« 武器見本市に反対するママの院内集会に参加する | Main | 糞詰まりのタワーマンションは当然のなりゆき。 »

October 14, 2019

台風19号一過で考えた。

▼読者の皆さんの地域では、台風19号の影響はありませんでしたか?わたしの生まれ故郷の長野でも甚大な被害がでました。そもそも千曲川はン欄するような河川ではありませんでした。少なくとも佐久地域までは流れは穏やかな河川でした。ところが上田では別所電鉄の橋が流され、事実上不通になってしまいました。従兄弟は一駅目の所に住まいがあります。しかし低地なので夜中に避難命令が出て、家族で一時避難しました。ブログとメールによれば、避難所がいずれも満員でたらい回しされたようです。長野市は悲惨な事になっています。放送を見ていると「林檎の収穫時期」で心配と言っています。わたしが心配なのは、米の収穫取り入れが終わっていないことです。これは千葉県もそうです。今回は米所が一様に被害にあっています。ということは来年、日本人が食べる米がない、という事です。まさにアメリカの思惑通りに事は進んで行きます。この点が報道には欠けています。

▼わたしの場合、荒川の決壊がいちばん心配でした。これが決壊すると東京の江戸川、江東、墨田区など下町一帯が冠水します。荒川は元々荒川放水路と呼ばれていました。これは江戸時代末期から明治にかけて、氾濫が多かったので掘削され、新しい放水路が計画され、昭和5年に完成したものです。今まで手直し、手直しで何とか保ってきました。しかし氾濫したら、わたしの住んでいるマンションの4階まで浸水すると、ハザードマップに書かれています。

▼19号台風が接近するに従い、自宅の浸水の心配を考えました。まず火曜日に完成しなければならない仕事は片づけました。PCのデータは外付けHDDにバックアップしてこれだけ持てば逃げられるようにしました。次ぎは連休明けネットが不通になる事を考えて、「送るべき情報は送信を終えました」。燃料と水、若干の食料はありましたので3日程度は何とかなります。そして最後に友人宛、浸水があった場合、火曜日の官邸前行動には参加できないとメールしました。しかし20日起きると浸水は免れましたが、食欲はありません。しかも下痢気味で、頭がふらつくので血圧計で計測すると上が160ありました。それからは横になっていました。薬を飲んで3時間もすると血圧は落ち着きました。

▼しかし家の浸水は恐れていましたが、最悪N市の義姉の家に厄介になろうと決めていました。義姉は夫君に先立たれ今は単身で公団住宅にクラしています。しかし友人からは「一部屋あいているから、いつでもどうぞ」という連絡を頂いた時は、催促やお願いをしたわけでもないのにと、涙がでるほど感動しました。

▼今までの治水事業は上流に堤防を作るだけで、下流の事を考えて来ませんでした。いわば土建屋優先の治水事業だったのです。これを見直す時に来ているように思えてなりません。

▼さあ、明日リツイートだけで全く動く気配のない人たちは、何人国会前に来て下さるのだろうか?リツイートだけでいかにも「参加」したつもりになって終わりだろうか?日本の参加型民主主義の道は遙か遠い。

|

« 武器見本市に反対するママの院内集会に参加する | Main | 糞詰まりのタワーマンションは当然のなりゆき。 »