« January 2020 | Main | March 2020 »

February 23, 2020

「例会の日」のスウェーデンの会話。

▼ユーチューブのアップロードに関するトラブルは数年に一度発生する。登録したのはかれこれ10年くらい前になる。メモリーも少ないウィンドウズの古いパソコンを使ってアップロードしてい。圧縮する技術も知らなくて、20分位のファイルを2時間くらい掛かっていた。自宅はかなり早い時期KDDIんおお光ファイバーにしていたが、何故か途中で普通回線に戻されてしまった。これは恐らく電線の地中化にともなうて手順だったのだろう。KDDはその後再び「うちの光ファイバーにしてくれ」と言ってきたがお断りした。今は電話も含め、ケーブルTV会社の回線である。

▼電線地中化も10年かかって完成しつつある。電柱は1本もなくなった目標通り「オリンピックまでに間に合った」訳だ。しかし路面掘削機の音と揺れは物凄かった。それも明治通りなので工事はすべて真夜中であった。まるで毎晩、空襲のような爆音と振動が続いた。

▼昨日は恒例の映画鑑賞グループの例会があった。これはわたしがかつてPC講師として通っていた「外国人向けの英語学校」の元学生さん(と言ってもわたしとほぼ同年である)が「学校解散でみんな分かれ分かれになるのはもったいない。そこでので、何か目標を作って例会をやろう」ということで7人のメンバーで始まった。わたしがテーマの映画を先乗りして見つけ、例会10日ほど前に1、2本に提案する。

▼昨日は鑑賞が終わった後、近くの喫茶店に入った。お一人スウェーデン保育園の研修に2週間ほど行ってこられたかたからお土産話を聞いた。事前旅行社からホカロンをたくさん持っていくよう注意されたという。それでも現地に嫁いでいる人にメールでたずねたら、「秋田や東京と同じだ」というので半信半疑で出かけたら、地球温暖化の影響は如実に出ていて、言う通りだったという。詳しい話は省略するが「医療費が無料」という噂を聞きつけた難民も多いようだ。ただこの国がなぜ高福祉でやっていけるかと言えば、ノキア、ボルボなどの優良企業を育て、個人の税金を高くしているせいたと思う。別の人から聞いた話では、「失業者ゼロとは聞こえが良い。しかし実態は面接に行ってしばらく働かせ,合わないと思うと。すぐ「失業保険があるのだから他で仕事を探せ。と簡単に首になってしまうとも聞く。

 

 

|

February 20, 2020

「本が読めなくなってきた人」に告ぐ。

▼読者の皆さんお元気でしょうか?私は動かないWindows10と格闘しています。まず今ま使っていたエートック(一太郎の辞書が機能しません。さらにきょうはユーチューブにロックが掛かってしまいました。要するに自己の証明ができないのです。グーグルダイヤリーも動きません。ある友人が最近のブログで「本が読めなくなったので捨てた」と書いていた。この友人は私より2歳年上で、社会保障関係のエキスパートでもある。昨年は某看護師養成学校の講師もやっておられた。で、捨てた中身だが、マルクスの「資本論」。レーニンの「レーニン選集」もあったらしいもう一人別の人だが、お母様の遺品である、「宮本百合全集」を捨てられないでいる人がいらっしゃる。「読むの?」と聞くと「読んだこともない」とおっしゃる。よほど広い部屋をお持ちでないと、「全集」なんて、ベッドには硬すぎるし、枕の代わりにもならない。

▼わたしはかつて「レーニン関係」は「大月書店」の文庫本を少し持っていたが、全部捨てた。先の先輩は「読んでも翻訳本はまったく頭にはいらなかった」とおっしゃっていた。わたしの場合は「生きていく糧」になりそうもない、と判断したので50冊つくらいを全部捨てた。さらに「毛沢東選集」は焼却炉の中に破いて投げてた。そんな訳で、いま、哲学・マルクス主義関係の本は一冊もない。昨日一日かけて、「資本主義と戦った男/宇沢弘文経済界もの世界」佐々実」 講談社を読んだが、人間が幸せにしない、経済学も哲学もインチキだと思う。

