« 「ブエナビスタソシアルクラブ」アディオスを見る。 | Main | 「刑事フォイル」からイギリス現代史を学ぶ。 »

August 09, 2018

死ぬまでにすべき3つの事柄。

Img_1990
(DVDとハバナで買ったCD右)
▼昨日は重大な事件が起きた.ご存じのように沖縄の翁長知事の死去である。心から冥福をお祈りしたい。翁長さんは日本政府に殺されたようなものだ。1週間ほど前に沖縄防衛施設庁に「辺野古の埋めたて取り消し」を命令しあたばかりだった。ところが施設庁は言を左右して、すぐにそれに応じず先延ばしにしていた。施設庁は翁長さんの病状を知った上で先延ばしにしたのだろう。午後2時頃のニュースで「翁長さんが、意識混濁から呼吸困難になって辞職して権限を副知事に譲った」という。バ○記者達は「翁長さんが直接そういったのか?」と突っ込む。副知事は「前からそういう取り決めになっていた」という。
▼その頃からネットニュースに切り替えた。そして終に「死亡」のニュースが流れた。翁長さんももしかしたら自分の寿命を察知して「辺野古の埋め建て取り消し」を早めたのかもしれない。友人の言葉を借りれば「もっと死んで欲しい人沢山いるのに…」という事になる。
Img_1992
(下記辺見庸さんの記事)
▼8日の東京新聞夕刊に「オウムの全死刑囚の執行終了/気づかざる荒みと未来」「人びとはこれを望んだのか」という辺見庸さん文章が掲載されている。わたしがここに、その記事をアップするのは著作権法違反になる。東京新聞は夕刊だけという契約もあるのっで、それで読んで頂きたい。「さながら古代である。.計13人の処刑が終わった」ではじまる。ついで死刑囚に接見したときの記述がある。最後は「アンダーグラウンド」の村上春樹批判する。そして「死刑制度は究極の退廃である」と締め括る。辺見さんでなければ書けない文章である。
▼昨日「ブエナビスタソシアルクラブ」で書き残した文章があった。映画を見た直後にメモしてあった。演奏家の一人(CDジャケットの一番左の人物だったと思う)が最後に呟く。「おれはホセ・マルチェ(カストロの思想の原点ともなったキューバの思想家)の言いつけを守ったぜ。1)木を植える。2)子どもを作ること。3)本を書く、この3つだ。みなさんは、いかがですか。
Img_1991
(買い換えたキーボード、下が新品。欲しい方には上の旧品を差し上げます。送料実費ご負担下さい)

|

« 「ブエナビスタソシアルクラブ」アディオスを見る。 | Main | 「刑事フォイル」からイギリス現代史を学ぶ。 »