラックステーキカレーを食べたが950円で美味だった。写真を撮ろうとしたらiPhoneのカメラが立ち上がらない。食事をすませて50mほど歩いてマリオンの前に来たら、官邸前で行動していた人たちがいる。映画までは1時間余、時間があるのでお断りして中継する。短時間なのに、アクセスは90人ほどになった。
▼それが終わってシネスイッチで「ナチュラルウーマン」を見たがとても面白かった。わたしは3分の2くらいまでダマされていた。ダニエル・シュミットの「ザ・パロマ」のような作品だった。
▼今週木曜日午後ひらかれる某記者会見に参加申し込みをした。OKになったが、過去にいかがわしい連中が紛れ込むことがあったので会社名の入った腕章を着用して欲しいと言われた。取材の仕事で使う他社の腕章は持っているが、自社のはな。さっそく融通の利く会社に頼んで至急で発注した。校正も終わったので明日あたりには腕章は到着するだろう。

|

March 02, 2018

長野へ日帰り見舞いにでかける。

▼きょうはこれから施設に入所している母の見舞いに日帰りで行ってくる。いつも一人の説きは最もお金のかからないバスを使う。しかし今回は家族一緒なので、軽井沢まで新幹線.その先はしなの鉄道で、目的地から施設まではタクシーで往復する。バスはあるらしいが一日1本しかない。それでタクシーは面会の間待たせて、そのバスにのって最寄り駅までもどるという慌ただしさだ。実は10年前に他界した父も同じ敷地の中の入院していた。その時に見た、冬の氷柱には驚いた。その時は小型4DWを持っていたので、好きな時間に行き来できた。しかし高度1000mの高原にある、その施設までは雪をかき分け行くのは大変だった。しかしその高低差のため道路などを維持運営する自治体はインフラの整備に莫大なカネを必要とするらしい。そのためこの市は長野県で消滅都市の一位にランクされている。
▼この見舞いを利用して、フクイチ事故で住む家をなくして、長野に避難している人物を取材しようとしてみた。しかし相手は午後5時以降でないと時間が取れないということで諦めた。その代わり編集長が長野市までバスで往復して取材することになった。わたしの目的地は片道3時間だ。その先の長野市だと片道5時間で、往復10時間になる。とてもわたしの体力的では、保ちそうにない。
▼今週の仕事は昨日までに一応終えて、メールの納品は無事終わった。風邪薬を服用すると眠気が襲ってきて随分苦労したが、これで1日はゆっくり出来そうだ。

|

March 01, 2018

本当かどうか分からない話…。

▼風邪薬を飲んでいるので集中力に欠ける。しかし原稿の締め切りは待ってくれない。昨日はそのフラフラの頭で午前中に一本完成させた。先日でかけたおりに、近くにある蒲団屋さんによって座布団を1枚買い求めた。2年くらいまえに買い求めたのだが、煎餅のように薄くなってしまい、本来の役目を果たさなくなった。今回買うとき、その説明をすると「天日で干せば本通りになりますよ」と言われた。もちろんそれも繰り返しているが、限界を超えてしまった。
▼明日は日帰りで寒い国に日帰りで往復する。これも身体には堪えるが、風邪の峠を越したので大丈夫だろう。「寒い国から帰ってきた編集者」になる。毎月1日にPCのウィルス対策ソフトのレポートの報告がでる。それによれば「スパイウェアが6個」攻撃があったとでた。
▼以下某日某所で聴いた話でどこまで本当か分からない.某国首相の夫人の交友関係から、麻薬か覚醒剤の調査をしえちた厚労省のマトリが事件をでっち上げられて、警察に逮捕されてしまったという。中々真相には迫れない。もしも迫っていたら大スキャンダルで現政権は吹っ飛ぶ。
▼都下某米軍基地を含む地域の警察。その人物が近所の大麻を常習している青年がいることを掴んで警察に訴えたが、「この地域では麻薬と、外来生物は事件として扱わない」と相手にされなかった。米兵が上陸もしくは外国から戻って来ると居酒屋などの換気扇の側で、マリファナの匂いがもの凄い。それも現場に警察官を連れて行って訴えた。しかし警官は「そんな匂いはしない。貴方はなぜマリファナの匂いを知っているのだ。もしかして常習犯ではないか」と逆襲されたという。事々左様に基地の街では麻薬類が蔓延していて、治外法権下しているので、取り締まる気配はまったくないという、事だった。
▼7日夜に開かれる理事会議の傍聴をもうしこむ。夜に友人宅に電話して、彼の家の近くの集会所で開かれる3日午後の学習会を誘ったら、既に行く予定を建ててくれていた。

|

« February 2018 | Main | April 2018 »