« スケジュール通りに,仕事が進まない日々 | Main | NHKBS1「在宅死。死に際の医療」を見て考えた。 »

September 16, 2018

雨の日の撮影機材考

▼昨日は築地に出かける前、装備をどうするか悩んだ。雨が強くなるか、弱くなるかだ。レインスーツを着ていって蒸したら困る。結果として短パンに、合羽にした。問題は機材の保護である。小さな傘を2本用意したが何の役にも立たなかった。ビデオもツイキャスカメラもずぶ濡れ。帰宅してからが、また大変で雨水を拭き取り自然乾燥を待つ。然る後にキッチンペーパーで拭き取り,タオルで拭き,最後にドライヤーを使った。今後雨の強いときはどうするか?スマホとWifiを使ったツイキャス中継は止めビデオでYouTubeだけにしようと考えた。手入れは三脚も同じで。、全ての機材の乾燥が終わったのは、午後10時だった。
▼教訓として,雨でカメラやWifiが故障しても自己責任で視聴者に泣きつく訳にはいかない。雨の日は防水ビデオカメラ1本にする。
▼帰りにいつもの様に両国にでた。ここでバスに乗ると、JR駅とは違って、重い機材を背負って1km余も歩かなくても済む。停留所には、かつて永谷園のお茶漬けのCMに出ていた元力士が、若い力士の卵とタクシーを待っていた。
▼先週、終戦の2日前に成東駅空襲があり、駅職員や民間人が貨物列車を移動させようとして、積み荷の爆薬で死亡した記事を書いた。昔の事で証言者もおらず記事にするのはとても苦労した。幸い友人が2年前に、生き証人から聞き取り調査をしていた。ご本人に直接お断りして「引用と転載」の許可をいただいた。その記事を読んで下さった友人から「読んだ」という連絡をいただいた。何を苦労して書いても無視されることが多いので、とてもありがたい事である。

|

« スケジュール通りに,仕事が進まない日々 | Main | NHKBS1「在宅死。死に際の医療」を見て考えた。 »