« 沖縄戦争体験記の取材をした日。 | Main | 岩波で「田園の守り人たち」を見る。 »

July 18, 2019

この時期になぜ市川市長の公用車が問題になるのか?

▼今日だけ天気はよさそうだ。火曜日の官邸前は雨対策を万全にしていったが、さほど降られなかった。しかしレインスーツはゴアテックスだが、かなり蒸れる。きょうは大手町の経団連前だが何とか天気は大丈夫そうだ。経団連前には反原連の抗議から通い始めた。いろいろな人とも出会えた。現東京地方区の某候補者がまだ普通の人だった頃知り合いになったのもこの場所である。反原連もこの頃は太鼓を使って楽曲を馴らしていたので、近所からクレームも来た。しかし反原連の某M責任者の弁によれば「敵は鞏固で効き目がない」という事で中止になってしまった。「資本と権力jの牙城なのだから、太鼓くらいではびくともしないだろう。

▼昨日夕方のニュースを見ていて驚いた。「市川の市長が高級外車を契約した」というニュースが一斉に流れて来た身体。まさに映画「新聞記者」にでてきた、内閣調査室のマスメディア対策班の活躍である。市川市長の話は何度も聞いた事があるが、紳士で論理的である。さらに市長は野党共闘の市長として誕生した。それに水を差そうとして各局に圧力をかけたのだろう。ガルウィングの外車だが、安倍は外出するとき、事前に官邸周辺に多数のSPを配置して、6台くらいの車をサンドイッチ状態に鋏、自分がどれに乗っているか分からない用にする。しかしカーテンが引いてある車が安倍専用車であることははっきりしている。

▼それに対して市川市長は環境対策と未来志向のエネルギーを考慮してこの車を選んだと記者会見で説明していた。それに対して記者からは何の質問もなかった。なぜなら高い車の差額は自分の給料出払うと公式見解を発表したからだ。しかし今朝のバ○TVはその続きをやっている。「市民はこれに納得するでしょうか?」と騒いでいる。そんな事は地元チバテレビでやれば十分である。中央のバ○キー局はもっと真剣に加計学園など安倍首相の犯罪を暴く事に力を割いた方が良い。

|

« 沖縄戦争体験記の取材をした日。 | Main | 岩波で「田園の守り人たち」を見る。 »