« 別れても「元妻」と書く。 | Main | 日曜日も締め切りが迫って来る。 »

February 02, 2019

さまざまな「有刺鉄線」考

▼寒かったけど、週に2回くらいは、抗議に参加しようと思っている。前日雨のなか抗議された皆さんには、申し訳ない。火曜日も憲法寄席に行ったが、中継は久しぶりだったので、バッテリーの機嫌が悪かった。やはり続けないとまずい。しかもビデオカメラの「SDカードが異常」とでるではないか。ちょっと焦ったがカードは外して内蔵メモリーで撮影した。これで難所はクリアした。しかし帰宅してからメモリーからカードに移す方法を忘れてネットで検索して事なきを得た。それで時間がかかってしまった。
▼昨日いただいたメールで某旅行社からの物があった。誕生プレゼントと称して、3ランクの値引きが提示されていた。3位300円、2位500円、1位1000円という大層な内容だった。わたしが1年前に南アフリカに行った時に同社に払った旅費の値段に比べれば可成り安価名プレゼントだ。2週間ほど前に「がっちりマンデー」という番組があった。年の初めと言う事で、星野リゾートとかH社の社長が登場してホラを吹いていた。驚いたのはH社の社長自宅である。都内某所とだけ紹介されたが、もうお子さんたちは自立してご夫婦だけで、広ーい豪邸で暮らしているらしい。書斎も写ったがたいした本はなかった。驚いたのは「塀の硝子連続突起物」(忍び返し)だ。
▼大金持ちは「盗られまい」として色々考えるのだ。数年前に川内原発再稼働の抗議に行った時、九電の敷地にはカミソリの有刺鉄線が新調されていた。お金持ちはどうも住民を敵と考えているとしか思えなかった。

|

« 別れても「元妻」と書く。 | Main | 日曜日も締め切りが迫って来る。 »