« 母里啓子さんの「インフルエンザ」本を借りて来る。 | Main | 撮影者、中継者の気持ちは、なかなか見るものに伝わらない。 »

December 04, 2020

電源が切れたスマホは何のやくにもたたなかった。

▼数週間前、取材でインタビューがあり、現地10時半の到着予定で出かけた。家をでる時はスマホの電池は80%くらいあった。ところが電車いに1時間半乗っていたら、40%くらいになっていた。取材の最中にも電話がかかってくるので、仕事中といってきる。取材は1時間半。JRと東京高速で、仕事の目的地につく。そこで本社とファクスのやりとりをしなければならない。そのとき、すでにスマホの電源はなくなっ
▼むかし携帯電話がなかった頃、普通の人は20個は電話番号を暗記できると言われていた。当時わたしもそのくらいは覚えていた。30歳から50歳まではクルマにのって仕事をしていた。7時半に家を出発するとき「ひとあめきべさ」とつぶやいた。それはわたしが考案した忘れ物チェックリストだ。ひ=筆記用具、と=時計、あ=手帳形アドレス帳、め=メモ帳、き=事務所、クルマと家のキーベ=ポケベル、さ=さいふ。しかし考えてみるとこのすべてが今ではスマホ1台に入っている。
▼話を最初に戻すと、電話は仕事先の固定電話を借り、本社に電話してfaxの番号を聞いてやりとりを終えた。実に情けない話ではある。その後もちあるき出来る、千円で軽く、半日くらいもつ外部電池を購入した。▼数週間前、取材でインタビューがあり、現地10時半の到着予定で出かけた。家をでる時はスマホの電池は80%くらいあった。ところが電車いに1時間半乗っていたら、40%くらいになっていた。取材の最中にも電話がかかってくるので、仕事中といってきる。取材は1時間半。JRと東京高速で、仕事の目的地につく。そこで本社とファクスのやりとりをしなければならない。そのとき、すでにスマホの電源はなくなっていた。わたしが記憶している電話番号は2つ。本社と自宅だけである。
▼むかし携帯電話がなかった頃、普通の人は20個は電話番号を暗記できると言われていた。当時わたしもそのくらいは覚えていた。30歳から50歳まではクルマにのって仕事をしていた。7時半に家を出発するとき「ひとあめきべさ」とつぶやいた。それはわたしが考案した忘れ物チェックリストだ。ひ=筆記用具、と=時計、あ=手帳形アドレス帳、め=メモ帳、き=事務所、クルマと家のキーべ=ポケベル、さ=さいふ。しかし考えてみるとこのすべてが今ではスマホ1台に入っている。
▼話を最初に戻すと、電話は仕事先の固定電話を借り、本社に電話してfaxの番号を聞いてやりとりを終えた。実に情けない話ではある。その後もちあるき出来る、千円で軽く、半日くらいもつ外部電池を購入した。
▼昨晩の三脚が折れた話し。ご存じのように前日、秋葉原の原電本社の抗議活動のツイキャス中継に行っていた。毎月第一水曜日は原電と東電前で抗議活動をしている。1年前までは、神田にあった原電前から内幸町の抗議をかけもちで約時間余、中継をしていた。しかし飲まず、食わずで2時間たちっぱなしはかなり体力を消耗する。それに東電前の抗議を録画してユーチューブにアップするとGoogleが、著作権法違反の曲がはいっていると称してせっかく撮影した画像全部消してしまうのだ。ツイッター上で泣きついたが応対してくれる人はでてこない。どなたか余力のある人はビデオ撮影していただきたい。ユーチューブにアップする高速通信回線がなかったらわたしにカードを郵送して下さい。わたしが代わりにアップロードします。撮影者の名前はちゃんと入れます。
▼問題の三脚だが、パラパラ雨の予定が大雨になってしまった。機材委担いで自宅を出るとき、レインスーツを着たら、家族が寒いからダウンにしろと言われた。だが豪雨で身体の芯まで雨水がしみて来た。つまりずぶ濡れである。帰宅してもまだ風呂は沸いていない。豪雨が影響したのは身体だけではなかった。三脚の芯まで水が入っていた。翌日も天気ならば、陰干しする時間はあった。しかしそのままで国会に行った。アスタートで場所決めをするのだ。スピーチが始まってから弁士が動いたのでそれを追おうとしたら、照明や機材が重い三脚が倒れてしまった。撮影は滞りなく終わったが機材を撤収しようとしたとき、釣り竿でいう「石附」の部分が、前夜の水ですっぽり抜けてしまった。幸いな事に折れてはいなかった。

▼商売道具のPCを買い替えるために出す3~5万円はおしくはない。しかし趣味のためにその金額は出せない。とりあえず足が抜けたことが判明したので、100円ショップのエポキシ液混合タイプの強力接着剤で何とかなる。

 

|

« 母里啓子さんの「インフルエンザ」本を借りて来る。 | Main | 撮影者、中継者の気持ちは、なかなか見るものに伝わらない。 »