 

|

February 18, 2020

PCのデータ移行で大失敗 PCのデータ移行で大失敗した。

▼一週ほどブログが書けなかった。主たる理由は、高いカネを払ったソフトがまったく役に立たなかったからだ。一番大切なのはメールアドレスである。それもテストまでは良かった。ブラウザのお気に入り移行も上手くいった。しかし旧PCを業者に下取りに出す前iにウィンドウズ7のCⅮで安全フォーマットすることを思いついた。もちろん専門家がやれば、どんなデータでも復活できる。でもやらないよりマシだと思った。3時間半かけてフォーマットを終え、新しいpCを覗いて驚いた。新しいPCまでフォーマットしてしまった。理由はわからないが、新しいPCもついでにフォーマットしてしまった理由。推測だがLANケーブルは外してあった。しかし新しいPCには無線ランのアンテナ基板が付いていた。50cm近い距離に置いたので古いPCからの電波を拾ってしまったと考えられる。データ移行ソフト「ファイナルハPC引っ越しwin10特別版は開封しましたが、登録してありません。クロスLANケーブルもついています。どうもマニュアルにある理系の人の文章は理解できません。50090円でしたが、半額でお譲りします。

▼それで16日、日曜日は記憶により、お気に入りの復活を目指していた。いま99%は復活した。問題なのは暗証番号、パスワードの復活だ。火曜日の生協の申し込みはネットでやっているので、紙のデータを残しておいたので何とかなった。しかし問題は、このNiftyのココブログのデータ入力ができなくなってしまった。何度もIDとパスワードを入れ替えていたら「拒否」されてしまった。IDと生年月日を入れても「合わない」と返事が来て、昨日はついに24時間「アクセス拒否」になって、今日18日午後解禁になってアクセスできた。生年月日の月日は、あのおぞましいアメリカのレーガンと同じである。改めてお願い。1週間に一度お目にかかっている方以外のメルアドは何も残っていません。とくにメルマガ読者は全く分かりません。20日までにお名前とメルアドだけNiftyメールのわたしのアドレスに送ってください。お願いします。

 

|

February 08, 2020

ネットで調べれば何でも分かる。

▼色々雑用が入って来て、データ移行はなかなかスムーズに進まない。録画ビデオを見ていたら、NHKBSを見ていたら「細川ガラシャ」をテーマにした座談会をしてつい最後までみてしまった。ゲストの一人に中野信子もいたせいかも知れない。わたしが彼女を見たのは母がK市老健施設に入っているとき、3ヶ月に1度、見舞いのあと軽井沢のレストランで遅い昼食を食べていたときのことだ。昼のバラエティ番組で司会者は元NHKのアナウンサーかMCの橋本某で、あった。橋本は元首相の兄だと思った一目みたときから、ビビッとなった。わたしはああ言う顔が好きなのである。コメントも凄かった.彼女は脳科学者だが、ビッグベンというプロダクションに所属している。この2年くらいは容貌が落ちたと思った。彼女の本は硬軟とりまぜて5册くらいは読んでいる。素日前の上記テーマの討論では論議も冴えていた。ゲストの一人には元千葉大にいた、大澤真幸もいた。それで彼の最後の選択肢は他にはなかったのか?という話になった。彼女は自死を選んだが、あれだけ有能な人だったから生きていれば、小野小町や紫式部を超える作品を書いただろう、という推測のあった。

▼日本では「自死」だけが美化されているが、逃げ延びる方法はなかったのか?そうすれば、別の意味の本能寺の変が書けたかもしれない。自死は美化されているが、西欧でもローマ法王庁など彼女の死を「褒め称え」切支丹を美化するのに利用している。さっそく、翌朝図書館にリクエストを出し、「細川カラシャ夫人」上下巻三浦綾子新潮文庫を借りてきた。

▼とりとめが無いが忘れないうちにメモを書いている。最近岡三証券のCMをご覧になっているだろうか?女性がボールをもの凄い力で打ち返すのだ。バットの振り方に力が入っていて、とても凄いんである。我が家にもプロ野球マニアが一人いて、その知識は生半可ではない。何せ「西日本スポーツ」を郵送で購読している。その話をしたら「稲村阿美さん」でしょう。という。そーか、ネットで調べたらその通りだった。

