« 南米移住も棄民政策の一端ではなかったのか? | Main | 家電小型店は大型量販店には太刀打ちできない。 »

January 30, 2019

白黒の寄せ集めで選挙に勝てるか?

▼昨日寒中見舞い状が届いた。肉筆で「頑張って下さい」と書いてあった。しかし彼はわたしよりも一回りも若い。わたしは体調が良くないが、やむにやまれぬ気持ちで、週に2日ほど街頭抗議と中継にでかけている。しかし今年の冬はとても苦痛だ。ドクターのアドバイスもあるので、冬の屋外中継は今年を最後にするつもりだ。15kg以上もある重い機材を背負って会場まで歩いたり、1時間以上立ちっぱなしというのは、かなり堪える。身体一つだけで抗議に参加するならまだ、1,2年は大丈夫だと思う。
▼昨日は地元教職員組合の主催で前川喜平氏の講演会があった。本当はそちらに行きたかったが、一月前から憲法寄席の中継録画を依頼されているので、本郷3丁目に出かけた。某野党党首は演説会で、消費税増税、原発、加計学園問題の不正を突けば選挙で勝てる、と演説会で豪語している。しかし演説会に集まるのはお年寄りだけ。国会周辺に演説会に来たお年寄りは集まらない。日曜日の山梨の選挙結果を見るだけで、この先はどうなるか見えている。候補者を野党で1人に絞ると云っているが、幹部揃って伊勢神宮参拝政党と、神の存在を認めない政党では所詮水の泡である。
▼わたしが入っている生協の主催で来週火曜日午前中「水の勉強会」があるので申し込んだ。まだ空きがあるようなので、ご希望の方がいらしたらご一報頂きたい。ただし会場は上北沢の方だ。

|

« 南米移住も棄民政策の一端ではなかったのか? | Main | 家電小型店は大型量販店には太刀打ちできない。 »