« 仕事は、ひと山超え、2山に差し掛かる。 | Main | ニコちゃん入院から帰宅する。 »

January 30, 2021

故郷のホテルがコロナで倒産したとNHK報道

▼昨日は猫のニコちゃんの不妊手術を予約していた。実は家の前にも大きな動物病院があり、都内から患者が押し寄せている。しかし調べてみるとどうやら「犬」が専門のようである。それで猫の保護施設の照会で図書館の近くにある病院に行った。子猫専のリュックを買ったので、それに猫を入れバスにのって約15分である。メス猫は手術に手間取り3泊4日だ。受付に猫を預けて中野に行く。中野は下町とは異なり文化圏が違う。彼方此方に聴いて、目的地にようやくたどり着いた。そうしている間に編集長から電話があり、「シネマの締め切り日」だという。7日だと思っていたから余裕だと思っていた。1本目は25日に見た、「罪の声」にした。2本目は、30日か1日に見れば余裕だと思っていた。しかしそんな時間はない。仕方なく正月にNHKBSpで放映された。歌舞伎の「風の谷のナウシカ」にした。しかしこれとで前・後編併せて6時間もある。しかたなくもう出かける気力も時間もないのでこれにした。見終えて送信が終ったのは午後8時頃になった。

▼今朝7時のNHKニュースを見ていたら、故郷の地名が出てきた。それは「K」という駅の近くにあったホテルがコロナで倒産したという。このホテルではわたしの父と母の「80歳の記念式典」をやった。人工温泉もあり宴会と宿泊が出来る。ニュースによれば「客が来なくなったので80人の従業員が解雇された」という。メインで出てきたのは総料理長で職安に行っても50歳過ぎては仕事もなく、トラックの免許を取って,県内を配送で回っている。30台ならともかく体力は落ちている。しかも集中していないと事故を起こすから気を抜けない。難しいのは荷物の上げ下ろしは慣れていないので、プロと違ってそこで時間のロスが出て来る。という事だった。あの地域ではよほど大きな田んぼでもなければ、農業だけでは食っていけない。子供は学校を卒業するまで無理してもはたらかなくてはならない。40代から50代の人たちの生きていく道は険しい。

▼普通の農村で恵まれた職場は、村役場か農協しかない。しかし農協もTPPで関税障壁の的にされているので、やがて職員の解雇がやってくるに違いない。農民は種子法で自分の作った種を使えなくなったら、先は厳しい限りである。

|

« 仕事は、ひと山超え、2山に差し掛かる。 | Main | ニコちゃん入院から帰宅する。 »