« May 2020 | Main | July 2020 »

June 30, 2020

新宿武蔵野館で「コリーニ事件」を見る。

▼日曜日はかなり嫌なことがあった。親しい友人にだけは話した。ツイッターも自分の画面しかみない。しかしある日トップページを見たら、ある女性が出ていた。3年くらい前はほとんど毎日話をしていたが、いつの間にか音信不通になってた。カーソルをその人の名前の上におそるおそる載せたら「フォロー」を外されていた。たんなるネット上の友達をはこんなものだろう。

▼土曜日は久しぶりに新宿武蔵野館に行く。ここで映画をみるには当日の午前0時から始まるネット予約をしなければならない。夜中までまつのは嫌なので当日午前6時に予約した。あとはスマホに送られてくるQRコードをみせるだけですべてができる。舞台は現在のドイツである。老年に差し掛かった男が右足に血を引きずって警察に出頭してくる。警察では殺人容疑で逮捕するが、容疑者の名前も、なぜ殺害したのか一切しゃべらない。その裁判に売れない弁護士が国選弁護人としてあてがわれる。しかしあまりやる気のない弁護士でナンパをするばかりで仕事に力が入らない。なんだそんな映画なのかと思って見ていた。ところが、鑑定人に殺害に使った銃の鑑定を依頼すると意外なことが分かってくる。使われた銃はワルサーp38だという。しっている人はわかるだろう。大藪晴彦の小説で「狂銃ワルサーp38」というタイトルがあったような気がする。つまりナチスの陸軍制式拳銃である。鑑定士は「この銃は旧式で反動が強く今は販売されていない」という。弁護士は「ならば通販などでは手に入るか?」と聞くがわざわざ旧式の銃を求める気持ちが依然としてわからない。すると容疑者の戦前の行動に何か関連があるらしいことが分かってくる。

▼事件は1938年ころの戦前のイタリア、ピサの近くの町で起きていた。つまり当時イタリアを占領していたドイツ軍は味方の兵士がパルチザンに殺された場合、ドイツ兵1人に付き、イタリア人10名を銃殺するという内容だった。男性の村人を一か所に集め銃殺しようとする。その中に父親を連れていかれた少年がいた。一回目の銃殺で父親は致死傷にならなかった。ナチスの下士官は部下に自分の持っていたp38を抜いて渡し、とどめで射殺するように命じる。その息子は下士官の捕まえられ「強くなれ」と射殺する瞬間を目視するよう強制するのだ。息子は「パパーパパー」と泣き叫ぶ。息子は戦後もそのことがトラウマになっており、長い間復讐をしようと思案してきた。そして下手人をついに探し出し、眉間にp38を突き付け父親が受けた屈辱を晴らすように射殺する。そして頭蓋骨を踏み潰す。右靴には脳漿もこびり付いている。これが最初のシーンにつながる。

▼若手弁護士は戦争中の犯罪の無念を晴らすことは違法ではないと主張する。しかし1968年アデナウワー西独首相のとき、ナチスの戦争犯罪は訴追できないという法律を作ってしまう。ある意味では日本よりもひどい。相手(ナチス擁護)側弁護士は、よって射殺犯は有罪であるという判断をするよう裁判長に迫る。裁判長は困ってしまうが「被告は有罪」という判決を出す。しかし容疑不十分で留置されていた元少年はそれを知って自殺してしまう。という衝撃的な映画だった。見た直後ツイートしたら武蔵野館がリツイートしてくださった。日本の戦争犯罪も日本人の手によって何一つ明らかにされていない現在。しっかり考えないといけない。

▼1年に一度くらい本を整理しないと床にあふれてしまう。昨日かなりの量をブックオフ持ち込んだ。販売金額にして2万円くらい。引き取り価格はなんとたった、125円だった。ブックオフでは寝ながら読む大衆通俗的なものにしか価格はつかないらしい。

|

June 24, 2020

LEONの秘密

▼皆さんお元気でしょうか?昨晩は2カ月ぶりの憲法寄席にお邪魔しました。4月はコロナが危険で外出は危険である、という家族の合意が得られず欠席をした。今回はフェイスガードも買って準備怠りなく、準備して出かけた。ジョニーHさんはじめスタッフのみなさんは、いつもと変りなく親切にしてくださった。遅い夕食は身体に悪いので、両国駅のガード下にあるおしゃれなパン屋さんで2,3個買っていく。店に入る前に体温チェックがあり、次はマスク、手洗いの注意があった。集会の概要は2本の上下ビデオを見ていただければお分かりになる。「昔時語り」は「安倍首相が2月以降「反省」という言葉を何度口にしたかという、素晴らしいレポートがあった。いつもお聞きするたびに、この話は「本」にすれば売れると思う。

