« 締め切りに迫られてシネマの原稿を書き上げる。 | Main | FOXTVの「HOMELAND」ようやく終了する。 »

June 08, 2020

TVのコロナ番組をいくつか見た感想。

▼お元気でしょうか?週一回の第2議員会館前の行動も力を振り絞って出かけています。ご承知のように新しい電波G5が実際に運用されようとしています。TVのcmではドコモがICTのテクノロジーを使って農業をすれば、収穫が上がるというイメージを売り出そうとしています。おりからスイスでは5Gの電波は人間の身体にわるいから計画を中止すると発表しました。そのスピーチや記事をご紹介すると、「大事な問題だからもっと人の多いところでアピールしたらどうか」とコメントしてくださる方がいます。こちらは主に3人で、高齢者もおり、週に1、2回が精いっぱいです。例えば銀座でやるとしたら、警察に許可申請などを出す必要が出てきます。それを誰がやるか、機材をどうやって銀座まで運ぶか、撤収はどうするかと様々な問題が出てきます。面持ちをお持ちの方はぜひ、ご自身で街宣する計画を立てて実行してくださるようお願いします。議員会館前は歴史的な経過があり、無届けで意思表示ができる貴重な場所となっているのです。トラメガ動かすにも電池を買わないと動きません。さらに現場に足を運ぶには、交通費も必要になります。その辺をご理解下さい。「頑張る」決意だけでは何もできないのです。

▼土曜日からコロナ問題では様々な研究成果や論議がTVで紹介されました。わたしに直接「見るよう」メールで教えて下さる方もいます。それは可能な限り録画したり、生で見ました。良かったのは土曜日のNHKBS3人の学者の討論です。ゴリラ学者と哲学者、それにもう一人いました。ゴリラ学者は彼らは言語がなかったから、目の見える範囲で意思をつたえなければならなかった。これが人間と違うことだという。哲学者はコロナで分かったのは「死の瞬間に立ち会えないこと」、「埋葬の瞬間にも立ちえない」これが本当の人間の姿なのだろうか?と問題提起します。別の世界の動きではスウエーデンです。ここも高齢者介護施設で感染が激しく死者も多いので、今後若者と老人を区別して診察しない方針を出しました。この国ではマスク着用も習慣がないので、着用しません。日本から帰化した人は外出するときは着用していました。国からああせよ、こうせよという指示はありません。しかし高福祉国家スウェーデンでらこうせざるを得なくなっています。人々は老若の差別すべきではないと語ります。しかし実際には現場の医師の判断になるだろ、という話でした。

▼最後は昨日の辺見庸さんのお話。端的に言えば「コロナとミサイル」です。人を殺すミサイルになんぼ費用をかけているのだ。一方、コロナ対策はケチる。現実にブラジルで分かるように、貧困者の方がコロナに罹る割合が圧倒的に多い。この現代にあってもカネで差別される命の値段が変わっていないことを訴えていました。

|

« 締め切りに迫られてシネマの原稿を書き上げる。 | Main | FOXTVの「HOMELAND」ようやく終了する。 »