« 内田樹「比較敗戦論のために」を読む。 | Main | 高学歴に騙されたひとたち。 »

April 22, 2019

「復活祭セール」はなかった。

▼朝5時頃起床して、まずNHKの海外ニュースをざっと見る。1年前に南アフリカに行ったとき、その数ヶ月前に、ケープら運が水不足で、車を洗車している人が反則切符を切られているのを見た。実際行ったらホテルには大きな文字で「ウォータークライシス」と書かれていて、風呂の水はでなかった。数日前イスラエルの風景が出て、何か巨大な十字架を背負って歩いている人物が写った。何なのか調べたら「復活祭」だった。敬虔なキリスト教とで10日余にわたり、イスラエルを旅した義姉に聴いたら、欧米ではクリスマスよりも大切にされている行事だという。たしか日本では「復活祭セール」もない。4月末は行事が多いから、十字架を背負ったセールをやってもうれないのだろう。

▼翻って今朝5時と6時のNHKニュース。トップはスリランカの爆破事件を、延々とやっていた。自民が大きな選挙で2負したから、それを隠すためだろう。安倍は靖国神社に「真榊」(まさかき)を奉納したという。しかし例大祭には、参加しないという。おお随分弱気だな。首相の一日を見ると、午前中は来客もなく、富谷の私邸、午後渋谷の美容室で髪を切り、その後私邸に戻っている。アベノミクスの特効薬も化けの皮が剥がれ、沖縄でも基地容認派の島袋氏が敗れ、崖っぷちの様相を呈してきた。

▼昨日夕方は「沖縄への偏見を許さない」会の京成上野駅周辺での街宣があった。機材一式を背負ったが重く感じたので参加はしなかった。

▼辺見庸さんの日経4月21日付け執筆原稿「馬の中の夜と港」

|

« 内田樹「比較敗戦論のために」を読む。 | Main | 高学歴に騙されたひとたち。 »