▼実は先週ある方から頂いた「ビッグイッシュ」最新号で「武器としての世論調査」ちくま新書 1000円の著者 光晴充希さんのことが掲載されていた。サブタイトルは「社会をとらえ、未来を変える」だ。世論調査は「質問の仕方」でどういう結果も導き出せる、というものだ。さらに雑誌にも一部が紹介されているが、紹介されれているが、支持者の地域別(県別)の分布図である。有名政治家や歴代の政治家賀活躍したところでは保守の影響は如実に影響力が「票」となって洗われている。生活の党で言えば圧倒的に岩手県である。

▼今朝住んでいる、マンションのお年寄りとお話しした。すると「近くのJR駅周辺でもマスクがない」という。わたしは思う。「原発がいくら危ない」と言っても見むきもしなかった人たち。だが現実に爆破すると、我先に字自分と家族だけ乗せて自家用車で逃げ出し、故郷を後にした人びと。そし事故から9年経つと再び知らん顔して反対運動を白い目で見て知らん顔している人のことを。マスク買い占めも同じさ。

|

February 07, 2020

PCのセットアップはケーブルがなくてまだ、待機中

▼木曜日の原電前は可成り寒かった。立った1時間の抗議だが、辛かった。翌日友人にその話をすると、「原電に言って借りれば良い」と言われた。しかし多少でも原電に借りは作りたくない。それに現実に4時半に現地に到着して、抗議集会の開催を待っている時、ビルの警備員に話しかけても無視され、返事はない。原電に行く前にせっかく秋葉原に来たので、ヨドバシに立ち寄り、PCのデータ移行ツールを買う。データ移行だけなら多少は安いが、ソフトも一緒に移動する方を選んだ。

▼仕事の納品は試行錯誤の末、前日には終わっていた。もう問い合わせや「修正」はないので、後は請求書を送りだけ。PCは暫く動かなくても、支障はない。首魁にはIWJさんが中継に来ていたので、「肝心な時になぜ取材にこないの?」と一言若い記者に言っておいた。彼は「このあと東電前に行く」と言っていた。最近よくIWJさんと幾つかのマイナーな集会でかちあう。おそらくわたしの「ツイキャス中継予告」を見ているのだろう。帰り道も寒かった。

▼実はPCは届いている。後はセットアップだけだ。6日それをやるつもりでいた。いざウィンドウズ10のセットアップやろうと腕まくりをしたら、PC本体とモニターをつなくケーブルがデジタルピンではなかった。マニュアルの図にはアナログのオンボードD-Sub154ピンコネクタにーになっている。しかし現実の本体はオンボードDMIコネクターだ。家族の持ち物を探してみたがみんなアナログだった。PCでAmazonnを検索するとこのコネクターは両側マイナスで1000円ちょっとだった。ならば近くの大型スーパーでもそれほど高くないだろうと思った。しかし徒歩5分の店にいくと1900円だったので買わずに買える。そして再びAmazonnを検索すると970円の物を1個注文する。到着は本日7日だ。作業は1日くらい遅れても問題ない。

▼衆議院議員会館前アクションに行く。しかしノコさんが「喋るのが×でもOK」と書いたのに、誰も来てくれなかった。わたしの友人にも、自分の気にいった行動にだけ「リツイート」する人がいる。それは革新的な運動でも何でもない。「護摩」か「免罪符」を貰うためにだけ「ポチ」るのである。だからそういう方々には、何も期待していない。人類の歴史上、人間の自由と権利は頭を下げて実現したものは何一つなかったはずだ。「ポチ」の人がもしかして「革新」政党に所属していたりしたら、「所属」している政党を選んだことを間違っている。

▼ツイキャスの画面には出てこないが、抗議が終わった後、参加した方々から「誕生日」を祝っていただいた。帰り道、咳が止まらなかった。寝る前に我が家の万能薬「葛根湯」を飲んで寝たら、今朝は「鼻水」も止まり、かなり具合が良くなった。某紙編集長に言わせるとホントかどうか?「発達障害の人にも、聞く」という。もしかしたら「これ」かも知れない。

