« NHKのALS患者さんの薬物投与事件報道に思う。 | Main | ◇「ジョーンの秘密」を見る。 »

July 26, 2020

「業平ブーム」と先が見えないお粗末な大企業

▼連休中は仕事をしなくても良いように、22日夕刻にはすべての仕事はメールで送信を終えた。ところが実際は思い通りにならない。編集長からは23日朝、1週間ぶりに電話があった。いろいろ忙しいらしい。実はわたしのPCに入っていたIBMの「画像編集ソフト」はウィンドウズ10にしたら動かなくなってしまった。しかたなくDVDに焼いて郵送した。ところが21日に投函したのに、26日朝になっても「届かない」という。普通この距離であれば2日で届くはずた。最悪の場合、「26日に最寄りの駅でデータを手渡ししよう」という約束にした。

▼2400字の原稿は送ってあったが「シネマ」も締め切りだという。慌てて「軍旗はためく下に」と24日に見た「パブリック図書館の奇跡」を書き上げて送信する。「軍旗」はWOWOWで6月末に放送されたもので、まだDVDにもなっていないからレアものである。わたしのHDDには入っているが取り出しで録画DVDにする手段は、まだない。昨日25日、日比谷でドイツ映画「バルーン」I(東独から西独まで気球に乗って脱出する家族の話)を見て外に出たら、編集長から「DVD」が届いたという連絡が入っていた。やれやれ。

▼昨晩ETVを見ていたら「小説伊勢物語・業平」を書いて話題の作家、高木のぶ子と草笛みつ子が対談をしていた。図書館にはまだこの本はないので詳細は不明だが、小説だから高木のぶ子が国文学者に相談したが、反対を振り切って「姫」に独自の解釈をしたようだ。それにしても東武鉄道は「業平橋」を「東京スカイツリー」などと馬鹿な名前をつけてしまった。業平神社そのものは大昔になくなってしまったが、こういうブームになればまた人を呼び込むことが出来たろうに、目先の事しか考えない企業の体質は残念でならない。たしか落語家のしんしょうも、この辺に住んでいたはずである。ちなみに元「業平駅」までは自宅からバス3つで到着できる。

|

« NHKのALS患者さんの薬物投与事件報道に思う。 | Main | ◇「ジョーンの秘密」を見る。 »