▼帰り道は隣の区にお住まいと右田さんと一緒だった。首相官邸前の路上で抗議を続ける右田氏に最近3名のカウンター(張り付きの妨害者)がぴったりつくという。右田さんは「安倍のマスク」を実際着用して抗議をなさっている。カウンターによると、最近では「左翼のお前は嫌いだが、右田は好きだ」というようになったというから素晴らしい。月曜日は松山庭園美術館の雁行を仕上げ、編集長に送った。すると「猫好きのあなたに頼んで良かった」という返事が返ってきた。

▼月曜日朝は隣の錦糸町駅北口で宇都宮さんの街宣があったが、着いたときには終わっていた。しかしその後立憲民主党の塩村あやかさんが搭乗し、スピーチのすべてを撮影した。とくに猫などの殺処分禁止の発言の話は、ほかの政党はしていない。私の撮影した部分が、塩村あやかさんの勝手連のスタッフの目に留まり「使わせて欲しい」と連絡があった。(細かい経緯は省略するが)もちろんOkをした。その関係もあり、塩村さんの動画は200を超えるアクセスがある。わたしのツイートに「リツイート」だけして満足し、街頭行動には一切参加しない方がいらっしゃる。味方を作るとはリツイートではなく、実際現場に足を運んで姿を見せることである。でなければ味方からも敵からも信頼されない。

▼昨日はシネマの締め切り日でもあった。1本はANA、もう1本は「三島由紀夫と東大全共闘」にした。もしかしたら書き直しかボツにされるかと思っていた。注意深く書いたのでそれはOKになった。

▼きのうどこかのツイッターでわたしのペンネームが話題になっていたような気がするが、今朝は何度さがしても見つからない。LEONの一つはあの映画LEONから来ている。ある銃器サイトでもわたしはLEONで投稿だけしている。そのサイトの主宰者が最近。寝ていてスマホを滑らせて顔にけがをしそうになったと書いていた。100円ショップでリングを買ったが、今度はマチルダ(ナタリー・ポートマン)のプレゼントにしよう、と書いていた。意味はおわかりだろうか?映画LEONの相棒はマチルダだった。彼女はゲイリー。オールドマン演じる麻薬捜査官に追われていた。最後にLEONが手りゅう弾を身にまとい、安全ピンを抜いてオールドマンに手渡す。それで「マチルダからのプレゼント」になるわけだ。そのことを明かして書いたら主宰者は痛く喜んでいらした。

▼LEONのペンネームはそれも当たっているが、もう一人歴史的な人物の名前でもある。

|

June 12, 2020

手のひらの怪我はほぼ完治した。

▼昨日、アクションを決行するか迷ったが、翌金曜日の方が荒天だという予報だったので、第二議員会館前に出かけた。念のためポンチョと傘を持って行った。抗議をしている最中は大丈夫だったが、アクションが終った瞬間、豪雨になった。だが、ビデオカメラは完全防水仕様を使っているから心配はない。しかしツイキャスだとそうはいかない。

▼3週間ほど前、銀行に行く途中、手前の公園の段差につまずいて左手をかなり切ってしまった。この話は3人ほどの仲間に話しただけだ。水道水で洗っても血液は止まらない。仕方なく銀行の窓口に行って助けを求めた。ティッシュペーパーとバンドエイド2枚で応急処置をしてもらった。切れた部分は3か所で2か所は1週間で傷口はふさがった。しかし左親指の付け根の傷は大きく、皮膚も大きく削り取られてしまった。風呂に入るときは大変で、傷防止テープを巻き、さらにコロナ対策のポリエチレン手袋を付けた。2週間が終り、3週間が経ったら皮膚が出て、血は流れなくなった。あと瘡蓋が取れれば、何とかなる。わたしの場合握力が弱く、ペットボトルのキャップが普段でも開けることができない。何度が抗議の場所に来ている友人に開けてもらった。

▼昨晩からポリエチレンの手袋なしで風呂に入る事が出来た。夕方国会に行く途中、編集長から電話があり、八日市場まで美術館の取材に行ってくれと頼まれた。現地についてから車で10分とある。車はないから歩かなければならない。徒歩なら30分かな?非常事態宣言があってから、わたしの県境をまたぐ、遠くの取材はお断りすると伝えてある。船橋市以東の、東京に隣接している「市町村」以外は行きたくないと言っているのにこのありさまである。

|

June 10, 2020

FOXTVの「HOMELAND」ようやく終了する。

▼フラットスキャナーは申し込んだ翌日に届いた。大手量販店はいかにあくどいことをやっているかという証になろう。古いスキャナーはウィンドウズ7の前にかって、それなりに活躍してくれた。ウィン10ではドライバーを新しくしないと動かない。いまわたした必要としているのは完成した版下をPDFに変換する機能である。もちろんPCの新しいソフトにはその機能は内臓している。それ以外の版下をどうするかである。仕方なく最寄りの徒歩3分の7$11にはその機能を備えたスキャナーはある。それも夜中に一々出かけるのは面倒である。1万円弱なので無理して買った。まだ一度しか使ったことはないが、机上ですべてが完結するのは気持ちが良い。

