« 行事や抗議が多くても身体はひとつ | Main | ◇「万引き家族」を見てきた。遅まきながら… »

July 05, 2018

夏はTシャツ3枚で抗議に頑張る。

▼昨日は原子力規制委員会の傍聴に行かなかったので、仕事は夕方までに、メドをつけることが出来た。今朝疲れの取れた眼で再度チェックして3ヶ所に送信を終える。しかし土日に出かける取材や抗議に参加することが多いので映画は見ることが出来ず、ペンディングになっている。今夕の抗議はサボって編集長に泣きついてシネマのもう1本の締め切りを、1日延ばしてもらう。今「延ばして」と入力したら「野馬して」と変な誤変換をした。
▼昨日はまず神田の日本原電に行く。夏は汗をかく量が半端ではないので、1日3回もTシャツを取り替える。Tシャツはいただいたものから、近所の古着店や、救世軍のバザーで買う。昨日は古着ショップで買った女性歌手のイベントのシャツを着て原電前にいったらおばちゃんたちに冷やかされた。Tシャツも猛暑の時は薄手てないと蒸れる。もう10年近く前になるが「通販生活」で当時のミャンマー軍事政権を批判するTシャツを買ったら、前面が巨大なプリントがあって蒸れて参ってしまった。
▼原電前には前夜のうち合わせ通り、顔なじみのSさんがいらしていて内幸町の東電に移動するとき、重い三脚を自転車に乗せて移動して下さったのでとても助かった。しかし東電前はいつものように風が強い。三脚につけるフックを持参したが、ひっくり返ってしまう。それで最後まで三脚の足を支えたままだった。今の焦点は東海第二の再稼働問題である。ここで事故が起きたら茨城だけでなく、千葉、東京も確実に避難指定区域に入る。その時逃げられる科と言えばノーである。道路は陥没して地図は一切頼りにならない。さらにガソリンスタンドに行っても、タンクは空っぽで長い間待たされる。結局歩いて逃げるしかない。
▼覚悟を決めて家の中に目張りをして住み続けるか?しかし311の時もコンビニのなかには水や食料は売り切れていた。そうならないように重い腰を上げて抵抗運道に参加するしかない。昨日の東電前で福島を出て関西方面に避難している女性が発言していた。東京でも、こうやって東電に抗議している事を知ってありがたかったとお話ししていた。明日はわが身だから,皆さんで切ることをしましょう。

|

« 行事や抗議が多くても身体はひとつ | Main | ◇「万引き家族」を見てきた。遅まきながら… »