« 世界史が逆転するような話が、密かに進んでいるらしい。 | Main | NHKBSでアフリカの「少年兵」問題を見た。 »

June 14, 2018

梅雨時とはいえ、ツイキャス中継に雨が降られる。

▼雨は苦手である。しかし梅雨時の季節なのでよくふられる。ツイキャス中継をしているので、雨だと傘や雨具の荷物が増える。6月6日以降5割くらい降られている。雨の翌日は三脚からカメラ一式を陰干しにして、湿気を拭き取らねばならない。カメラだけなら、ビニールかスーパーのポリエステルで覆えば良い。しかし照明のライトはそうはいかない。傘を固定する金具など、色々試して見たが、しかし突風が吹くと転倒して危険だ。
▼8日は普通だった。しかし翌日の土曜日の秋葉原NAJATは猛暑で、たった1時間なのに、ペットボトル1本では足りなかった。翌日は小雨降る中、千葉からバスに乗って30分の場所まで取材に出かけた。指定のバス停で降り、会場が分からないので、取材対象の方に携帯電話をするが出ない。住民らしき人に場所をお聞きしてどうやら時間ギリギリで会場に到着する。連絡した人に「携帯が繋がらない」とお話しすると、「今日は携帯を持って来なかった」という。免許不携帯は罪になるが、今の所携帯電話不携帯は罪にはならない。その方は、単なる取材で行ったわたしを参加者全員にご紹介して下さったので、恐縮してしまう。会議は3時間ほど、この路線のバスは、日曜日は1時間に1本しかない。バス停で濡れたまま待つのはいやなので2kmちょっとの道をJRの駅までとぼとぼ歩く。こういう取材は車を持っている地元にお住まいの方に行って欲しい。このダメージはその後4日間続く。
▼火曜日も降られた。一応空模様が危なかったので雨傘と合羽はもって行った。弁護士会の中継が終わってから、通常は都営浅草線に乗る。というのはラッシュ時間帯なので大きな荷物を持っていると、あからさまにイヤな顔をされるからだ。JR線はラッシュの真っ最中。昨日の疲れも残っているので歩数が少なくて済む、JRにしたら事故があって大混乱に巻き込まれた。しかも電車の中の月刊「文藝春秋」の広告は「日本は核武装せよ」という外国人の書いた記事がデカデカとぶら下がっており、米朝会談に意図的に水を差すような派手な見出しが目についた.中継中の午後7時頃にも仕事の疑問点の電話がはいる。わたしは先週の金曜日に指定より早めに納品してあるのに、間際に注文を言ってくる。これは先様の仕事の段取りの悪さだ。仕事の連絡は9時から5時の間にして欲しいと、翌日メールを送った。さらに自宅近くになって「猫ちゃんの具合が可成り悪く、吐瀉している」という連絡がはいる。
▼しかし思うのだが、昨日NHKが国会中継をしないとツイッターでのツイートやリツイートを数件散見した。だがいくら「犬HK」」と悪口雑言を並べても影響はまったくない。直接NHKのご意見拝聴係りに紳士的なメールを送った方が影響を与える。

|

« 世界史が逆転するような話が、密かに進んでいるらしい。 | Main | NHKBSでアフリカの「少年兵」問題を見た。 »