« 朝顔は咲かないが蝉はとまって休息する。 | Main | 東京医大は東京男子医大に名称を変えるきだ。 »

August 02, 2018

夜になっても身体は火照って汗は引かない。

Tokyodeno
(東電本店の前で「東京電力ノー」を唄うみなさん)
▼溶けるような暑さ。午後近所のスーパーに買い物に行った帰り途、一人の男が親しそうに近寄って来た.怪訝な顔をしていると、「サンケイスポーツです」という。続けて「サンケイ新聞読んでください」とも。わたしは「サンケイとは考え方がまるで違うから読まないよ」と答えると、セールスマンは通り過ぎて行った。飛び込み営業というのはあるが,これは路上で「客引き営業」だ。ましてやわたしはスワローズのファンでもないから、読まない。
▼某監督のインタビュー原稿は昨晩深夜OKになった。力作なので(自画自賛)ぜひお読みいただきたい。
▼昨晩は日本原電本社から新橋の東電本社の抗議に行った。シャツは3枚くらい取り替えないと、汗びっしょりになり、絞ると汗がしたり落ちる。ツイキャスとビデオカメラを支える三脚は数本持っているが、ビデオカメラの大型三脚はしっかり締めないとずれて三辺が不平等に下がる。昨晩もその症状が出て、一瞬「あっ熱中症でおれは倒れると錯覚して、急に気分が悪くなった。だが足に力を入れて踏ん張ると、倒れつつあるのは三脚のほうなのでホッとした。抗議が終わってから何時もの地下鉄は止めてJRに乗って帰宅した。一ヶ月前より車内は空いていて冷房が効いていたので楽だった。問題はJR駅から重い荷物を背負って、1kmの距離を歩かなければならない。バスは時刻表で10分後だったので、汗だくになって歩いた。
▼風呂に入って発泡酒を1本飲んでも全く効き目はない。次は自作のハイボール。どんなに頑張ってもコンビニや酒屋で売っている缶ハイボールと同じ味はでない。それでも汗は引かないので、小豆アイスを囓ったら要約汗は引いた。今日中に東海第二再稼働反対パブコメを書こう。
▼昨晩はツイキャスカメラの熱暴走対策に保冷剤を3個持っていったが、使わずに済んだ。
8月1日東電本店前原発事故の責任を取れ、第59回抗議: 、@YouTube

|

« 朝顔は咲かないが蝉はとまって休息する。 | Main | 東京医大は東京男子医大に名称を変えるきだ。 »