« 寒い夏からいきなり「猛暑」は身体に堪える | Main | 映画「東京裁判」(4Kデジタルリマスター4時間半)を見てきた。 »

August 02, 2019

親友A君と野生の猫の死。

▼昨日は国会参議院会館前の抗議に行く前にA君の家に立ち寄った。A君とはアマチュア無線のコールサインから来ている。ちなみにわたしはE君になる。わたしはJAF(日本自動車錬磨医)の第一回アマチュア無線教室の卒業生である。で、アマチュア無線の資格を取ってA君と知りあったのも40年以上前になる。海外とアマチュア無線で交信してアワードと言われる世界○大陸と交信するのを楽しみにしている人もいる。しかしわたしの場合、自然と近所の電波の強い人と交流を持つようになった。大体4~5km以内の人になる。30人くらいの友人と群がって、夜中まで集まってワイワイと喋っていた。だが年齢を重ねると、病気や他界する友人も出て来て一人減り、二人減り、今ではA君としか会わない。というのも、色々な面で意見が一致するからである。

▼先日NHKで元家電メーカーにいた人が「修理出来るのに、ウソをついて新製品を売るのが嫌になって、自営で修理業を営んでいる人が紹介されていた。彼A君も実は、某王手家電メーカーの社員だった。しかし上司は何でも修理する彼を煙たがった。「新製品を売らなきゃ食べて行けない」と言われたらしい。いろいろ他の事情もあってA君は会社を辞め、友人の会社を手伝ったり、したが今は完全な自営である。先日のNHKTVを見たか聞いたら、「見た見た」という。それであそこに登場した食器洗い器くらいなら直せるな」という。しかしICチップを使った電子機器は無理だとも。あの人が使っていた立体メガネ(正式な名前は聞いたが忘れた)は欲しいなとも言っていた。

▼彼の所には某国立大学でハンナ・アーレントを研究していた元大学教授も。昔のサンスイのオーディオ機器の修理依頼に通ってくる。一人では持ち上げられない様な重量あるアンプを持ち込んでくる。最近では高齢になって高価なオーディオ機材を「もう使わないから引き取って」という依頼が多いという。そういう機材が昨日も玄関に山積みになっていた。わたしも部屋が狭いので今のミニコンポで十分だ。欲しい方はまず下見に行って、商品を見て修理を依頼して、日時見積もりをして、引き取りには車で行けば何とかなると思う。

▼大手オーディオメーカーに勤務していたのにA君は、何かの手違いで「無年金者」になってしまった。数年前にご自宅の目の前にある、10階建てマンションの4F昼寝したネコちゃんが下から階段を登って来たら驚いて地上に飛び降りたが着地したが高すぎて、しばらくして死んでしまった。心優しいA君はさっそく懇ろに葬ってやろうとしたが場所がない。役所に電話したら「はいわかりました」とすぐ清掃事務所がやってきて、黒い袋に入れた。そして「処置料金として3200円」を請求したという。A君はあわてて「これは野良猫で僕のネコではない」と主張したが、「発見したのはあなただから、ペットの葬儀場で懇ろに葬るから」と処置料をとって領収書を渡したという。しかし無年金で貧乏な自分から何故お金を取るのだ。今度ペットの死骸を見つけたらもう道路にほおって電話しない、と憤慨していた。

▼28日の日曜日、長距離を歩き左足の中指の爪がはげ、化膿して靴を履くのが困難です。このままでは、明日の新宿テモはいけない可能性が高いと思います。

▼ツイキャス用Wifiの熱暴走対策には、買い物で貰う小さな保冷剤が一番良いようです。これで2時間は保ちます。

|

« 寒い夏からいきなり「猛暑」は身体に堪える | Main | 映画「東京裁判」(4Kデジタルリマスター4時間半)を見てきた。 »