« こんなはずではなかったが、、、 こんなはずではなかったが? | Main | 高校の旧友から突如手紙が届く。 »

September 09, 2020

9月10日は何の日?

▼昨日は久しぶりに首相官邸前に出かけた、それは「敵基地先制攻撃を置き土産にして安倍が官邸を去ろうとしているからだ。昼間は猛暑だったが涼しい恰好をしてポカリスエットを持参した。しかし夜の撮影はライトが増えて重くなるのがつらい。主催はNAJATさんで、前日責任者に連絡して撮影許可を頂いた。この団体の撮影は3年くらい前にプーチンが外務省にやってきて、正門前で100人くらいの抗議集会の撮影を依頼されて以来だ。今回もSさんはすぐOKしてくれた。顔パスや飛び込みはルール違反である。わたしはすべて事前に主宰者を探して了解を得ている。

▼その前に前日のNHK録画で「街録」を撮っておいたものを見た。この通称ガイロクは有楽町駅前で通行人を捕まえて「あなたの人生の最大ピンチを聞かせて下さい」というテーマで聞いている。この日もう一つの場所は巣鴨だった。この日ある年配の女性は「詩吟」をやっていると言い、9月10日をやって見せてくれた。9月10日都はご存じの方もいるかもしれない。菅原道真がある事件の容疑を受け、九州に流されたいたとき、作ったものだ。結局彼は再び江戸には戻れなかった。その恨みを歌にしたのがこれだ。道真の恨みは嵐となってその地を荒れ狂った。その怒りを鎮めるために「大宰府の天満宮」が作られた。わたしはそちらも参拝したことがある。亀戸のそれよりはるかに大規模である。

九月十日 菅原道真

去年今夜待清涼
秋思詩篇獨斷腸
恩賜御衣今在此
捧持毎日拜餘香

去年の今夜 清涼に待す
秋思の詩篇 獨り斷腸
恩賜の御衣は今此こに在り
捧持して 毎日餘香を拝す

|

« こんなはずではなかったが、、、 こんなはずではなかったが? | Main | 高校の旧友から突如手紙が届く。 »