« 家電小型店は大型量販店には太刀打ちできない。 | Main | さまざまな「有刺鉄線」考 »

February 01, 2019

別れても「元妻」と書く。

▼今朝5時台のNHKラジオに次のような投稿があった。夫とはかなり前に離婚した。ところが、最近難病になって入院していることがわかった。放っておいても良いが、夫には身内が一人もいない。仕方なく時々病院に見舞いに行く。問題はその時受付に、「入院者との続柄」を書かねばならない事だ。仕方なく「元妻」と書いているがなんとなく落ち着きが悪い。皆さん。どうしたら一番良いでしょう?という内容だった。
▼昨晩は寝る前に課題のビデオを1本見た。映画館と違ってメモをとりながらである。てーまはを最期の一滴」という、ヨーロッパにおける、水野民営化が何をもたらしたか?がテーマである。一番闘っているのは、北アイルランド、次はイタリアだった。しかし、日本は、昨日から日欧EPAが発効するというのに、NHKか一言事実関係を喋っただけ。あの、東京新聞も一言も報じていない。政党機関紙も同様である。ネットのツイキャスを見る、人も少ない。皆さん誰かが、何とかしてくれると、思っていらっしゃるのだろうか?このままでは、お先に真っ暗である。鍋や釜叩いても北アルランドのように街頭に出て来て欲しいものだ。
▼寒くて体は辛いが、今晩だけは、行こうとおもっている。

|

« 家電小型店は大型量販店には太刀打ちできない。 | Main | さまざまな「有刺鉄線」考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 家電小型店は大型量販店には太刀打ちできない。 | Main | さまざまな「有刺鉄線」考 »