« 20日夜も国会前に出かけたが、参加者は少なかった。 | Main | NHKご意見拝聴係りに朝一番でメールを送る。 »

July 22, 2018

危うく「熱中症」になりかけた日。

Img_0175
(九十九里町は平和都市宣言をしている)
▼猛暑の土曜日遠くまで取材に出かけた。九十九里町役場の裏にある公民館である。我が家から電車バスを乗り継いで約3時間。持ったのは冷蔵庫で冷やしてあった市販の麦茶500cc1本だけ。乗り継ぎの駅名や時間は事前にメールで受け取ったが、遠かった。都内から千葉駅に行き、外房線東金駅まで行くのだが乗り継ぎが良くない。千葉で30分、大網で20分。この大網で昼飯の弁当を買おうと思ったが駅構内に売店はない。買うならば改札を出て数百メートル先にあるコンビニまで行かねばならない。おそらく夏場以外は売れないから閉めてしまったのだろう。東金駅に着くと4分の待ち合わせでバスがでるので、飛び乗る。40分ほど乗車して終点間近に町役場はあった。会議まで20分余。回りを見渡してもコンビニすらない。
P1040518
(アルゼンチン大統領官邸前。禁転載2011年)
▼焼きソバの店はあったが、わたしは中華麺は大嫌いである。特にラーメンは食べると気持ち悪くなる。中国が嫌いだからと言うわけではないが、あの冠水がダメだ。だからインスタントは大丈夫。映画「南極料理人」のなかに持っていったインスタントラーメンを夜中に食う奴らがいて、ついにに品切れになる。そうなると余計食べたくなるのは人情である。隊長の生瀬勝久が料理人の堺雅人に「何とか作ってやれないか」というと「かんすいがないからダメです」という。その後隊長が「かんすいいの成分は炭酸ナトリウムと炭酸カリウムの混合物で、リン酸塩が混合されている場合もある。」、という試案を出し,見事手作りかんすいは成功して越冬隊一同狂喜乱舞する。
P1040517
(フォークランド帰還兵の抗議、禁転載)
▼だから結局たべるものはなかった。講演会は今週の木曜日までに原稿にしなければならない。九十九里町の豊海には朝鮮戦争直前に米軍の高射砲演習場が作られた。誰が取材に行ってもいいような内容だが、一応軍事オタクが行った方が、分かり安い記事を書くだろう、ということで選ばれたのだろう。会議の資料はもらったし、最後までいると帰宅するのは午後8時ころになりそうなので、3分の2が終わったところで離脱する。何も食べていないので目眩がして最後は吐き気がした。日射病か熱中症の症状と同じだ。午後6時頃出発駅にたどり着く、家族に電話で相談すると、「危険だから何でも良いから食事をして水分をとれ」と言われる。そこで駅ビルのパン屋さんでサンドイッチと牛乳を流し込んで家までたどり着いた。危ないところだった。夜も猫ちゃんにリンゲル注射をする余力もなく、寝てしまう前夜も決して早い帰宅ではなかった。
▼1週間ほど前にNHKBSで「サッチャーの戦争」(タイトルは若干間違っているかも知れない)という番組が深夜放送された。マルビナス(フォークランド)を占領したアルゼンチン大統領は、当時国の経済状態が悪く、失業率も悪かった。そこで国民のナショナリズムに訴えた人気を回復しようとして、フォークランドより更に西の島(名前は忘れた)をためしに占領してサッチャーの反応を見る。すぐ反応しなかったので、フォークランドを占領する。ただ占領に使ったのは,正規軍ではなく臨時にかき集めたにわか兵士だった。そのためアルゼンチン側の兵士でけで700人死亡した。イギリス側は250人だった。当時のレーガンを仲介者にたてて交渉すれば、そんなに大勢の死者を出さずに済んだ。
▼わたしがブエノスアイレスのアルゼンチン大統領官邸前に行った時、急に人が集まって何やらもの凄い抗議活動が始まった。スペイン語は分からないので写真を撮って、帰国後アルゼンチンに住んでいる友人に理由を尋ねた。するとフォークランド戦争にかき集められ戦争に行かされ戦死したり、怪我をした兵士が,未だに補償されていないことに抗議しているのだ、という事だった。

|

« 20日夜も国会前に出かけたが、参加者は少なかった。 | Main | NHKご意見拝聴係りに朝一番でメールを送る。 »