« iPhone5Cの電池交換は、意外と安く済んだ。 | Main | 歯医者も外務省、ショートバージョンで終わる。 »

December 08, 2019

出所する芸能人に群がるアホ記者たちに思う。

▼先日の湾外署前のアホメディアの群がりは一体なにだったのだろう。民放で金曜日午後6時45分で見たとき、記者の数は増えつつあった。翌日曜日の放送を見たら黒いカーテンで仕切られた車がでてきたのは午前4時と記録されていた。犯罪の重さから見ると、安倍とか政府官僚のそれの方がかなり重い。しかしそれを白日の下にさらそうという気概は記者たち、いや彼等に命令をするデスクや上司は持ち合わせていないようだ。報道によれば最近、報道各社のデスクが官邸サイドに招待され食事会をしたという。場所は平河町の都道府県会館の地下にある某中華レストランである。情報によれば店の名前もでている。美味い物くいたかったら、自費だ。自費に限るぜデスクさん。そんな事分からないのか?

▼言ってみれば小娘の犯罪は非合法の覚醒剤で、彼女が他人に売りつけたわけではない。権力者は芸能人、スポーツマンのそれら非合法薬物の使用を全て知っている。それをいつメディアに発表したら効果的なのか計算した上でリークする。それが週刊誌の売り上げに「貢献」する。100人を越すメディアの人たちが午後3時頃から翌朝4時まで張り込んでいる姿は異常である。人類の進歩に役立つ報道はもっとあるだろう。政治家の汚職や隠蔽は例え知っていても知らない振りをする。一流大学を出て、社用車を使って張り込みするなんて恥ずかしくないのか?上司に「イヤです」と云えばすむ。それに彼女が乗った車はカーテンで覆われていることは過去の芸能人のそれをみても想像できる。黒いカーテンの車を撮影することにどんな意味があるのか教えて欲しい。

▼×曜日元親戚関係にあった人と家族と一緒にあった。年齢はわたしより6歳年上である。5年ぶりだったか?会話していると普通に見える。一人で暮らしているので、健康状態や認知機能が低くなっているのか分からない。しかし数日前に会う事を約束して前夜念のため電話すると忘れていた。また待ち合わせ場所がはっきりしない。一応「1番のバス停」前にした。それは上手く行ったがルーチンワークは出来る。しかし飛び込みの行事が入ると上手くいかないようだ。故郷に帰って血縁関係者とくらすか?このまま将来は住まいの近くの施設に入るのか?分からない。

▼喪中の葉書をだしたら、かつてアマチュア無線で親しかった人物から「宛所に見つからない」と印を押された葉書が戻って来た。彼も奥様とお二人で暮らしていた。家で寝たきりになったとも聞いていた。都内中央区にお住まいなので、昨年「ご自宅を訪問したい」と年賀状に書いたら。「夫は寝たきりなので、来て貰っても困る」と奥様らしい文字で書かれた年賀状が来た。年齢はわたしと同じ、でもの凄いビール好きな男だった。このようにして友人たちは記憶と、現実の世界から去っていく。わたしも自宅にある「いつか読もう」と想っている本は、その後絶対読まない事が分かったので、整理しつつある。

▼昨晩午後7時、急に隣の駅のヨドバシまで出かける事案が発生した。営業は何時までだろうとネットで調べようとしたら、錦糸町の地図がでてきた。それを見ると今のハローワークあたりに、江戸時代、小諸の牧野城主が住んでいた、下屋敷があった場所とあった。意外と近い場所に故郷の殿様はお住まいだったのだ。

|

« iPhone5Cの電池交換は、意外と安く済んだ。 | Main | 歯医者も外務省、ショートバージョンで終わる。 »