« 休日は仕事に集中できる。 | Main | マスメディアの[発出」広告を黙ってみているだけでよいのだろうか? »

March 27, 2020

政府要人に新型コロナウィルスの心配はないのか?

▼読者の皆様お元気であられましょうか?昨日は第二議員会館前で、最後のスピーチで、「屋外での街頭抗議活動はしばらくの間見合わせることにした。ユーチューブの視聴者はご覧のように右肩下がりである、ツイキャス中継をご覧になっている方も一桁で低迷している。一緒に抗議に参加してくださる方も減っている。水曜日仕事の会議での帰り道、家族からメールが入った。わたしは参加者の中で最高齢である。万一感染したばあい、医師は若い人の命から先に助ける。それは仕方ないことだ。現実に高齢者の致死率の方が高い。パンデミックになって医療資源も枯渇したばあい、この先、日本を長い間背負う人を助ける。私は恐らく見捨てられる。

▼現実のアクションに参加なさらない人、一貫してリツイートで終っている人が絶えない。たとえ私が死んでも顔見知りでもない他人のために来てくれまい。生活に困窮して一番困るのは残された家族である。しばらくの間は混雑を避けようということになった。数百人から千人も集まってくれれば、健康に構わずアクションをひらくのはいとわない。「敵よりも一でも長生きしよう」が元希望のエリアのDさんの口癖である。わたしたちもそれを見習おう、ということになった。街頭抗議は新型コロナウィルスの流行がおちついてからになろう。それまでは、しかるべき方法で、今までで通り週一回程度のツイキャスのラジオモードで放送したいと思っている。

▼幸い私も、週に一二度取材をしてしまえば、後はPCを使ったリモートオフィスで仕事ができる。これで半年くらいの仕事は何とか切り抜けられるはずである。

▼昨晩の小池都知事の囲み記者会見、舞う後ろにマスクをした女性がいて、一々小池の発言にフムフムとうなずいていた。これは記者ではなく、東京都が配置した「うなずき係」だと思った。記者ならば小池に食いついて矛盾を明らかにするのが役目である。パフォーマンスだけの記者もどき。

▼常備薬があと5日ほどになったので、クリニックに行った。医者はかなり空いていた。担当医とはコロナウィルスの話なった。上記高齢者は、見捨てられるという話をした。医師僕は医療関係者だから、いざという時、病人を助けなければならないので、NK細胞を活性化する薬を飲んでいる。それはスマホででも検索してほしい。日本もパンデミックと大騒ぎしている。しかし本当言えば日本政府が健康保険を使ってでもその薬を全国民に投与すればかなり解決できる問題なんだよ」という。首相や閣僚、都知事がピンピンしているのは、奴らがこれをのンでいるからだろう。値段は聞かなかったが、一回数万円から数十万円しそうな雰囲気だった。治療方法についてはPCやスマホで「NK治療」を見れば出てくる。野球の大谷が細胞活性化するために毎日納豆を茶碗一杯たべているというが、効き目をきたいするなら毎日、丼ぶりに50杯は食べないと効き目は期待出来ないということだった。

 

 

|

« 休日は仕事に集中できる。 | Main | マスメディアの[発出」広告を黙ってみているだけでよいのだろうか? »