« 本当かどうか分からない話…。 | Main | わたしの友人は、あなたの友人ではない。 »

March 02, 2018

長野へ日帰り見舞いにでかける。

▼きょうはこれから施設に入所している母の見舞いに日帰りで行ってくる。いつも一人の説きは最もお金のかからないバスを使う。しかし今回は家族一緒なので、軽井沢まで新幹線.その先はしなの鉄道で、目的地から施設まではタクシーで往復する。バスはあるらしいが一日1本しかない。それでタクシーは面会の間待たせて、そのバスにのって最寄り駅までもどるという慌ただしさだ。実は10年前に他界した父も同じ敷地の中の入院していた。その時に見た、冬の氷柱には驚いた。その時は小型4DWを持っていたので、好きな時間に行き来できた。しかし高度1000mの高原にある、その施設までは雪をかき分け行くのは大変だった。しかしその高低差のため道路などを維持運営する自治体はインフラの整備に莫大なカネを必要とするらしい。そのためこの市は長野県で消滅都市の一位にランクされている。
▼この見舞いを利用して、フクイチ事故で住む家をなくして、長野に避難している人物を取材しようとしてみた。しかし相手は午後5時以降でないと時間が取れないということで諦めた。その代わり編集長が長野市までバスで往復して取材することになった。わたしの目的地は片道3時間だ。その先の長野市だと片道5時間で、往復10時間になる。とてもわたしの体力的では、保ちそうにない。
▼今週の仕事は昨日までに一応終えて、メールの納品は無事終わった。風邪薬を服用すると眠気が襲ってきて随分苦労したが、これで1日はゆっくり出来そうだ。

|

« 本当かどうか分からない話…。 | Main | わたしの友人は、あなたの友人ではない。 »