« 消えない先の用心 | Main | 内田樹「比較敗戦論のために」を読む。 »

April 20, 2019

勘違いの日々

▼きょうは、赤坂プレスセンターなど港区の米軍基地撤去の抗議があると思っていた。昨晩検索したら、17日の夜に終わっていた。残念中継に行こうと思っていたが、取り止め。昨日某選挙事務所を名乗る人物から電話があった。わたしが対応したのではない。曰く「新人を出したが、現職が苦しくなったので、現職の某候補に投票して欲しい」という内容だった。我が家はもう全員投票はすませてしまったから対応出来ない。

▼候補者からのハガキも数枚来ている。そのうちの2枚にQRコードがあったので、試しにアクセスしてみた。真面目な人柄は伝わってくるが、それ以外は分からない。YouTubeを活用しようと考えたのだろう。PCでアクセスをしてみたが、アクセス数は2件だった。という事はそのうち一件がわたしだから、他の、アクセスは1件ということになる。大体QRコードを読みとる携帯を持っている人が少ない。お話も3分くらいの見て分かる内容にすれば良いのに、渋い顔の演説では、嫌になってしまうだろうな。

▼例の墜落したF35Aの原因究明は出来そうにない。というのはそれを明らかにするとアメリカが「防衛機密がもれる」と原因究明に消極的だからだ。初号機の引き渡しも、日本の最終組み立て場所から機体を米側に持って行き、点検した。さらに1号機はアメリカのロッキード社まで運んだという。つまり「秘密の部分」の解明すらできない。パイロットが「機体不調」と一言発して墜落してしまった。お気の毒な事にパイロットの遺体も機体も見つかっていない。

▼ジャーナリスト志葉玲氏のブログによれば、F35の欠陥箇所は90くらい指摘されていたという。1機おおよそ140億円、それを爆買いで50機。アメリカのロッキード社は儲かっても日本の空が守られる事はない。そして実費との差はアメリカの政治家に環流される。

|

« 消えない先の用心 | Main | 内田樹「比較敗戦論のために」を読む。 »