« シリアの場所はどこにあったのだろう? | Main | 歌舞伎座とわたし。 »

August 30, 2020

土曜日の朝は東銀座歌舞伎座前から映画館に行く。

▼土曜日映画を見に行くときは都営バスで本所吾妻橋まで行き、そのあと都営地下鉄で東銀座に出る。そうすると日比谷と銀座の映画館にまっすぐ行ける。それに歌舞伎座の前から晴海通りを歩くのが好きだ。町の変化が一目でわかる。数年前までは銀座シネパトスというあまり清潔でない映画館もあったが、ここで見た映画も多い。中国の731部隊の一連の作品もここだった。人体実験シーンなど正視に耐えなかった。「HEAT」もここで見た。そのときロードショウで見れば良かったのにと悔やんだ。これはDVDも買ったのでどこか大きなTVがあるところか小型スクリーンを貸し出しているところで上映してみたい。

▼「ウルトラ・シークレット」主演主演のキーファー・サザーランドは15年くらい前だったか、「ベッカムに恋して」というコメディ映画で初めて見た。これがキーファーを見た最初だった。その後ぐいぐい頭角を表し。イギリスを代表する美人女優になってしまった。見た映画の数も覚えていない。この映画はブレアイギリス首相が「イラクに大量破壊兵器がなかった」にも関わらず、国連決議を待たずイラク攻撃に踏み切る。キーファーは「オブザーバー紙に勤める職員だ。、記者ではないがイギリスとアメリカの国レベルの盗聴された電話データを分析し文字お越しをしている。あるとき「大量科学兵器の存在」を捏造している会話を耳にした。担当の記者にも知らせるが、同時に平和活動家にも知らせる。新聞にリークしたことがわかると社員全員の聞き取り調査が始まり、うそ発見器にかけられる記者も出る。それを目の前にして「自分がしました」と名乗り出る。そこから取り調べは警察の手に委ねられる。さらに脅しも入る。最初登板の女性弁護士を頼むが、彼女は「わたしは軽微なすりかっぱらいが専門だから。ちゃんとした弁護士に頼め」と言われ分かれる。

▼警察も国も容赦しない取り調べを始める。驚くのは夫がアフリカのナイジェリア出身だったのを良いことに。拉致同然の方法強制送還してしまうことだ。わずか一瞬の差で飛び立つ飛行機を止め、夫を救出する。だが国家はじわじわとキーファーを有罪にしてしまおうとする。実際あった噺の映画化なので、訴求力はある。しかしこのインチキ多国籍軍の引き起こした戦争は30万人もの死者を作ったのだ。わたしはこのイラク戦争反対の日比谷公会堂やデモにも参加した。そして高藤さんらが拘束されたとき、官邸前に「釈放するため、国は力を発揮せよ」T抗議にも行った。証拠の毎日新聞に掲載された写真もあります。

▼先週「憲法寄席」の最後に右田春夫さんがみんなの要望に応えて「安倍晋三音戸」を歌った。9月には歌えなくなるかも知れないと、みんな大声で調子を合わせて。果たして4日後「安倍退陣」は現実になってしまった。ユーチュブ2の最後にあります。https://www.youtube.com/watch?v=9cjNhjz6PR8

|

« シリアの場所はどこにあったのだろう? | Main | 歌舞伎座とわたし。 »