« 「ソニアナチスの女スパイ」を見る。 | Main | なぜツイキャスに字幕が入らないか? »

September 22, 2020

4連休の出来事

▼連休中は出かける予定もなく、平凡な日々を過ごした。18日は仕事で午前中7千歩は歩いた。その後夜は日比谷野外音楽堂で反原発首都圏集会があったので撮影に出かけた。撮影は最前列がよいので早く並んで、最前列の中央を確保した。歩く距離が長いと三脚は小型にしないと疲れてしまう。しばらくすると後ろにいた、憲法会議のNちゃんに声を掛けられた。「まだそんなデカいマンフロッティ(イタリア製三脚)使っているの?」と言われる。これでも軽い方なのだ。もう一つマンフロッティ持っているけど半年くらい使っていないので、ソフマップに売りに行こう。折り畳みでもいいからアルミの軽いのにしよう。でもずっと固い木製の椅子に座っていたので助かった。銀座デモに行こうという気力は残っていなかった。それでも内幸町の交差点まで行って撮影し、地下鉄都営三田線経由で午後8時半頃には帰宅出来た。

▼翌19日は、前日に1万3千歩あるききまわって疲れたので、自宅待機で休憩。夜の「出没アドマチック天国:習志野編」は仕事で頻繁に行くが知らないことばかりだ。20日はシネマの締め切りが水曜日なので、いろいろ考えた挙句、銀座シネスイッチに行く。前夜ネットで予約しようとしたが、ループになって入れない。翌朝試したら難なく予約が出来た。ここの当日朝から予約開始だったのか?映画は「マーティン・エディ」だ。聞きなれない名前だ。調べたら「野生の呼び声」を執筆したアメリカの作家ジャック・ロンドンの生涯をイタリアに置き換えて作ったものだった。それで外の風景はナポリなのだ。船乗りのエディンは無学で教養もない。船を降りて作家になろうと決意する。自宅もなく、路上生活をしていると、夫を亡くした寡婦が「そんな高い望みを持っているなら。自宅の一部屋が空いているから、安く貸してやる」と言われる。来る日も来る日も出版社に書いて送る。しかしすべて「未開封」で返送されてくるので、意気消沈している。

▼とあるとき、アナーキストの集会に出て、演説をすると絶賛の拍手を浴びる。そこで社会主義擁護の演説をするのだが、それが新聞記事に出て、「あんたはアカかい、出て行っておくれ」宿屋の女将にも知られるところとなり、家を追い出される。結婚を約束した女性もいたが経済力のない彼に惹かれはするが、彼女の家の人々から反対され、結婚はできなかった。やがて苦労の末、待ちに待った「原稿採用」の知らせが届く。同時に分断でも活躍する機会が増えて来る。画面には路上生活者や庶民のくらし、労働者集会が出て来る。そして自由主義、無政府主義、社会主義、ファシズムがぶつかりあって、混沌とした20世紀の様相が浮かび上がってくる。エデンの強烈な社会主義上昇志向をめざす願望にも関わらず、真の自己解放は訪れなかった。しかし様々な思想が、よりよい人生と世界を構想し、あい争った20世紀とはどういう意味があったのか問いかける作品である。

▼休みの間見たTV作品でよかったのはフェデリコ・フェリーニの「道」。何度も見ているはずだが、粗野な大道芸人に拾われ少女の心の変遷が良く描かれていた。次はケネス・プラナーの「ダンケルク」は漁船、ヨット、ボートまで徴発してフランス海岸からナチスに追われた英仏の軍人の人間模様をかなり丹念に描いており、ゲイリー・オールドマンの「チャーチル」よりも良かった。

▼左ひざは正座できるようになった。しかし今後転倒して「皿」など割りたくないので、ヨドバシの通販で「ソフト膝当て」を買った。今後の集会では毎回着用する。

|

« 「ソニアナチスの女スパイ」を見る。 | Main | なぜツイキャスに字幕が入らないか? »