« 右から左までの「奉祝モード」には辟易となる。 | Main | 松戸の「前川喜平さんの講演会」に行く。 »

May 03, 2019

早々と改憲促進のコメントがあふれ出した。

▼午前11時から東京弁護士会の「憲法記念日有楽町街宣」があったので、機材を担いで銀座まで、出かけた。三越前の辺りをあるいていると「令和おめでとう」という文字が大量に目に入ってくる。正月でもないのに、何がめでたいのだ。だったら国民全員に紅白の饅頭くらい配れと言いたくなる。今朝の10ch「モーニングバード」トップニュースは血圧の基準地がアメリカなみに80~130になったという特集だった。憲法記念日の一言でもやれよ。まさか10CHが安倍晋三のプロモーションビデオを作る事になったから、ヨイショを始めたのか?午後6時のNHKニュースでも改憲促進集会の様子と、参加者の中年女性の「やはり改憲した方が良いのでは…」というコメントをわざわざ取り上げている。有明の集会はどのくらいのスタンスで取り上げるのだろう?血圧はアメリカと製薬会社の陰謀である。わたしは行き付けの薬局があって、医師の他に薬剤師さんから「最近の血圧はどうですか?」と聴かれる。「上が135です」と言おうものなら、もう少し下げた方が良いですね」と余計な事を言う。わたしは「130なんて製薬会社の陰謀です」ときっぱり言う事にしている。何故延々と血圧問題を30分以上も流すのだ。玉ちゃんも時々手持ちぶさたに腕時計を眺めていたぞ。

▼これから秋までこういう政府主導の「改憲CM」もどきが流れて来る心配がある。大体、憲法改正の国民投票をするのにカネを持っている方が有利になるなどあり得ないことだ。きょう昼の東京弁護士会の街宣の中でも、その辺の事はどなたも指摘していなかったのは残念だった。おそらく自民党側はXジャパンなど保守的な若手タレントまで、総動員して取り組むのだろう。それに欅坂か?

▼いずれにしても、普通の人の目に触れる方法で「2条加憲」の危険姓を様々な方法でアピールする必要があろう。きょうは有楽町に出たので、ヒューマントラストで「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」を見てきた。わたしはかねがね、絵の描き方でロシアの首の太い労働者戸ナチスドイツの同じ首の太い労働者の絵に疑問を持ってきた。映画を見ていると単純に「力強い」ということなのだろう。しかしこの首ふとの労働者の図を正当化するならば、ピカソなどの手法は亜流ではなくなって排除されるのだ。それでユダヤ人らが秘匿して保管していた「絵」を叩き売りさせる。そしてゲーリングやヒトラーの闇資金として懐を肥えさせる。海外逃亡という餌と引き替えに叩き売りするか、強制収容所に送り込む。これが今回の映画の一つのテーマであった。

▼5月3日午前11時、東京弁護士会「憲法記念日」有楽町街宣 (全)

 

|

« 右から左までの「奉祝モード」には辟易となる。 | Main | 松戸の「前川喜平さんの講演会」に行く。 »