« いつものクリニックで内臓MRI撮影をした。 | Main | 「サーカスの唄」を聞いた事がありますか? »

November 24, 2019

NHKBS「菅原文太長靴の旅」(再放送)を見る。

▼昨日は雨の中取材。現場に着くと「申し込みがない」と云われる。編集長に電話でやりとりして、一旦はらった入場料を戻して貰って入る。レックチュアーが1時から40分ほどあった。これは学芸員さんが手際よく説明して下さった。内部の展示は全て撮影禁止だった。問題は史跡と文人墨客の足跡をたどるのだが、雨はますます強くなる。2部は中止にして欲しかったが、風景の写真を撮らないと始まらないので、同行する。歩き始めたら「離脱」を申し出るご夫婦もいた。大体昨日の説明だけで書けそうにない。全身濡れ鼠で行動が終わったのは午後3時だった。12月15日に討論会がある。締め切りをそこまで延ばして貰って書くか?ただ「視点」をどこに置くかだ。

▼先日NHKBSプレミアムカフェ「菅原文太長靴の旅」というドキュメンタリーが放映された。菅原はもう故人なので、おそらく10年以上前に造られたものだろう。菅原は飛騨高山に家を建てて住んでいる。彼は付近の山の中で自然と共存しながらくらしていた。その菅原が全国3箇所の農村と漁村を訪ねる。漁村ではコンクリートで固められた海岸を壊して岩と砂に戻したら、海草が採れるようになった実例。ゆいという共同体をけいぞくさせて、力をかしあって助け合って生きる農村。もう一つは牧場農家なのだが、牛を放し飼いにして草を食べさせたら、山が生き返り、牛も生き生きして来た話だった。最後い経済評論家の内橋克人氏らとの対話があった。そのなかで「グローバル化の中で主体的に行きよ」という話しをする。世界中には300兆ドルのカネが動いている。しかし決済に必要なのは8兆ドル。実際に必要なのは30兆もあれば十分なのだという。カネが余っているから余計な物を買ったり。次の投資先を求めてカネが動くという指摘だった。電車に乗っても「全身脱毛」のCMがいやに目につく。英会話も同様だ。前者で云えば昔某国立大学の女史惰性が「全身脱毛」に80万円掛けたと言っていた。英会話だってNHKラジオの「基礎英語」(毎月500円+税)を1から3まできちんと学習すれば「世界旅行」くらいでは不自由しない。みんな騙されているんだよ。

|

« いつものクリニックで内臓MRI撮影をした。 | Main | 「サーカスの唄」を聞いた事がありますか? »