« 10日の録画はなぜ失敗したのか? | Main | 金曜日植村社長の備忘録 »

February 25, 2021

平日なのに銀行の窓口が閉まって誰もいなかった。

▼月末で支払いがあるので、個人事業主のわたしも銀行に出かけた。1軒目から3軒目の銀行に行ったら、窓口が閉まっている。月末の午前11時なのにだ。店の電気は点灯しているが、誰の姿も見えない。アプローチにある「記帳」だけはできる。たまたま来た一般人に聞いたが「わからない」という。こちらもヒマではないので、まさか「倒産」では?と30分かけて帰宅し、ネットで調べて見た。するとコロナの過密対策で当面午前11時から12時半まで窓口業務を休むと書いてある。一度の告知もない。ハガキなどで連絡もない。しかし月末の24日に休む銀行がどこにあるんだ。しょうがないな、一応銀行に抗議のメールを送り、1時間後また出直した。窓口で「張り紙くらいしたらどうか?」というと「まだ試験運用なので」と言い訳をする。白い紙に書く手間は5分もあれば済む。それが客に対する対応だろう。もししくは役員が、店の前に1時間たって説明する。呆れた銀行の対応にあいた口が塞がらない。こういう営業時間の変更って金融庁の許可が必要が必要だと思うが、どうなっているんだろう?

▼某県知事選、すでに当落の予想がでていて、現職のC市長がダントツで一位だ。問題は革新系候補である。最下位で圏外だ。ひそかに聴いてみると某党党員は某党所属の候補者には投票してはいけないらしい。

|

« 10日の録画はなぜ失敗したのか? | Main | 金曜日植村社長の備忘録 »