« ◇「フジコ・ヘミングの時間」を見る。 | Main | ダム放水で言い逃れに終始する国交省。 »

July 16, 2018

氷河が溶けると地球の水位は66メートル上がる。

▼わたしが言うまでもなく,東京は猛暑である。みなとくの空をまもる会(飛行機の低空飛行反対)が15日午後青山でデモをするのはツイートなどで承知していた。しかし土曜日延べ2kmほど歩いたら、撮影機材を担いで歩くのは無理だと思って参加しなかった。日曜日の朝は10ch系で「サンデーモーニング」という番組がある。後半今夏の暑さについて意見交換をしていた。レギュラーの青木理氏は出身地はわたしと同じで、かつ高校はわたしの後輩になる。しかし面識は一切ない。彼は夏でもエアコンはなかったが、戸を開けると風が入ってきて涼しかった、という。たしかにその通りである。わたしの実家は蚕室を改造した吹き抜けのよい家だった。北側の戸を開けると夏でも寒いほどだった。お金がなかったから、屋根はトタン板、蒲団は藁布団だった。綿布団は昼間天日に干しておくと風でもかなり温かかった。トタン板は夜、月光に当たると輝くらしい。それをゲンゴロウは、湖と間違えて突入する。気を失ったゲンゴロウを捕まえて風呂の残り火で焼いて食べると、とても香ばしくて美味だった。そんな事をふと思い出した。
▼何処かで,氷河が溶け落ちて津波が来ると大騒ぎになっている。地球温暖化の問題は何度も取り上げた。近くでは1ヶ月前のCO2と化石燃料の学習会とケニアの水害問題だ。千葉の旧川崎製鉄跡地に2年後100万キロワット(原発1基分)の火力発電所の建設が計画されている。氷河が全て溶けると地球の海面の水位は約66メートル上がる。江戸川が決壊しても30mくらいと言われているから東京23区は人が住めなくなるだろう。7年くらい前にリオデジャネイロに行った時、現地の人は水位が上がっていて、将来リオは水面下になるだろうと予測していた。南極に近いほど早く影響はでるが、それは遅からず北半球にもやってくる。
▼ならばどうするか?化石燃料を使った工業生産を一切止める。自家用車を止める。例え電気自動車でも元はと言えば火力発電を使っている。電気自動車だから環境に負荷をかけていないと安心するのは、はやとちりである.NHKBSの「シリーズ“脱炭素革命”1~3▽激変する金融ビジネス “石炭”からの投資撤退」は今オンデマンドでご覧になれる。地球が壊れる前に、ご自分に何が出来るかお考えいただきたい。

|

« ◇「フジコ・ヘミングの時間」を見る。 | Main | ダム放水で言い逃れに終始する国交省。 »