▼いま使っているPCは本体のHDDは250ギガで、外付け500ギガのHDDが付いている。しかしいずれも余裕は半分ある。ところが今度のはメインHDDが1テラでメモリーは8メガ、生きている限り使えそうな容量がある。いずれにしても1テラではクラッシュしたとき「HDDデータ全滅の危機」があるので2分割のパーティションを切ろうとおもっている。

▼それに第一にメーラーを変えたかった。メーラーはマイクロソフト・アウトルックEXを使っていた。しかしアドレス帳がどこかプログラムの中に紛れこんでしまった。それに文字が小さくてミス発生の原因になっていた。今度は「サンダーバード」にした。プログラムとアドレス帳は既に旧PCにセットアップ済である。100人くらいのアドレスは旧アウトルックEXから自動的に引き継ぐことができた。操作は、全くストレスを感じない。

|

February 04, 2020

NHKBSでメキシコの民間救急車を見る。

▼夕べ、あずさみちよの訃報が入って来た。近くの有名な神社の豆まきもあった。NHKラジオでは朝5時半の「唄」は「豆まき」だった。毎年近くの大型スーパーでは必ず、この曲を10日間くらい流してくれるが、今年は流れなかった。豆まきをビデオに撮ってYouTubeにアップしようと偵察に行ったら、午後5時頃からだという。そして5時10分前に行ったらすでに豆まきは終わって、赤鬼、青鬼に姿を見ることは出来なかった。

▼朝刊で梓みちよの年齢を見たら、わたしと同じだった。もうこの年になったら、エンディングノートを書いて備えなければならない。しかし友人たちは、自分の好きなことをやっては、自分だけは永遠に生きられるかのように悠然と構えている。夕方5時5分前に納品した仕事の内容に関して説明を求める電話がかかってきた。その対応で午後10、朝は5時半からデスクに張り付いて仕事に没頭した。それで相手の会社がオープンする午前9時5分前に覇納品が終わった。こんなことがあると夜も眠った気分になれない。

▼土曜日「テリーギリアムのドンキ・ホーテ」を見た。わたしはこの監督の大ファンである。その昔「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」などの作品を撮った。なかでも「…ブラジル」は気にいってDVDも買って持っている。曲を1度でも聴けばお分かりになろう。今回の映画は日比谷シャンテで上映され、汚染水評価会議の後、前日にチケットを買いに行った。シャンテの地下で上映されているが、熱心なファンでほぼ満席だった。現代のスペインにドンキホーテがあらわれたらどうなるか?と言う多少はちゃめちゃな映画である。今月のシネマは既に書き上げて送ってある。あともう1本見ればノルマは終わる。

▼昨日千葉県の台風19号で被災した南房総市に住んでいる友人から寒中見舞いが届いた。それによるとご長男が東京の法律事務所で働き出したという。メールで「もしわたしが捕まったら宜しく頼む」とメールを送った。

▼NHKBSで「メキシコの私設救急車」をやっていたが、もの凄い、もちろん公営の救急車もあるが圧倒的に数がたりない。警察官に賄賂を送ったりして「一報」を頼む。この車は息子が運転し、オヤジが救命士の資格を持っているらしい。しかも中学生くらいの子どもをのせ家族経営が私製救急車を回している。しかし利用するのも貧乏人で謝礼もはらえないので、時としてガソリンも買えなくなる。医者も乗っていないから、命が助からない時もある。ニッポンも将来こうなって行くのだろうな。この内容は木曜日に話す。

|

February 01, 2020

「多核種除去設備処理水の小委員会」の傍聴をする。

▼さて本日のブログの本題である。昨日金曜日は午前9時から新橋で「多核種除去設備処理水の小委員会」(汚染水処理小委員会)の会議があった。平日の午前9時集合で、気分は乗らなかった。しかし友人のH氏に熱烈に誘われ申し込みを出したら傍聴に当選した。宝クジもこのように当たって欲しいものだ。家族は毎回買っているが、わたしは不信心者なので一切買わない。会場に9時に着いたら早すぎて30分待たされた。ツイッターに書いたが主催は「原子力規制委員会」だと思っていたが違った。多核種除去小委員会なのだ。受付で最初聴いたら「違う」と言われた。しかし受付のリストにはわたしの名前も入っていた。

