« ◇「返還交渉人/いつか沖縄を取り戻す」を見る。 | Main | 日欧EPA反対官邸前抗議に参加した日。 »

July 11, 2018

自分の耳と眼を研ぎ澄ませて生きろ!

▼今回の中国地方の豪雨で、逃げ遅れた人に共通している事がある。「緊急避難の警報がなかった」、「隣り近所の人は逃げていなかった」、「自分だけは大丈夫だと思った」「たいした事はないと思った」などである。わたしは友人たちに放射能やセシウムの事、原発再稼働のことをお話ししているが、聞いてもらえない。首都圏でセシウム濃度が一番高いところにお住まいの方も「見に行ったがみんなパラソルの下で釣りを楽しんでいた。(だから大丈夫?)
▼テレビなどで逃げおおせた人は、「他の人はともかく、自分の判断で逃げて助かった」と口を揃える。テレビではウェラブルカメラをつけた息子が、一旦避難して家に残っている父親に避難を促す。水は1階の床上まで来ている。それでも父は「テレビが濡れる」と重いテレビを2階に引き上げようとしている。息子は仕方なくテレビだけ2階に上げるのを手伝って,父親を屋外で導く。するとその時汚濁水は、大人の胸の位置まで来ていた。これから分かる事は、官製の情報に頼っていたら殺される、ということだ。自分で情報を集め、車に頼らず早く行動することだ。
▼ジャーナリストの鈴木耕三とはデモクラTV発会式でお会いして顔見知りである。鈴木さんが最近のツイートで亜安倍首相をヨーロッパの日欧EPA交渉に行かせなかったのは、市民のSNSの呟きの力だと書いていらっしゃる。そして今朝は「、ついにフランスの高級紙「ル・モンド」も、安倍首相の姿勢を疑問視し、2日間も放置しておいて「時間との戦い」と言い出したことを批判した!!と言っている。そうなくても議員会館の中で自民党の議員が大勢集まって酒盛りして写真が出て,国民の怒り爆発した。声を出さない、抗議をしないのは安倍政治を認めていることと同じ。NHKの世論調査を見聞きするたびに「どちらとも言えない」が「反対」よりも圧倒的に多いのは何故だろう?自分のアタマで判断できないのだろうか?声をだすのすら怖い?まさかそんな事はないだろう。
▼iPhone6sの具合が悪くなり,猛暑のなか修理してもらいに出かけた。3月頃からカメラにすぐ切り替わらなくなってしまった。再起動を繰り返すと、どうやら動く事がある。だから「イザ」というタイミングを失ってしまうことが多い。電話で相談したら「OSのバージョンアップが良くないのかも知れない。全部削除して入れ替えろ」と言われたが、やったら2~3時間もかかるので、そんなヒマはない。バッテリーの消耗が原因かも知れない、というので持参して約5千円払って交換してもらった。まだ結果は出ていないが、カメラは撮影時に赤い線がでるのは、その機能はかなり劣化しているという。騙し騙しあと1年は使そうだ。

|

« ◇「返還交渉人/いつか沖縄を取り戻す」を見る。 | Main | 日欧EPA反対官邸前抗議に参加した日。 »