« 6日朝8時に飛び込んで来たニュースは… | Main | シンクが、壊れたら部分補修する。 »

July 08, 2018

築地水神社取り壊しは、日本軍の手口とまったく同じ。

Img_1877
(築地市場の豊洲移転に反対するプラカードを持って協力して下さった,外国人観光客)
▼昨日築地波除け神社前で豊洲移転反対の行動があったので参加した。実は金曜日の水道法にも行こうと思って準備をしていたが、雨が強くなりそうなので、二の足を踏んで日和ってしまった。機材が濡れたりすると、乾かないうちに再出動しなければならない。行動は1時間で、市場の敷地のなかにある水神様を氏子に相談せず、強制撤去している。神社や仏壇などは移転・廃棄するばあいには、該当する職種の人に「魂抜き」をしてもらわなければならない。この水神様の場合はこの地域を包括する神田明神の神官が出張して抜いて持ち帰ったらしい。
▼先週火曜日の官邸前抗議が終わった後、こういう手口は旧日本軍のやり方に似ているという話が出た。そういえば朝鮮の「閔妃虐殺」の時も日本軍が閔妃を徹底的に捜し出し,死体を検証して骨まで持ち帰った。閔妃とは今の日本言えば美智子妃殿下のような人で、その優しい人柄が国民に慕われていた。彼女を亡き者にすれば、国民は心のよりどころをなくして混乱すると,日本の軍部は考えたのだろう。詳しく知りたい方は「閔妃虐殺」といいう本があるので、ぜひお読みいただきたい。
▼水神様を取り壊した側は,築地市場移転反対派は水神様さえ移転させてしまえば,抵抗するのを辞めるとでも考えたのだろう。しかしこういうのは「天に唾する」ものたちのやることである。抗議が終わってTさんと映画の話で夢中になっていたら、地下鉄大江戸線を逆に乗ったことに気付かなかった。六本木まで来て気づき、両国に戻った。本当は銀座に出て映画を見ようと思っていたが、重い三脚を背負っている疲れがドットでてしまい、そのまま
帰宅して表に出ることはなかった。
▼テレビは広島、岡山、四国の水害のニュース、夜8時頃には震度5で千葉東方沖地震が発生した.NHKのニュースでは「東海第二は動いていないので心配ない」とすぐさま一報。動いていなくても微量の放射能は出続けている。稼働していれば、関東全域が避難準備になる。しかし友人達はそういう心配がないらしい。新聞一紙で間に合わせている人は,一つの情報だけを信じ続ける。
▼例のオウム事件で死刑になった人たちの事は「首相動向」によれば7月3日に伝えられていたらしい。何があっても国会周辺に自主的にあつまる人たちは少なくなった。死刑が執行された東京拘置所の回りに蝋燭をもってたった人もゼロだった。「ザ・ビッグイシュー」7月1日号によれば雨宮処凜さんと、森達也、宮台真司、田原宗一郎、香山リカ氏らは,死刑が近いと噂されるなかで、死刑執行なあ真実は闇の中、「オウム事件真相究明の会」を立ち上げと報じている。なかでも映画作家の想田和弘さんは「いくら重大な事件を起こした人でも,司法の枠組みのなかでルールに則ってやられるべき」と話しているが、同感である。

|

« 6日朝8時に飛び込んで来たニュースは… | Main | シンクが、壊れたら部分補修する。 »