▼昨日の東京新聞の夕刊を見て腹が立った。わたしは最前列から2列目に座った。最前列は「随行員」と「記者席」である。随行員って何だ?録画は一般マスメディア以外は禁止。録音は取り扱い注意ということで「可」だった。おそらく切ったり貼ったりの改竄、テープ起こしの文章化だろう。だから会議自体はわたしはすべて録音してある。会議後の「記者ブリーフィング」は長引いたので辞去した。レジュメは100頁ほどの分厚い者が配られた。ご親切に「需要部分」には黄色のマーカーが引いてある。

▼論議では「風評被害」をどう払拭するか?が多かったと思う。しかし肝心な地元公聴会すら開いていない。現実にいまでも漁業関係者は一部の「魚」しか売れないで困っている。これが何も解決しないうちに「放出である。良く言われているALPUS(国産の多核種除去装置)でどこまで奇麗になっているか。どの数字が「奇麗」なのか明らかにされていない。漁民や住民の意見を聴かず、放出したが取り返しのつかないことになる。参考資料の最初に「主な核種の被ばく量、被ばく経路及び海水中濃度がでている。スズ123、鉄59,(参考、として)炭素14,トリチウムがある。

▼友人H氏は昨日のDMで以下のような意見を送って下さった。ご本人の許可を得てご紹介する。

小委員会のまとめは、読めば読むほど奇妙です。何らかの処分を提言をするなら、「方法・開始時期・場所」の三要素が必要ですが、後者二つは触れておらず、方法についても「大気と海洋なら、できるんじゃないの」くらいの書き方です。タンク保管継続も、「時間を要する・調整が必要」と書いていて、否定し切っていません。今日、辰巳委員が、「時間をかければ出来ると解釈したくなる」と発言していましたが、立場や考え方によって、異なった受け止め方も可能なように見えます。「政府への提言」と言いつつ、提言の態を為していません。二次処理も試験的なものすらやっておらず、希釈されたトリチウムのモニタリングが困難であることにも触れていません。繰り返しですが、「海洋放出・大気放出なら、実績が有るから、出来るんじゃないの?」程度の取りまとめ案です。「トリチウム水タスクフォースから6年以上議論してきた結果がこれかよ」と、ある意味で情けなくなるレベルです。

彼ら(経産省や東電)は、この小委員会でのとりまとめを放棄したとしか思えません。地元は話し合いに乗ってこず、公聴会では集中放火に遭い、海外でも騒がれ始めています。「外部有識者からのヒアリング」の場である小委員会の枠組みでは、これ以上の議論や踏み込みは不可能と判断したのではないでしょうか。委員が発言していないことを事務局が提案したり、取りまとめに書き込むのは、流石にヤバいと判断し、小委員会を閉じることにしたのではないかと推測します。早い話が、彼らは事態を「持て余している」のだと思います。今後、「提言になっていない提言」を受けて、新たな検討のスキームをどのような立ち上げて来るのか、注目しています。 

▼以下筆者のDM記事:ここで問題になるのが。わたしが昨晩ツイッターでご紹介した東京新聞の夕刊の記事である。「海洋放出の利点強調」バツ○じゃないのこの記事書いた記者は?わたしの目の前に、ヒューレットバッカードのノートパソコンを、ものすごし早さで打っている記者がiいました。まるで速記者のようでした。今日の東京新聞の夕刊を見て、この記者だとぉいました。見出しは「海洋放出の、利点強調」です。読んで呆れました。こいつバ○かとおもいました。そんな事一言もいっていません。サブ見出しは「大気も選択肢」です。会議を自分のアタマで、咀嚼していません。午後1時の締め切りに合わせて原稿用紙のマス目埋めただけです 。

