« メガネは読書の必需品です。 | Main | 免許更新で認知症検査の日時が決まる。 »

September 23, 2018

徹夜で仕事をやり切り、疲れがでた日。

▼昨日22日朝9時に納品しなければならない仕事があった。外が明るいうちは集中して仕事ができない。上手く行ったら金曜日の夕方に納品できるかと思ったが、作業手順が難しい。さらに一回やって点検したら、問題が出て来て3分の2はやり直しの作業が必要になる。半ば徹夜して午前3時に、いったん終了させ小休止。さらに午前5再起動して作業を続行し、6時半には完成させる。データは15メガ程度なのでメールで送れない事はない。しかし相手はメールで送りつけても不親切と思われる。午前8時最寄り駅から終点に向かって電車に乗り込む。会議の会場は駅から徒歩10分くらいのホテルの5階だ、担当者にはDVDとねんのため、USBのデータと二種類作って来たので手渡す。さらに使った資料や写真も返還して終わり。
▼機材ももっていないし、疲れ切って気力・体力もないので、帰宅。昼食後1時間仮眠して午後2時から図書館主催の講演会に申し込んで会ったので出かける。現職の弁護士が映画「検察側の証人」に基づいて刑事裁判とは、検察の役割、被疑者の人権、にいついて縦横に語るというのが、その内容である。「後半前事前整理手続」についてかなり,詳しい説明があった。面白かったのは「倫理的問題(法は万能の剣か」で色々提起があった。とくに「古今東西の復讐物語」で小説や現実の事件が裁かれた経緯を考えさせるのは面白かった。「嵐が丘」「ハムレット」「仮名手本忠臣蔵」の復讐劇は正しかったのかどうか考えさせてくれた。まったく別件だが観光ガイドとして裁判所などの見学が紹介された。なかでも「9月29日に東京拘置所(小菅刑務所)でイベントがあり、拘置所内で食べられている食事や刑務所作業で作られた家具などの販売があるという。これには行って見たい。
▼昨晩の出川哲朗の「電動バイクの旅」嬬恋から軽井沢と、小諸を経由して別所温泉まで行った。小諸では1週間前に行ったばかりの駅前がうつしだされた。昼食の美味しい店を市民に聞くとソバ屋が紹介されたが、駅前から徒歩で7分くらいのところにある、わたしが行く旅に時々行く「丁字屋」(ちょうじや)さんという店だった。

|

« メガネは読書の必需品です。 | Main | 免許更新で認知症検査の日時が決まる。 »