« 忘れ物防止のチェックリスト | Main | 慌ただしいかった、土日の出来事 »

August 31, 2019

ゴムボートに旭日旗」は大げさすぎないかな?

▼昨日のツイキャス撮影必需品のチェックリストの続きである。議員会館前に向かう途中考えた。1)ビデオカメラ、2)三脚、3)Wifi、4)L型クランプ、5)夜間照明用ライト、6)照明用電池 これでたどり着いたのは、1)ヴィ、2)サ、3)ワィ、4)エル、5)ライ、6)デンということになった。これで物忘れの間違いも多少なるなるだろう。

▼12chで毎日昼に「ひるめし旅」という番組を放送している。わたしも家にいるときは、その撮影の頼み方に興味があって見ている。先週金曜日は埼玉の某駅においてある「駅ピアノ」を弾きにくる人をNHK「駅ピアノ」風に撮影していた。3人目に登場したのは、高校生でショパンの「子犬のワルツ」を見事に弾いていた。で、撮影はOKになってご自宅を訪問すると母親と二人で生活していた。小学生の頃は引っ込み思案で、3年生の頃までは、とても引っ込み思案だった。それが母親の進めでピアノを習わせたら、みるみる積極的になっていった。そして中学の卒業式では、生徒が卒業記念に唄う曲の伴奏までするようになったという。

▼それで高校に行ってから部活は射撃部に入った。その理由というのが311で自衛隊の救援活動を見ていて、人のために立ちたくなり、高校を卒業したら自衛官になりたいという。うーん。最近最寄りのJR駅構内でもデスクの前に制服姿の自衛官が座って手ぐすねを引いている。昨晩のNHK「ドキュメント72」でも大型車の試験に挑戦している、ヘリで人命救助を目指している自衛官が写っていた。しかし自衛隊の本来の目的は災害の人名救助ではない。

▼宮崎の豪雨による災害救助でゴムボートの自衛隊が派遣されていた。それでよく見ると、ゴムボートに大きな「旭日旗」が掲揚されているので驚いた。制服を見るだけで自衛隊というのははっきり分かる。それに海外に行っているのではないので「旭日旗」とは大げさな気がしたのは、わたしだけだっただろうか?

|

« 忘れ物防止のチェックリスト | Main | 慌ただしいかった、土日の出来事 »