▼昨晩、長い間見て来たTV番組が終った。1)は「HOMELAND」である。このシリーズ1は10年近く前に始まった。タリバンに拘束されていた米兵が帰国する。しかしどうやら「洗脳」されてしまったらしい。帰国すると妻は彼が留守中上司と懇ろな間になっていた。その主人公は「バンドオブブラザー」で主人公を演じた人物である。妻と撚りを戻そうと子どもたちをあちこち連れ出して、アメリカの教育する。しかしうまくいかない。そのうちCIAの工作員キャリーと深い関係になってしまう。キャリーは子どももいるが、仕事があると子供そっちのけで任務に没頭するクセがある。それで親権を姉にとられてしまう。復員米兵はなぜかタリバンの手によって処刑される。そのころからキャリーの上司なる人物が出てくる。出発当時は「オバマ大統領も見ている」という触れ込みだったが、共和党の牙城FOXTVを民主党大統領が見るはずはない。舞台は数年紛争地域の出来事だった。

▼最終回シリーズが始まるというので、前回の7を見直した。アメリカは女性大統領が誕生し、ロシア側は彼女を洗脳しようとしている。キャリーはスパイが発覚してロシアに7か月間抑留され、エストニアの橋の袂で捕虜交換として開放される。釈放されるとカプール支局へ行けと言われる。任務遂行中にタリバンの責任者とアメリカ大統領が和平直接会談をすることになるが、直前両者の乗った大型ヘリは撃墜されてしまう。真相を解明すべく米軍はフライトレコーダーを回収するが、タリバン側に奪われ、ロシアの情報機関にわたってしまう。それを取り戻そうとするが、キャリーもロシアの工作員になってしまっていた、というわけのわからない話しの10年でした。

|

June 08, 2020

TVのコロナ番組をいくつか見た感想。

▼お元気でしょうか?週一回の第2議員会館前の行動も力を振り絞って出かけています。ご承知のように新しい電波G5が実際に運用されようとしています。TVのcmではドコモがICTのテクノロジーを使って農業をすれば、収穫が上がるというイメージを売り出そうとしています。おりからスイスでは5Gの電波は人間の身体にわるいから計画を中止すると発表しました。そのスピーチや記事をご紹介すると、「大事な問題だからもっと人の多いところでアピールしたらどうか」とコメントしてくださる方がいます。こちらは主に3人で、高齢者もおり、週に1、2回が精いっぱいです。例えば銀座でやるとしたら、警察に許可申請などを出す必要が出てきます。それを誰がやるか、機材をどうやって銀座まで運ぶか、撤収はどうするかと様々な問題が出てきます。面持ちをお持ちの方はぜひ、ご自身で街宣する計画を立てて実行してくださるようお願いします。議員会館前は歴史的な経過があり、無届けで意思表示ができる貴重な場所となっているのです。トラメガ動かすにも電池を買わないと動きません。さらに現場に足を運ぶには、交通費も必要になります。その辺をご理解下さい。「頑張る」決意だけでは何もできないのです。

▼土曜日からコロナ問題では様々な研究成果や論議がTVで紹介されました。わたしに直接「見るよう」メールで教えて下さる方もいます。それは可能な限り録画したり、生で見ました。良かったのは土曜日のNHKBS3人の学者の討論です。ゴリラ学者と哲学者、それにもう一人いました。ゴリラ学者は彼らは言語がなかったから、目の見える範囲で意思をつたえなければならなかった。これが人間と違うことだという。哲学者はコロナで分かったのは「死の瞬間に立ち会えないこと」、「埋葬の瞬間にも立ちえない」これが本当の人間の姿なのだろうか?と問題提起します。別の世界の動きではスウエーデンです。ここも高齢者介護施設で感染が激しく死者も多いので、今後若者と老人を区別して診察しない方針を出しました。この国ではマスク着用も習慣がないので、着用しません。日本から帰化した人は外出するときは着用していました。国からああせよ、こうせよという指示はありません。しかし高福祉国家スウェーデンでらこうせざるを得なくなっています。人々は老若の差別すべきではないと語ります。しかし実際には現場の医師の判断になるだろ、という話でした。

▼最後は昨日の辺見庸さんのお話。端的に言えば「コロナとミサイル」です。人を殺すミサイルになんぼ費用をかけているのだ。一方、コロナ対策はケチる。現実にブラジルで分かるように、貧困者の方がコロナに罹る割合が圧倒的に多い。この現代にあってもカネで差別される命の値段が変わっていないことを訴えていました。

|

« May 2020 | Main | July 2020 »