▼「大気放出も選択肢」に至っては驚きで声も出ません。ALPUSと活性炭を使った除去については触れています。大気の「た」の字もありません。黄色のマーカーではALPUSはトリチウム以外の62種類の放射性物質の告示濃度未満にまで浄化する能力を有しているが、処理を開始した当初は、敷地境界における追加の被ばく線量を下げることを重視したことなどにより、ALPUSの処理水の約8割にはトリチウム以外の放射性物質について環境中への放出にする際の基準(告知濃度限度比総和1以下)を超えて含まれている。ALPUS小委員会では、こうした十分に処理されていない水について、環境中に放出される場合には、希釈をおこなう前に二次処理後によってトリチウム以外の放射性物質が告示濃度比総和1未満まで浄化されることを前提に、二次処理後のALPUS処理水の取り扱いについて検討をおこなった (詳細数字略)本報告中のALPUS処理水という文言について、特段断りがない場合は、トリチウム以外の放射性物質が告示濃度比総和1未満まで浄化されたALPUS処理水をさす、としている。

▼つまりALPUS処理水も完全ではない。そして廃炉・汚染水対策は、継続的なリスク低減活動であり、リスク源となりうる放射性物質は、敷地外にだすことはあ、リスクを拡げることとなると締め括っている。つまりお手上げの状態といのが本年であろう。まして「大気も選択肢」などとんでもないことなのだ。

|

デスクトップPC入れ替える。

▼毎月月末は行事が輻輳します。時間をやりくりして、日曜日のホテルニューサンノーから、どうやらやり遂げました。月曜日も火曜日も雨に降られ帰り道は泣きたいくらい寒かったです。

▼さてPCです。今メインに使っているデスクトップは10年前に買ったものです。某秋葉原の店から取り寄せました。しかしそれも10年。本体は動きますが、立ち上がるまで時間がかかります。問題なのはセキュリティーホール。わたしのPCに国家秘密などは入っていません。しかし見られたくない個人データは多少あります。それで専門家と相談した結果、買い換える事にしました。昔は自作もしましたが、やはりファンの回転音は夜になるとうるさいです。10年前に母がまだ元気だった頃、親孝行のひとつでわたしの小型4WDで別所温泉に連れて行きました。道は凍って走り憎かったですが、何とか走りました。その時「無言館にも立ち寄りました。しかし温泉について「予約した旅館の名前」を忘れたことに気づきました。自宅に電話して、家族に別所温泉の旅館を片端から電話してもらって事なきをえました。2泊3日でしたが、近隣のどこかも村が、朝6時になると何故か毎朝「軍艦マーチ」のレコードを回すのには参りました。わたしは旅行の時も必ずPCを持参します。その時、今回っと同じメーカーにPCを注文しました。メールで「PC代金を払い込んでくれ」という連絡が来たので、これも家族頼んだ覚えがあります。

▼今回のPCはウィンドウズ7から同10にしました。5日発送という連絡が来ました。届いたらデータの移行という難題が待っています。でも一番重要なのはPC仕事関係ニフティメールのアドレスだけです。先週水曜日もDTPの仕事ソフトの変更で苦しんでいるという編集長の話になりました。今まではエディカラーという、アメリカ製のソフトでキャノンが販売していました。しかしキャノンばもうサポートをしない、というのでDTPソフトを「インデザイン」に切り替えたという話になりました。結局日本の文字の組み方縦組み、アメリカ製は横組みが基本なのです。見出し1本汲み上げるのもそこで苦労するようです・

▼というのはわたしがDTPで使っているのもキャノンのEZPSというソフトなのです。もうサポートは7年くらい前に終わっています。ウィンドウズ7ではかろうじて動きましたが、自宅で家族が使っているウィンドウズ8ではまったく動きません。連動して使っている「広辞苑5版電子版」DVD版も動きません。DTPソフトは「パーソナル編集長」(最新版)で作り直すしかありません。この仕事は唯一「カネのなる木」なので、苦労してもなんとかせざるをえません。PCはCPUの性能も良くしたし、メモリーも増やしたのでYouTubeも多少は早くアップロードできるでしょう。ソフトを入れるハードディスクもソフトはSSD入れたので立ち上がりも早いはずです。

|

« January 2020 | Main | March 2020 »